「原点回帰」「不易流行」「知行合一」がこれから生きて いくキーワードだ。

日経朝刊(6.11)オピニオン欄に「コロナ後の観光 どう描く」と題したコーナーがあった。
インバウンドで急成長を遂げてきた日本の観光業は大きな転換期を迎えている。この危機を教訓として企業や自治体は何をすべきか。コロナ禍収束後の観光業のあり方を4人の識者に聞いている。

今は回復に向けての準備に取り組むときだ。攻めと守りが必要だ。国内のリピーター客を増やすとともにインバウンドの誘致に力を入れる。 まち全体を「一つの旅館」として経営していく。
もっと付加価値を生み出す仕事に人を集中させていく。
人口減が進む地方では観光業の役割は大きい。
まず戻るのは団体ではなく個人客。旅の知識が豊富なベテラン。
ゆとりのある層の関心が海外から国内へと移る動きが目立ってくる。
これからの観光は安さを競い集客数の増加を目指す手法ではなく、その地域らしさやラグジュアリー感、ブランド価値を大切にする質重視に変わる。 魅力的な滞在コンテンツづくりが有効だ。
バス、鉄道、航空の運賃を一本化してはどうか。
大学の果たす役割も大きい。観光、地域、交通、国際、ITなど領域を超えた共同研究を立ち上げ、企業から人的・経済的な協力を募ってはどうか。 人の動きは長くて3年、早ければ1年で戻ってくるだろう。
過去に戻るのではなく、ゼロから新しいマーケットを作る。
基本理念は「住んでよし、訪れてよしの国づくり」だ。自分たちの地域を知らなければ住んでよしとはならない。地域について子どもに勉強してもらいたい。 日本は山、川、海、温泉などが近距離に集まり、四季もある。列島そのものが世界的に見て有力な観光資源だ。
関係する官庁や自治体の部署が複数にまたがり、司令塔や責任者がはっきりしない。
もっと民間の力を生かしたい。

これらの意見は、観光業のみならず、全ての分野に亙って、postコロナ時代に参考になる。

すなわち、自分自身を見つめ直し、
①拠って立つ「原点回帰」をすることだ。
②「不易流行」、変えてはならないことと変えなければならないことを明確に区分すること。
③「知行合一」、それを果敢に実行に移すことだ。

小林 博重

小池百合子さんの東京都知事選立候補に思う。

東京も梅雨に入って鬱陶しい日々が続く。真夏のような気温で堪らない蒸し暑さだ。
今年の夏は昨年以上の猛暑だとか。それにコロナでマスク着用だ。
趣味のウォーキングは、早朝か夕方か、人混みを避けて、楽しんでいる。マスクは持って出るが、臨機応変、着けたり外したり。
私は自由業だから、空いた電車に乗っていける時間帯に訪問のアポイントを取る。電話やZoomの活用等、ビジネスのコミュニケーションはさほど不便を感じない。寧ろ時間とお金の面ではコスパは高い。 それに比して、サラリーマン、宮仕はなかなかそうはいかないようだ。テレワークが推進されると満員電車もなくなると言うが、そんなに急には変わらないだろう。
「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」と昭和30年代後半に植木等が歌と映画でブームを巻き起こしたが、決してそうではない。今となると「サラリーマンは過酷な稼業ときたもんだ」なんだと思う。これからは、本当の「働き方改革」が求められている。

小池都知事が7月の東京都知事選に立候補した。対抗馬不在の信任投票になるだろう。
自民党をはじめ、どこの政党からも支援を求めない、流石、超政治家の小池百合子だ。
パフォーマンスとか何とか言われるが、それが小池百合子だ。今、誰も彼女に代わって東京都を任せられる政治家はいないだろう。「弱目に祟り目」の安倍自民党に支援を求めないのは正解だ。その方が得票数は増すことだろう。
小池さんは「4年前の原点に帰って闘う」「コロナの最中の選挙だ。3蜜を避けて街頭演説はしない。オンラインでやる。新しい時代の選挙をやる。その見本をやる」と。カッコいいではないか。流石元祖ニュースキャスターだ。最高の自分を売る技に長けている。

私もその爪の垢でも飲みたいものだと思う。

勝つべく、ダントツに勝つべく、自分の個性をそのまま表現して、最高の自分を表現するステージを自ら設定して、正々堂々と闘う。正々堂々と闘うのだ。それが彼女の迫力だ。

人生100年。私なりの最高のパフォーマンスを発揮して、天から私に与えられた「ミッション=使命」を果たそうと思う。

小林 博重

[OUEN DANCHO]HPをリリースする。

OUEN DANCHOとOUEN COMPANYのホームページが完成し、リリースした。

学生リーダーを中心にLINEでご案内したところ、皆さんから好意的な感想をいただいた。あながちお世辞ばかりとは思えない。

カッコいい
団長らしいvery goodなHP
すごくオシャレで、団長の人の良さが伝わるHP
見やすく写真も good
スタイリッシュでカッコいい
重要なポイントがよく目に入る
イラストが可愛い
クールでカッコいい

