ビジネスパートナーの要件

人生68年近くを生きて、数えきれないほどの多くの人に出会ってきた。特に私は人間好きなところがあって、人と出会う機会があれば積極的に出かけるし、私を訪ねてきてくださる人をよっぽどのことがなければ避けることはしない。

私は、柳生家の家訓に言う「大才は袖触れ合う縁をも生かす」をモットーとしている。その出会いは、心から尊敬でき、その人の行いや考え方を自分の血肉にしたいと思うメンターから、ごく一般的な人や、人間として如何なものかと思う人まで、百人百様、ピンからキリまでである。そして、その全てがいい出会いである。ピンの人から得るところが多々あることは勿論だが、キリの人からも多くの行動と考え方を学ぶことができる。他山の石である。
松下幸之助さんは「順境よし、逆境なおよし」と。また、稲盛和夫さんは「逆境を磨き砂として人格を高める」と仰っている。
人との出会いも同様だ。ピンの人との出会いは順境、キリの人との出会いは逆境。どちらもよい出会いであり、自分を高める磨き砂だ。

哲学者森信三先生の言葉に「人間は一生のうち、逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に」という箴言がある。

全ての人との出会いは早過ぎることなく遅過ぎることなく訪れるものだ。結婚然り、ビジネスパートナー然り。

私が思うに、結婚は1回でいい。生涯添い遂げることができるというのが一番だ。
しかし、ビジネスパートナーとなると1回というわけにはいかない。私のような、何を仕事にしているのかどこで稼いでいるのか(あまり稼いではいないのでそう思われても当然だが)分からない人は、一匹狼ということもあり、ビジネスパートナーはなかなか定まらない。今までの人は「帯に短し襷に長し」だ。
ベンチャービジネスにおいても、共に起業したパートナーと長く続くケースはさほど多くはない。
ソニーの井深さんと盛田さん、ホンダの本田さんと藤沢さんは素晴らしい好例だが、その長続きしたわけは、それぞれの得手、才能才覚の違いのコラボに加え、ベースに共通した「人間哲学」があったからではないか。
利を追うビジネス(そのポイントは「能力」と「熱意」である)だけの共通項ではビジネスは長続きしないのだろう。絶えず、お互いに人間に対する温かい愛情がなければならないのではないか。

西郷南洲は『敬天愛人』の生き方を貫いた人だが、敬天愛人は、天を敬し、人を愛すことが「生きる意味」だということだ。
天から授かった己の天分を出し尽くし、世のため人のために生きる「人間哲学」を持った人とでなければ、私はビジネスパートナーとして、肩を組み、共にビジネスを極めることができない。

森信三さんは言う。
「人間の偉さは、才能の多少よりも、己に授かった天分を生涯かけて出し尽すか否かにあるといってよい」
「結局最後は、『世のため人のため』という所がなくては真の意味で志とは言いがたい」

小林博重

withコロナは地方の時代

今日の日本経済新聞朝刊一面で、「働き手 地方をめざす」と題して、テレワークが定着し、東京圏が転出超になったと報じていた。

昨年の通年では47都道府県のうち、転入超過は東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)など8都府県で、8割超の県が転出超過と。都市への人口集中が続いていた。東京一極集中だ。

それが、新型コロナウイルスの影響だろう。東京圏は20年4〜7月に北海道など5道県に対して転出超過になったとか。

昨日のオンラインOUEN塾で、石川県七尾市の恵寿総合病院の神野常務理事、進藤理事本部長や、のと共栄信用金庫の鈴木理事長とお話しする機会があったが、七尾市でも移住について、今までの3倍以上の問合せがあり、それもリタイヤの年代の方々ばかりかと思いきや、働き盛りの若年層の比率が高まっているのだとか。
「のとはやさしやつちまでも」と言われるように、能登の人たちは人情厚く、都会から来る人たちを優しく温かく向かい入れる。働き場所がないと思っていたが、そうではないらしい。勿論、東京ほどの給料は貰えないかもしれないが、生活に掛かる経費は住宅をはじめとして格段に東京より安い。 あとは病気になった時お世話になる医療施設のインフラの充実だろう。
その点、恵寿総合病院は病院のみならず介護施設も充実しており、これからより一層の充実を図っている医療法人だ。

withコロナ時代は当に地方の時代だろう。明治時代以来、東京一極集中で日本は世界第2のGDP大国に昇り詰めた。世界第2のGDPは中国に譲ることになったが、このことは寧ろ良かったのではないか。

