謙のみ福を受く。

私は私が自分では回答が出せないと思うことがあるとメンターにお伺いを立てるこにしている。一番は自分の頭で考え、自分で的確な回答を導き出すことだ。しかし、人生経験の不足や自分自身の人間レベルでは最善の回答に辿り着けないと思う時には、考えた末にメンターにお伺いを立てるのだ。一般的にはメンターは歳上だったり、経験豊かな、地位のある人なのだろうが、私のメンターはそうではない。老若男女は問わない。いくら歳下でも、異性でも、精神年齢が高い人はメンターだ(そう考える私は、自分は柔らか頭だと自画自賛、自負しているところがあるが)。

この人は少しおかしいんじゃないか、まともじゃないんじゃないか、と思う人がいる。ラインやメールでとんでもない言いがかりを付けてくる人がいる。なんと回答したらいいものか、と真面目に真剣に考える。
どんな返信をしても、それがトラブルになってさらに人間関係がこじれてしまうことが見えている。しかし、返信しないと失礼とか、よりトラブルになるのではないかとか考えてしまう。どうしたものか。そんな時、気楽に相談できるメンターがいたらいい。

メンターは即座に言ってくれる。
無視することだよ。そんな低レベルのバカと相手をしている時間は無駄だし、そんなことに労力を使うことが馬鹿馬鹿しいではないかと。

それでも、何で返事をくれないんだ。失礼ではないかと因縁を付けてきたらどうしたらいいのか。

その時は、
「私は至らない人間で、どうしたらいいのか分からないのです。もっと人生経験を積んで勉強して、あなたに応えられるような人間になろうと思います」とでも回答すればいい。

そうだ。バカに応えればこちらもバカになる。相手の気持ちを逆撫でする。こちらが良かれと思って回答しても、相手はそうは取らない。 また、すぐに「私はバカです」などと回答しても、それも相手を逆撫ですることになるだろう。
放っておくことだ。どうしてと聞かれたら、私はバカですと応えればいい。

流石、私のメンターだ。素晴らしい回答ではないか。

人間は完璧ではない。生涯に亙り努力精進することが大切だ。どんなに優れた人であっても完璧ではない。だから人間は毎日毎日努力精進しなければならないのだ。心を高めることをやめてはいけないのだ。

「謙のみ福を受く」という中国の諺がある。謙虚は幸せの素だということか。
稲盛和夫さんも「謙虚にして驕らず」と6つの精進で説いていらっしゃる。

なかなか凡人には難しいことだが、謙虚な人生を歩んでいくことだ。それが幸せの最短距離なのだから。

小林 博重

iPhoneから送信

5月福岡出張1日目

5月の福岡・北九州出張 第1日目はMapビジネスだ。すなわち、OUEN塾で懇意になった企業のサポートだ。3年の年月を掛けて漸くMapビジネスができるようになった。OUENとMapが一体不可分と言っても、それなりの時間とOUENの実績があってこその一体不可分だ。私のビジネススタイルを続けることができるのも、私に対する多くのサポーターがいてくれるおかげと思う。皆さんに深く感謝しよう。

昨日の最後の打ち合わせは天神の予定だったが、ドタキャンを食らって、一杯美味しいお酒でもと、春吉の小料理屋『福喜』に電話したが女将さんが出てきて、毎週月曜日は定休日にしているのだとか。大将は私より1つ歳上。悠々自適でお店をやっている。仕方ない。では、いつもの中華料理店にするかということで、天神4丁目の『三鼎』で四川料理に舌鼓を打つことにした。独りではつまらないと思って学生リーダーの何人かに電話したところ、皆んなアルバイトだ。今日の今日では仕方がない。学生は週3〜4日はアルバイトをしているのだとか。今日はリーダーMTGだから昨日はアルバイトなのだろう。1人松原さんだけが来てくれて付き合ってくれた。独り飲むのは侘しいと学生に電話して来てくれるなんて、こんなことをするのは私くらいだろう。やはり自己中と言われるのもしょうがない。

今日はOUEN塾のことで、3社訪問し打ち合わせの後、学生リーダーMTGだ。福岡と北九州の合同MTG。今日は15人集まる。第2回の反省と第3回のキックオフ新人は1〜3年生が入ってくれた。毎年バランス良く入塾してくれればいい。

今日は大石さんも東京から参上する。第2回の反省を踏まえて、第3回はもっと学生リーダー主体のOUEN塾にしたいと思う。

小林 博重

iPhoneから送信

JALの機内で思う。

昨日の「母の日」は妻にとっては、ここのところ一番のその名に相応しい1日になったのではないかと思う。土曜日は次男宅にお世話になったが、昨日は私以外、妻と長男、次男家族5人、三男家族3人の総勢10人で大阪の水族館や大阪城等を観光したらしい。孫たち3人はスマホゲームに熱中だったとか。こんなことで孫たちは交流を深めるのだ。スマホオタクにならないで大勢の友だちができる人間になってほしいものだ。