今までにない斬新なHPになった。
私の「生き方」「想い」「ミッション」「これからのビジネスやボランティアの方向性」等、自分自身に対する宣言という意味でも、「有言実行」は有意味だと思う。

ビジネスもボランティアも、切り口が違うだけで、その目指すところは同様だ。
いずれも「世のため人のため」に行われる行為だ。その事業が長続きするためには「世のため人のため」という高い志が不可欠だ。

ビジネスで成功する一番の方法は、人からいくら取るかをいつも考えるのではなく、人にどれだけのことをしてあげられるかを考えることである。

デール・カーネギー

私が自分だけのために働いているときには、自分だけしか私のために働かなかった。
しかし、私が人のために働くようになってからは、人も私のために働いてくれた。

ベンジャミン・フランクリン

国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために何を成すことができるのかを問うてほしい。

ジョン・F・ケネディ

人間は、自らの心を高めるために働く。人のために尽くすことが人をつくる。

神様が手を差し伸べたくなるほどに一途に仕事に打ち込め。そうすれば、どんな困難な局面でも、きっと神の助けがあり、成功することができる。

充実した人生を送るには、「好きな仕事をする」か「仕事を好きになる」かのどちらしかない。

利他の心で判断すると「人によかれ」という心ですから、周りの人みんなが協力してくれます。
また、視野も広くなるので、正しい判断ができるのです。
より良い仕事をしていくためには、自分だけのことを考えて判断するのではなく、周りの人のことを考え、思いやりにみちた「利他の心」に立って判断すべきです。

稲盛和夫

生涯現役、後100歳まで33年弱の人生だ。弱い人間であるなら、「有言実行」で自らを縛り、「世のため人のため」に努力精進していきたい。

小林 博重

「東京アラート」の解除に思う。

東京都は「東京アラート」を解除し、「ロードマップ」の休業要請し、ステップ3へ移行することになった。
小池都知事は「新型コロナウイルスと共に生きていく"withコロナ"の新しいステージに入ったと認識していただきたい」と述べた。

お上からの指示に従う「自粛」から、大人の対応で自らをコントロールする「自制」をすることにより、自分で自分を守る「自衛」の時代になったということだ。

新自由主義、市場原理主義、自己責任、小さな政府、均衡財政、福祉公共サービスの縮小、公営企業民営化、グローバル経済、規制緩和による競争促進、労働者保護廃止等々。

すなわち、自分の身は自分で守るということ。お国には頼らないということだ。

ケネディ大統領は言っている。
「国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために何を成すことができるのかを問うてほしい」と。

明治大学校歌の二番の歌詞にも謳っている。

権利自由の揺籃の
歴史は古く今もなほ
強き光に輝けり
独立自治の旗翳し
高き理想の道を行く
我等が健児の意気をば知るや
我等が健児の意気をば知るや

私のような一本独鈷(いっぽんどっこ)の、何も組織に所属していない人間にとっては「自主独立」は当然のことだと思うが、声高に「国からの自由」を叫ぶ多くの日本人のなかで、「自主独立」の精神を待ち合わせている人がどれだけいることだろうか。

勿論、これは「個人が生きる精神」を言っているものであり、人が困って援けを求めている時に、自分ができる限りの人助けをすることは、「高みを目指して生きる人間」としての当たり前の精神である。

コロナはたくさんのことを人類に教えてくれた。

禍い転じて福となす
転んでもただでは起きない

ケネディは言っている。
「中国語で書くと、危機という言葉は二つの漢字でできている。一つは危険、もう一つは好機である」

このコロナ危機を「最大の好機」としたいものだ。

小林 博重

OUEN DANCHOの名刺

私の新しい名刺が出来上がった。OUEN DANCHOの二枚折の名刺だ。OUEN Japan理事長としての三枚折の名刺は組織としてのものだが、このOUEN DANCHOは私個人のものという位置付けだ。 それは、ジブンインキュベーション(ヒトスパイス ジブンインキュベーション事業部)アコーダー(調整役)を兼ねる。
その名の通り、3人の心清き仲間たちとともに「自分の殻を破ろうとする志高い人たちを応援する」のだ。

この半年間、私の後半人生のことをいろいろ考えていた。コロナ禍もあり、その考えは深まった。そしてこれから行動の日々を送ることになる。考え動く。「考動」する毎日になる。