人間の心に思いを致さないGDP大国など、どんな意味があるだろう。
これから日本は、本来の「自由・民主・平等」という人間らしい生き方ができる国になっていかなければならないのだ。
そのためにも東京一極集中の弊害を除き、地方が心身ともに豊かになる「美しい国」を目指さなければならないと思う。

OUEN Japanは、その一助になりたいと思う。

小林 博重

2ヶ月振りのウォーキングとOUEN塾

昨日は久しぶりの2時間のウォーキングを楽しんだ。2ヶ月振りだろうか。緊急事態宣言中もウォーキングは日課だったが、この酷暑の夏はウォーキングは即熱中症の危険がある。 「君子危うきに近寄らず」
私は君子のようなレベル高い人間ではないが、危険を察知する能力は待ち合わせている。私にとってこの夏はコロナより怖い熱中症であった。

9時過ぎに外苑前を出発して、絵画館前〜赤坂御所〜四ツ谷〜半蔵門〜靖国神社〜市ヶ谷〜四ツ谷〜赤坂御所〜絵画館前〜外苑前のコースだ。
久しぶりにお会いした方から「ちょっとふくよかになられましたね」と言われたこともある。運動よりも食事のほうが太る原因だろうが、日課だったウォーキングをしていないことは、やはり体調に不調を来す。事を成すには何よりも健康第一だ。 気のせいかもしれないが、体調はよくなったように感じる。体が軽い。これからウォーキングを復活させようと思う。

12時前に事務所に戻り、12時15分からのオンラインOUEN塾(金沢/石川)に参加した。コロナなかりせば、オフラインOUEN塾だった。15日から4日間、6台のバスに各20名が乗車して、能登・金沢・加賀の企業訪問をし、企業との交流をする予定だったのだ。
1年延期を余儀なくされたが、学生リーダーたちは何としても企業との交流ができないか、オンラインで開催することを考えた。やはり、学生リーダーはITリテラシーに優れている。特に、男子学生は金沢大学と金沢工業大学の理系の学生が多いことも奏功した。彼らはオフラインOUEN塾の経験はなかった(2名は福岡・北九州のオフラインOUEN塾にもオブザーバーとして参加していたが)が、何とか開催まで漕ぎ着けた。よく頑張ったと思う。 本番は15〜16日の2日間(いずれも12時15分〜18時)だ。

私はオープニングの実行委員長挨拶のあと、お客さんとの打ち合わせがあり1時間強の時間は退出せざるを得なかったが、企業の皆さんと参加学生とのディスカッションに参加させていただいた。

OUEN塾は、全く就職に関係ないイベントだ。老若男女が、長い時間、真面目な議題(企業説明とそれに関するディスカッションのほか、「理想の生き方」「働く意味」等のディスカッション)で意見交換をするというのはお互い初めてのことだ。今日も4時間強のZoomでのディスカッションがある。有意義なイベントになることだろう。

大人は、「近頃の若者は」と、若者の頼りなさを嘆くことが常だが、OUEN塾の学生リーダーやOUEN塾に参加ている学生を見ていると「そうではない」と思う。そして、ホッとする。そして、彼らの若さと触れ合うことで、私も若返ることができる。サミュエル・ウルマンの『青春』に立ち戻ることができるのだ。

私の心身の健康のためという個人的なことを含め、OUEN Japan を設立して良かったと心から思う。

小林 博重

あるべき生き方を忘れない。

自民党総裁選をはじめとする政治の世界や、民間でも大手企業の経済活動を見るにつけ、本来人間としてあるべき「世のため人のため」という本質思考をすることの難しさ、そのような人が生きていく難しさを感じざるを得ない。