昨夜10時に妻が帰宅して言うには、
「子育ては何十年か経たないとその出来不出来は分からないものだ。うちの子どもたちは素直に明るく育った。連れ添いもそれぞれに相応しい相手で、孫たちも明るく元気だ」
まずまず、妻の子育ては成功と言うところか。私は子育てには殆ど関わっていない(その点では、夫失格、父親失格。おかげさまで反面教師になった。子どもたちは3人とも皆、いい夫であり、イクメンだ)。

Amazonから注文した本が自宅に届いた。文庫本だ。昭和60年10月10日1刷とある。
『世界大戦スペシャル2 “敗戦日本”を守った男 安藤明の生涯 厚木事件 撤去作戦の真相』(中山 正男 著.サンケイ出版)
添書きには、「終戦時、厚木航空隊では、徹底抗戦の将校たちがマッカーサーの進駐を阻むべく烽起していた。この時、佐藤六郎海軍大佐に乞われて、飛行場の整備に生命を賭け、無事、米軍機を迎えることに成功した民間人の一団があった。大安組の安藤明社長とその組員たちであった。安藤明はその後、天皇制護持の旗を掲げて、GHQ高官、皇族、政治家を結びつける“昭和鹿鳴館”を華やかに誕生させるが・・・」とある。

安藤明さんは、私が心から応援している安藤裕美さんのお祖父さんだ。福岡出張で夜にでも読もうと思って鞄に入れてきた。

安藤裕美さんには、きっと傑物安藤明さんの熱い血が流れているのだろう。心して読んでみよう。安藤さんは読んでいないのだとか。来週、安藤さんにお目にかかった時、プレゼントしよう。

世のため人のために生きるのが人間の人生だ。それは最初から大仰に「日本のため、世界のため、人類のため」でなくてもいい。そんな人はごく稀だ。
まずは愛する妻のため、恋人のため、血肉を分けた子どもたちや孫たちのため。それが少しずつ拡がって、同じ夢を追いかける仲間のためになる。夢を実現するためには独りではできることは限られているから法人と言う擬似人間を作る。その仲間、仲間の家族のために生きるのだ。 それが人間だ。愛とはそう言うものだろう。

愛する人たちのために生きて死ぬのだ。それが人間の真っ当な人生ではないか。

間も無く、福岡空港に到着する。あっという間の1時間50分だった。私の人生もきっと終わってみればあっという間なのだろう。後悔のない人生を生きて死にたいものだ。

小林 博重

iPhoneから送信

5月の福岡・北九州出張

今朝は3時半に目覚めた。もう少し寝ていてもいいが、今日から福岡・北九州出張だ。外苑前を5時過ぎに乗車しなければならない。7時発のJALに搭乗する。そのまま起きて事務所に行き、朝風呂と少し事務作業をして外苑前始発に乗る。

何事も有意注意が肝心だ。今回の福岡出張は、OUEN塾のみならず、Mapビジネスも加わって多忙だ。いつもより有意注意しなければならない。事務所を出がけに、再度事務所内をチェックしてみた。扇風機が回っていた。スケジュール帳が本棚に入っていた。無意注意だったら電車内で気がついてとんでもないことになっていた。クワバラクワバラ。

羽田空港に行くにはモノレールと京急線があるが、掛かる時間はほぼ同じだが、少し京急線が乗車料金が安い。電車の乗り換えが1回だ(都営大江戸線も乗り換えは1回だが、乗車料金は高い)。そんなことで、私は京急線を利用している。

京急線
外苑前→(銀座線)→新橋→(都営浅草線、京急線)→羽田空港

モノレール
外苑前→(銀座線)→新橋→(都営浅草線 or JR山手線)→浜松町→(モノレール)→羽田空港

モノレール
青山一丁目→(都営大江戸線)→浜松町→(モノレール)→羽田空港

ブログを書いているとあっという間に羽田空港に到着する。何事も集中は時間を忘れさせる。

空港でネギ蕎麦を食べて、JAL福岡行き7:10のフライトを待つ。
今日から17日(金)の自治体と企業と大学訪問はビッシリアポが入っている。東京の企業とも同行の1日もある。
帰りは北九州空港発20:55(羽田着22:25着)のJALで東京に帰る。
出張はフルで外訪活動をするので東京で仕事をするよりずっと疲れる。隔週で福岡・北九州と金沢・富山の出張があり今年のスケジュールは決めているので、もう慣れっこになった。地方でのボランティアでフルに動いて、東京でのビジネスで少し手抜きをして体力を回復させる。これが私の健康の秘訣かもしれない。