今まで培ってきた人脈はありがたい。それは心と心、温かい心のつながりがある。それが私の後半人生をきっと輝かしいものにしてくれるだろう。持つべきものは信頼厚い先輩・同輩・後輩だ。 彼らの協力に深く感謝し、彼らのおかげで今の自分があることを自覚する謙虚な心を持つことだ。

https://ouen-dancho.jp

小林 博重

梅雨入り前の一日を大切に過ごす。

関東地方でも明日が梅雨入りになりそうだとか。今日の東京は快晴だが、梅雨入り前の一日を大切にしたい。

午後からは時間が許せば欠かさない「3時間ウォーキング」を楽しもう。

また、先週Amazonで買った、立命館アジア大学(APU)学長でライフネット生命保険創業者の出口治明さん著書の『還暦からの底力』(歴史・人・旅に学ぶ生き方)も読もうと思う。 人生100年時代をパワフルに行動するための人生指南書だと。人生の楽しみは喜怒哀楽の総量で決まるのだとか。
出口さんは自他ともに認める博覧強記の人物だ。日本生命を経て還暦でライフネット生命保険を創業した、バイタリティ溢れる紳士でもある。

昨日、新宿に出かけた際、本屋で目についた本を買ってきた。

順天堂大学医学部教授の小林弘幸さんと明治大学文学部教授の齋藤孝さん共著の『心穏やかに。』人生100年時代を歩む知恵。不安や焦りを手放し、心身を最高の状態にする「生き方」「考え方」。

人生67年。今までは少しあくせくして生きてきたようだ。年中無休は厭わないが、それが決して、私にとって「人生における高いコスパ」であるとは思えない。今までの人生は反省はしても後悔はしていないが、「自分を磨く」ことでのコスパは決して高くはないと自覚している。しかし「正道を歩む」という、人間としての原理原則だけは外した人生は送ってこなかった。あとは、生涯現役の残り33年弱を高いコスパで「人間を磨く」ことだ。そして、それからの余生の20年間、心穏やかにバトンタッチした後輩たちの活躍を見守ることだ。

事務所の狭いベランダの草花に水遣りして、椅子に座りながら、そんなことを考えている。

小林 博重

「お金を稼ぐ」ということ

一般的に「ビジネスは営利活動であり、ボランティアは非営利活動である」と言われ、皆そう思っている。

私は、ささやかながら個人会社でビジネスを行い、NPO OUEN Japanでボランティアを行なっている。そこで思うのは、両者は両極にあるようで、同根であるということだ。同じ思想の下で、事業は成り立っているのだと思う。

それは清らかな人間が行う活動でないと、本当の成功には至らないということ。いわゆる、汚れた人間がする活動は一時の成功は果たせても決して長続きすることはない。その成功は長続きしない。

私は67歳にして未だ成功の域には全く届いてはいないが、それは私の心が未だ清らかではないということ、人間として未熟であること、もっと辛酸を舐めて人間のレベルを高める必要があること、生涯に亙り人間を磨き続けなければならないということだと思っている。

イギリスの思想家であるジェームズ・アレンは『「原因」と「結果」の法則』で、
「清らかな人間ほど、目の前の目標も人生の目的も、汚れた人間よりも遥かに容易に達成できる傾向にあります。汚れた人間が敗北を恐れて踏み込もうとしない場所にも、清らかな人間は平気で足を踏み入れ、いとも簡単に勝利を手にしてしまうことが少なくありません」 と述べている。

本当に清らかな人間になることができれば、そのような人間になろうと生涯に亙り努力精進し続けることをすれば、目の前の目標も人生の目的も、いとも簡単に果たすことができるのだ。私の日々の活動を通じて、それは確信にまで固まってきた。 これは、コロナ禍で2ヶ月もの間、絶えざる書斎やウォーキングでの思考により、そして、緊急事態宣言解除後の活動によるものだ。

パスカルは言っている。
「人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦に過ぎない。しかし、それは考える葦である」

すなわち、人間が思考する存在としての偉大さを言い表したものだ。

物事の本質を熟考すること、そして、その本質を踏まえて果敢に行動することだ。すなわち、陽明学の「知行合一」だ。

「生まれてきた意味は?」「生きる意味は?」「働く意味は?」

お金は生活するために欠くべからざるものだが、それと同時に、「大事を成すための手段」でもあり、後者こそが人間を人間たらしめている意味ではないのか。

お金を稼ぐことを大事を成すための手段としたい。高い志を失うことなく、人生を全うしたいと思う。

小林 博重

iPhoneから送信

正道がまかり通るビジネスを応援したい。

ある人に、(株)三井興業さんをご紹介いただいた。この会社は「国内唯一の下水道料金の出口管理事業主」だ。何のことか。

私は水道を大量に使用している多くの企業に、使用感が変わらずに節水できる、いわゆる「節水コマ」を販売したり、レンタルしたりして節水し、水道料金の削減をビジネスとしている会社を紹介していたことがある。