自民党総裁選では、やはり国民的人気があった石破さんは残念ながら3位に甘んじた。自己保身や忖度の世界に生きる事を考えなければ、本質を追求することができないのか。そのことは、手段であるべきことが目的になってしまうことになりはしないか。本来の目的を失わない強い心を持ち続けることができるのだろうか。

民間企業にしても同じだ。高い志を死守して生きることは、ともすれば組織の論理に押し潰される。そして、それが当然なことであると疑問を持つことをしなくなってしまう。特に、大企業で上の地位になった人にはその傾向がある。下の人はそれを見て、偉くなりたいと思ったらそのような生き方をすればいいのだと、私に言わせれば、彼らは「人間の本質を見失ってしまった組織人」になってしまうのだ。

⑴上に忖度する。
⑵チャレンジ精神を失くしてしまう。
⑶妥協することが、よく生きることだと勘違いしてしまう。
⑷「本質志向は出世の妨げになる」と、哲学を持たない人間に成り下がる。
⑸出世することだけが幸せだと、低い志に堕してしまう。
⑹人間の幸せは、世のため人のために生きることである」という、生涯を懸けて高邁な生き方を目指すことは無意味な生き方であると、小市民的な生き方を良しとしてしまう。

全うな人間になることは、ほんとに多くのハードルがあって、人生の途中で、もういいとめげてしまうことが多々ある。

人生前半戦の私は、どちらかと言えば、俗に言う「出世の階段」を昇ることが良い人生だと思っていた。しかし、そうではない。人生とは奥深く、理想は遥かに遠いところにある。人生のピークは棺を覆う時なのだと思うに至った。

これからが人生の後半戦だ。ネバーネバーネバーギブアップ。人生のピークに向けて、理想を見失うことなく真っ直ぐに生きていこうと思う。

小林 博重

涼やかな朝を迎える。

今日の東京は涼やかな朝を迎えた。最低気温21度は平年より低いとか。日が出ると30度になり、蒸し暑い日になるとか。なかなか、秋の爽やかな一日というわけにはいかないが「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるから、来週になれば秋らしい日々が到来することだろう。それにしても、このような天候の移り変わりを五感に感じるにつけ、自然の威力の偉大さを思わざるを得ない。稲盛さんは「宇宙の大流に沿って生きていく」と仰るように、「我は百獣の王」と驕り高ぶる人類は、このコロナ禍を機に、自然に対して「謙虚と感謝」の心を持って生きることが必須ではないかと思う。

OUEN塾は石川県と福岡県で、学生リーダーがそれぞれのオンラインでの企業とのコミュニケーションを考えている。
石川県のオンラインOUEN塾は、協賛企業の皆様のご協力をいただいて、9月15〜16日の両日に開催する。また、福岡県のOUENリーダーは、グループで協賛企業の動画作成をしており、その動画をYouTubeやアプリで学生たちに拡散することを考えている。 私などITリテラシーを全く待ち合わせていない人間にとっては生きづらい世の中になったものだが、逆に学生リーダーにとってはオンラインは得意分野だ。

私の不得手な分野は、その分野の得手の人たちの力を借りてカバーするのが、凸凹人間の私にとっては、事を成す大前提の手法だ。老若男女をバランスよく活用するというのもその一つだ。

稲盛さんのようなスーパーマンならいざ知らず、ごく普通の人間はこの手法が唯一のサスティナブルな経営・運営手法であると思うし、これを「生きる哲学」にまで高めていかなければならないと思う。

九州・長崎IR&スーパー・スマート・コミュニティについては、今週は、東京で、固められるパートナーを固め、来週には九州に出張する。9月末を一つの区切りとしたい。

宇宙の大流は超長期的視点だが、長期的、中期的、短期的視点を見極め、時代の流れに沿って、その先を見据えて走ることだ。そのバランス感覚がないと、今何をしようとしているのか、果たして自分は今何処にいるのか分からなくなってしまう。心したい。