まもなく、搭乗手続きが始まる。ここでブログは一旦終了しよう。

小林 博重

iPhoneから送信

母の日のコンサート

京都7:32発の新幹線ひかりで東京に帰る。品川には10:03着だ。乗車時間は約2時間半(東京⇆金沢のかがやきとほぼ同じだ)。
日曜日朝の京都発新幹線ひかりは流石空いている。殆どの観光客は、日曜日に京都観光して帰るのが一般的だろうからそんなものだ。大人の休日倶楽部を利用している65歳以上(女性は60歳以上らしい)だろうか、そのような風情の熟年が多く乗車している。

ゆったりと3人掛けの自由席に座り、このブログを書いている。2時間半が私の書斎だと思うとなぜか得した気分になる。
そうだ。大石さんから、『第2回[OUEN塾in福岡・北九州]の実行委員長としての感想と第3回への期待』の文章を書くように頼まれていた。明日から1週間は福岡・北九州の出張だし、今日書いておかなければならなかった。ブログの後に書くことにしよう。

今日は『母の日』だ。
広尾ガーデンの「レストラン シェ・モルチェ」で、『12th May Mother’s Day in シェ・モルチェ』が催される。「ソプラノ、テノール、バイオリン、チェロ、ハープ、ピアノのハーモニーと共に」が副題だ。コース料理とドリンクをいただきながらコンサートを楽しむ。全く私の趣味ではないが、ハーピストの琴平メイさんから、せっかくのお誘いを受けたのだから出席しようと思った。小出監督ではないが前向きに“せっかく”を考えるべきだと思う。

仕事しか趣味がない私だが、老若男女大勢の友人知人がいるのだ。彼らからのさまざまなお誘いは私のキャパシティを拡げることにもつながる。可能な限り、お誘いに応えることにしようと思っている。

柳生家の家訓
大才は袖触れ合う縁をも生かす

小林 博重

iPhoneから送信

孫たちとの楽しいひと時

JR京都駅に9時半に到着した。2時間しか時間がないので京都駅から徒歩で往復30分の西本願寺にお詣りすることにした。11時前にJR京都駅に戻り、伊勢丹地下で次男宅のお土産を買い、11時半前に伊勢丹11階の西櫻亭に到着し、ゆったりとランチをいただいた。

2時前に高槻の次男宅に到着した。三男家族は東京から3時前に到着。4人の孫たちの内3人は6歳、5歳、3歳と小学生と幼稚園年長と年少だ。ワイワイガヤガヤ、それはまぁ、姦しい。子どもたちは目に入れても痛くない孫たちだから可愛いとは思うが、日頃このような子どもたちと接していない私などは、彼らとの数時間は実に疲れる。もちろん心地よい疲れではあるが。妻は人一倍情にもろい性格でもあるので、2年ぶりの再会(3番目の孫はまだ1歳にもなっていないのだから初めての面会になる)に感無量の様子だった。子どもたちは何よりの親孝行をしてくれたと思う。

私は高槻のホテルに泊まり、明朝の新幹線で東京に帰る。明日は、妻と長男、それに次男と三男の家族は、大阪南にある水族館に行くそうな。せいぜい楽しんできてほしい。

このような家族との触れ合いは、私にとって、これからのOUENとMapの活動に活力を与えてくれるものだ。
それぞれの活動はまだ家族にも人さまにも引き継いでもらえるような段階には至ってきないが、命の完結のおりにはそれなりのところに行くことだろうと努めている。特に血で繋がっている家族については、想いを絆として受け継いでほしいと思う。そんなことを念頭に置いて孫たちを見てしまうのだ。想いを受け継いでいってほしいと切に願うものだ。

西本願寺

西櫻亭JR京都

>
>
>

>
>
>

>
>
> iPhoneから送信

MapビジネスとOUEN=応援

昨日は、久しぶりにMapビジネスで3社を訪問した。3社ともOUEN Japanの協賛企業だ。OUENを応援していただいているので、こちらも彼らを応援する。応援とは双方向のキャッチボールだ。OUENの協賛企業は首都圏のみならず福岡県や石川県にも拡がってきているので、協賛企業同士のビジネスマッチング、ビジネスコラボレーションを核にしてビジネスの拡がりを模索する。そうすれば頭は自ずと「柔らか頭」になる。私の場合、この柔らか頭は経験知から来ている。頭でっかちの方ではないので、経験をしなければ学びはない。協賛企業が増えてきたため、柔らか頭は一層拍車がかかるのだ。面白いものだ。

企業のお手伝いができて成果が出ると、Mapも潤う。そうすれば、MapはOUENに資金面で応援することができる。ウィンウィン、さらにウィンウィンウィンになる。近江商人の三方よしだ。