同じ水道料金の削減といっても、ちと違うらしい。3月に事務所までいらしていただき、詳細をお聞きした。何のことはない。

今まで、上水道で使用した水量が全て下水に流されていると見なされて、下水道料金は自治体が請求している。
現実は、飲料水・調理水・散水・清掃水・製品加水等、下水道に流されていない水量の料金も請求されている。
下水道使用量が分かっていないのだから、それは仕方ないといえるが、その使用量が正確に測ることができるのなら、その使用量に相当する料金を払えばいい。それは至極当然なことだ。
それであれば、私がいろいろ関わっている首都圏の自治体、福岡市、北九州市、金沢市等、そこに事務所を構えている大量の水道水を使用している企業を紹介できるとお話ししたのだが、事はそんなに簡単なものではないらしい。
そのわけは、現実には多くの自治体は前例がないといってその仕組みを受け付けないケースが多いのだとか。今まで、上水道使用量と同じ下水道使用量の料金が入ってきていたものが必ず減るのだから、それは自治体にとっては減収になる。しかし、正しいことを通さないこと、住民に奉仕する自治体であるのにも関わらず、自治体のための自治体になっている。これはおかしくはないか。

この会社は、ネバーギブアップ精神で自治体と交渉して納得してもらい、認定をいただき、自費でメーターを設置して下水道料金削減を図り、削減になった料金の一部を支払ってもらって工事費を回収している。このスキームは水道ユーザーの負担はなく、完全にウインウインのビジネスだ。 ユーザーは自治体との交渉はあまりしたくないだろうから、それを全てこの会社がするというのも素晴らしい。

私はこのような正道を貫いて、人の嫌がることを引き受けることをビジネスにしている会社を応援したいと思う。

小林 博重

久しぶりのウォーキングを楽しむ。

今日は日曜日。昼前に、OUEN塾福岡でリーダーをしていた木村百里ちゃんが事務所にいらした。福岡女子大学卒。賢い女性だ。彼女とは約1年ぶりの再会だろうか。 彼女はOUEN塾立ち上げの立役者だったこともあり、実に印象が深い。45歳の歳の差ではあるが、私にとっては戦友のような人だ。 孫のような異性と戦友の間柄とは、私の同期からしたら実に羨ましい限りだろう。

彼女はマリコンの東洋建設に総合職で入社した。ゼネコンは私が勤めていた銀行よりずっと古い体質らしく、総合職女子は29歳が一番のお姉さんで、社内では20名もいないらしい。どうしてゼネコンを選んだのか聞いたが、お父さんもお兄さんも同業種で、家庭環境がそうさせたところもあると。生き方に拘りがある、気骨ある女性だったから、本人の価値観で選択したのだろう。結婚しても総合職で頑張りたいのだと。特にアフターコロナのこれからの時代はきっと女性が働きやすい社会になっていることだろう。いろいろ苦労はあると思うが頑張ってほしい。

ランチしながら、今のOUEN塾について話す。コロナで、来年2月に開催を予定していたOUEN塾は一年延期したこと。OUEN塾リーダーは入れ替えもあって現在は20名強だが、第4回OUEN塾までの1年半以上の期間をオンラインを中心にして、如何にして、今までの協賛企業とのコミュニケーションを図るのか。そして、それに参加学生を如何に集めるのか。学生リーダーたちの腕の見せどころだ。
学生リーダーがOUEN事務局からひとりだちして成長していく姿は、コロナが磨き砂となったということなのだろう。逆境は人を強くする。「順境よし、逆境なおよし」というところか。

木村さんと分かれて、久しぶりのウォーキングをした。私にとって、心身のリフレッシュにはウォーキングは安上がりで一番効用がある。

外苑前→赤坂見附→三宅坂→半蔵門→靖國神社→市ヶ谷→防衛省前→富久町→四ツ谷→新宿御苑→国立競技場→外苑前。2時間半、16千歩強だ。

今年は秋から冬に向けて、コロナの第二波を想定しておかなければならないらしい。そして、その第二波は今まで以上の被害を人類に及ぼすとか。 古希まじかの人間にとって、強烈なコロナ感染は死を覚悟しなければならないのではないか。
日頃の今まで以上の健康管理と体力増強に留意する必要がある。
歌舞伎町でワイガヤして飲んでいる若者たちの真似など、金輪際してはならない。本質志向をすることが大切だ。

小林 博重

iPhoneから送信