小林 博重

大坂なおみ選手の全米オープンテニス優勝に感動する。

今ほど、全米オープンテニス決勝で大坂なおみ選手が、1-6、6-3、6-3のセットカウント2-1で、M.アザランカ選手(ベラルーシ)に快勝した。

今朝は5時前に起きて、ネット(Sportsnavi)でライブ。ポイント毎に活字でコメントされるので、一喜一憂の時間を過ごした(私はスポーツ音痴で、サッカーも野球もテニスもできない。せいぜい、能登は相撲が盛んな土地柄なので、小中学校時代は、毎年夏休みに雨の宮古墳群(石川県中能登町)で開催されていた子ども相撲に参加して何回か3人抜きをして景品をもらったくらいだ)。 妻や次男、三男が学生時代にテニス部に所属していて、家ではテニスの話題がよく出ていたので、テニスの四大大会は興味を持って見聞きしている。

大坂選手は2年前に全米と全豪で優勝して一躍大舞台に登場したが、その後は鳴かず飛ばずだった(しかし、ランクは現世界9位であり一流選手であることには変わりはない)。
一旦沈んでも、彼女は、心を強くすることにより、本来の実力を遺憾なく発揮することができるようになったのだ。特に今回はアメリカでの黒人差別の事件が頻発したことで、彼女の『怒りのパワー』が炸裂した感がある。その迫力は人間技とは思えない感動的なものだった。

私はここのところ、人とのトラブルは極力避けようと思い生きている。特にトラブルのストレスは大きく仕事に影響する。コスパは極端に悪くなるからだ。
全ての人と心が通じるものではないし、それだから、心が通じない人たちとも何事もないかのように付き合おうと思っている。これは、妥協ではない。私はこの『妥協』が大嫌いであり、それでしなくてもいい人との諍いを起こすことが間々あった。少しずつ大人になったせいなのか、くだらないトラブルは依然よりずっと少なくなったように思う。『怒り』を抑えることはストレスだが、コスパのことを考えるのだ。

しかし、大坂選手の『怒りのパワー』は相手の選手にぶつけるのではない。人間としてのプリミティブな原理原則に逆らう世の中にその怒りをぶつけて、世の中を変えていこうとする、正義を貫く高い志があるから、その怒りは迫力があり、人たちの胸を打つのだ。

私もそうでありたい。
怒りのパワーを『世のため人のために』尽くす起爆剤にすることだ。今流行りの「二倍返し」ではなく、本来人間として持つべき志のために『怒りのパワー』を使うことだ。

素晴らしいテニスを味わうことができた。大坂選手、おめでとうございます。

小林 博重

『考え方』を読む。

今朝は4時過ぎに目覚めた。熱帯夜は収まり、ホッとする一日の始まりだ。
過日丸善で買い求めた『考え方』(稲盛和夫著)を読みはじめた。稲盛さんのご本は全て熟読しており、どの本の内容も同じであるが、私が同じ内容のご本を読むのは、読むことで「改めて我が心を見つめ直し、『全き人』として生きようと思う」ためである。

人生の方程式
人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

稲盛さんが言わんとされていることは、『人生の本質は、人それぞれの「考え方」によって形づくらるものであり、この著書『考え方』を構成している以下に記す9つの章は、この本質の部分で互いにしっかりと結びついているのだと。 ⑴大きな志を持つこと
⑵常に前向きであること
⑶努力を惜しまないこと
⑷誠実であること
⑸創意を凝らすこと
⑹挫折にへこたれないこと
⑺心が純粋であること
⑻謙虚であること
⑼世のため、人のために行動すること 

稲盛さんが仰るには『私が理想とする「全き人」とは、善い思いに根ざし、人間として正しいことを貫く姿勢を持つ人であり、誰もが「ああ、あの人は素晴らしい人だ」と惚れ惚れするような人柄の人物です。また、能力に長けているだけではなく、自然と皆から「あの人と一緒に人生を歩みたい」「共に仕事をしたい」「あの人がいてよかった」と思われるような人物のことです』と。
また、仰る。『しかし、「言うは易く、行うは難し」です。実行していくのは容易なことではありません。自分はこうありたいと強く願い、反省を重ねつつ、一日わずかなりとも進歩できるように努め続けなければなりません。大切なのは「こうありたい」と思い続けることです。「こういう自分でありたい」と思って一生懸命努力し続ければ、必ず人間は成長するものです』と。

人間は一生を生きていくなかで、自らの意志と努力で高邁な『考え方』を持った人格を身につけていく。
残りの人生でこの高邁な『考え方』を持った人間に成長したいと強く願い、そのため、努力精進していきたいと思うものだ。

小林 博重

充実した、楽しい一日

少し秋めいてきたか。一時の耐えられない蒸し暑さはなく、真昼の東京駅近辺を歩いていても微かに『秋』を感じるのは私一人ではないのではないか。

季節は一ヶ所に留まらない。同じく、時代も留まらない。私自身もまもなく2ヶ月足らずで68歳にならんとしており、それをいろいろなシーンで実感する。だから、明智光秀ではないが『時は今』なのだ。時間は待ってはくれない。それは残りの人生を強く意識する今だからこそ、その感を強くするのだろう。

昨日は、久しぶりに東京駅に出掛けた。東京駅近辺に2件のアポイントがあったからだ。
12時に長年お付き合いしている会社会長と、その彼が紹介してくれた、私のOUEN Japan ネットワークを活用したい人と、3人で東京駅傍の大丸12階にあるサバチーニでランチMTGをした。

先月、福岡に出張したおり、介護ビジネスをしている会社会長を紹介したのだが、順調にビジネスは進展しているとの報告があった。特に、医療関係に強いニーズがあり、他との差別化には自信がある世界唯一の特許商材を扱っているのだとか。今は点と点の展開に終わっているが、私を介してそれを線に、そして面展開にしたいのだとか。おかげさまで、福岡でのネットワークはOUEN塾である程度できている。長崎においてもつくることができる。ちょうどその人は長崎で1つの介護施設で取引ができていて、大変喜ばれているとか。それなら、その点を線に、そして長崎県全体の面展開にできるではないか。福岡においても面展開できるだろう。私は今、九州創生をミッションの一つとして老骨に鞭打って精力的に活動している。スマートにその大流に乗ることで、介護施設のみならず医療関係の皆さんに喜んでいただけるのではないか。

ビジネスとボランティアは志が同じであればコラボレーションすることによって、それに関わる全ての人たちが幸せになる。ウインウインがウインウインウインに。

「友達の友達は皆友達」は真実だ。それはコロナが証明してくれた皮肉はあるが、ベースに高い志があれば人類はハッピーになる。その率先を私がしなければならない。そして、その志を関係する人に伝播していかなければならないのだ。

そんなことで、ちょっといい気分になった。
15時に丸の内で次のアポがあり、1時間以上の時間ができたので、東京駅の八重洲から丸の内への通路を通ってオアゾの丸善で本でも見ようと思った。本はAmazonで購入することが増えたが、やはりデジタルはつまらない。 何を求めるということなく、本屋をぶらつくのは、銀行勤務時代に通った、勝手知ったる「丸善」が一番だ。私は日本橋丸善がお気に入りだが、オアゾ丸善もいい。 日本橋と丸の内では、同じ東京駅の玄関ではあるが空気は180度違うように思う。どちらも好みだが、昨日はなぜか丸の内がいいと思った。

読みたい本がどんどん目に入ってくる。人生の後半戦、私の本の傾向は全く小説がない。評論、哲学、伝記もの。偏っていることは分かっている。歳のせいだから仕方がない。思いの外、1階で5冊も買ってしまった。

「考え方」(稲盛和夫著)
「人生をひらく」(渋沢栄一著)
「李登輝より日本へ贈る言葉」(李登輝著)
「人生に必要な教養は、中学校教科書ですべて身につく」(池上彰、佐藤優共著)
「SDGs入門」(村上芽、渡辺珠子共著)

4階に上がり、これも丸善好きのグッズを購入した。「木製タブレットスタンド」だ。デスクワークの時、スマホを置いておくスタンドだ。

品がいいものが丸善にはある。東急ハンズで買い求めることもある。これは私の贅沢の一つであり、ストレス発散法だ。安上がりだと思う。
ついでに「令和3年用週間ノート」も買った。9月になるとこのような来年のノートを売り始める。コロナのせいもあるだろう。コロナ一色の毎日で、あっという間に冬から春夏へ季節は進んだ。そして今、秋が来ようとしている。

妻は「今年は崩壊と破壊の年だと江原さんが言っていたがほんとだね」というが、来年は明るい建設の年でありますように。

オアゾ丸善4階で買い物を終えて、まだ時間があったので、4階の喫茶店に入る。ソーシャルディスタンスで、皆さん、買い求めた本を読んでいる。 それを見るにつけ、ちょっと贅沢な気分になる。これがデジタルでないアナログの魅力なのだと強烈に思った。

そんなことで、大好きなビジネスパートナーに、aboutLINEで楽しい一日を報告した。
昨日はとてもいい一日を過ごした。今日もそのような一日であってほしいものだ。

小林 博重

九州の地方創生の一助となりたい。

少子高齢化社会の中、地方創生が叫ばれているが、東京一極集中は止まることがない。コロナはその課題を前に進める触媒の役割を果たすかもしれない。自民党総裁選では、コロナ対策や女性活性化とともに、「地方創生」は争点の一つになっている。

昨日、時事通信社から「カジノは政権との対立軸」という立憲民主党枝野代表に関する記事がネットに載っていた。

立憲民主党の枝野幸男代表は9日、横浜市がカジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致している横浜港の山下埠頭(ふとう)を視察した。
この後、記者団に「トップダウンの政治と草の根の声に寄り添う政治の明確な対立軸の象徴がカジノ問題だ」と述べ、IR計画の阻止に全力を挙げる考えを示した。
枝野氏は、自民党総裁選で優位に立つ管義偉官房長官が地盤とする横浜市へのカジノ誘致に積極的だとして、「安倍政権の延長線上で物事を進めさせてはいけない」と強調。国民民主党との合同新党結党後も「最重点のテーマの一つとしたい」と語った。
※統合型リゾート(Integrated Resort、略称:IR)とは、国際会議場・展示施設などのMICE施設、ホテル、商業施設(ショッピングモール)、レストラン、劇場、映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設などと一体になった複合観光集客施設のこと。日本においては、地方自治体の申請に基づきカジノの併設を認める区域を指定して設置される予定である。

枝野代表がいう「トップダウンの政治と草の根の声に寄り添う政治の明確な対立軸の象徴がカジノ問題だ」について一言述べさせてもらえば、「草の根の声に寄り添うことが政治の原点」は当然のことだが、それをカジノ問題として、IR計画の阻止に結び付ける短絡さは、何でも反対の万年野党の発想と言わざるを得ない。

政治は国民のためにこそある。政権を取ることはあくまでも手段であり、何が国民のためかを真摯に考え、行動することが政治の本質ではないだろうか。

私は地位も名誉も何も持ち合わせていない一介の市井人だが、世のため人のために生きようと思う、自分なりの志を持っていると自負している。
OUEN Japan は、日本人大学生や来日留学生、および、彼らを応援してくださる企業の皆さまを応援したいと思って立ち上げたNPOだ。
それは、延いてはそれが地域を元気にする「地域活性化」につながるだろう。そして大きく日本を元気にする「地方創生」の一助になるべく生涯に互り、精進努力していきたいと思う。

如何に地域を元気にするか、そこに生活している住民が幸せになるか、そのためには何をなすべきか。すなわち、事を成すためにはどれだけ本質志向をするか、なのだ。

政権奪取のための反対、反対のための反対は、政治家ならぬ政治屋に堕すことではないだろうか。

OUEN Japan は縁あって、地方創生の足掛かりとして、毎年1回、福岡・北九州でOUEN塾を開催している。そして、そのOUEN塾を広く九州全島に広げていきたいと思う。
これも縁あって、九州・長崎IR&スーパー・スマート・コミュニティプロジェクトに関わることになった。
そして今私は、このプロジェクトがOUEN Japanの目指す地方創生の一助になること、OUEN Japan のミッションの一環であると位置付けている。
長崎から九州へ。福岡・北九州は長崎の兄貴分として、このプロジェクトを全面的に応援していただきたいと思うものだ。

小林 博重