安藤裕美さんはまだ33歳の若い女性経営者だ。彼女とラインで「経営に関する議論」を重ねる。経営哲学や経営理念や志からはじまって、福利厚生や売上拡大、経費削減の戦略戦術まで、幅広いブレストだ。
人間は私利私欲の塊であり、私たちの生きている世界は魑魅魍魎が蠢いている。それに厭世的になるのではなく、そんなものだと素直に受け入れて、彼らと如何にコラボレーションして理想に向かって邁進していくか。彼らを敵視するのではなく、想いを分かってもらい味方になってもらうことだ。これこそ豊臣秀吉や田中角栄に代表される「人誑し(ひとたらし)」だ。人誑しでなければ経営者になることはできない。人の上に立つリーダーになることはできない。
人生を前向きに捉えることだ。明るく真っ直ぐに、素直に捉えることだ。桃太郎や金太郎は鬼を信奉させて味方につけたのだ。単なる力づくではない。鬼神をも味方につける人誑しになることだ。そんな話もする。

若い経営者を育てることは、この自分も育つことになる。そんなことを考えると、教育者は人を教えることで自らも育つことになるのだと痛感する。まさに教育(教え育てる)から共育(共に育つ)にアウフヘーベンするのだ。その意味で、精魂込めて若い経営者を育てたいと思う。

小林 博重

iPhoneから送信

iPhoneから送信

孫たちに会う喜び

今日は、妻と、高槻に住む次男教博の家族(夫婦と子どもたち3人)に会うために大阪に向かう。長男泰博と三男明博家族(夫婦と子ども1人)も一緒だ。皆んなは明日の日曜日も行動をともにするが、私は明日、広尾でランチコンサートがあるので朝早く新幹線で東京に帰る。孫たちとの交流できないのが残念だが、6月2日の関西出張のおり、京都西櫻亭でランチを予定しているので楽しみはその時まで取っておこう。

こうして家族が集まるのは何年振りだろう。2年前に東京で集まっただろうか。
私は仕事でバタバタ、妻は実母の介護で家を空けることがままならない。お互いそのため不満を持つような子離れ孫離れしていない2人ではない。それぞれ独立した人生を送っている。孫たちの動画を送ってくれるので、私たちは、それを楽しみにしている物分かりのいい良き夫婦である。

5時過ぎの新幹線ひかりらで東京から京都に向かう。私たちは「大人の休日倶楽部」に加入しているので、JR特急料金と乗車料金は3割引きだ。ただし、新幹線ののぞみは利用できない。そのため京都まではひかりで行く。9時過ぎに京都に着き午前中は京都駅近くを観光し、お昼にJR京都駅の伊勢丹にある西櫻亭でゆっくりランチ。JR新快速で高槻まで。2時に阪急電車の高槻市駅で皆んなと合流する。そこからどうするのか、次男家族にお任せだ。

そんなことで、今日は楽しい大阪旅行の一日になる。妻は超がつくほど喜んでいる。
人生はそのひと時があるから生きていこうと思うものかもしれない。

小林 博重

iPhoneから送信

女性に与える3つの“キ”(期待と機会と鍛える)

第3回[OUEN塾in福岡・北九州]の第3回キックオフミーティングを来週14日に控え、学生リーダーは2名が卒業、1名が退塾、計3名の退塾があったが、福岡と北九州それぞれの入塾があって、5月9日現在で学生リーダーは20名になった。その内、女子17名、男子3名。85%が女子だ。このような文化的活動は女子向きなのだろうか。それとも男子が草食系で女子がリードするのについていくことを良しとしているのだろうか。複雑な思いだ。

女子リーダーは福岡女子大学と北九州市立大学の学生だが、いずれも皆優秀で意欲は高い。21世紀は女性の時代、ダイバーシティの時代と思う。

そんなことで、日経新聞夕刊(令和元年5月9日)に昭和女子大学理事長の坂東真理子さんの「私のリーダー論」を興味深く読んだ。
昭和女子大学は女子の「キャリア教育」や「グローバル教育」を改革の柱に掲げて志願者数を大きく伸ばしており、大学の間で注目されている女子大学だ。その改革の先導者が坂東理事長だ。

坂東さんは経営学者のピーター・ドラッカーのマネジメント理論から引いて『社会に貢献できるのは自分の強みにおいてであって、その逆はない』と言う。 目標はしっかりと提示した上で、具体的なやり方は思い切って部下に任せよと。
また、坂東さんは3つの“キ”がない企業はダメだと。
その3つは「期待」と「機会」と「鍛える」の3点セット。女性に期待し機会を与え、鍛えることだと。

「鍛える」とは、今持つ100%の力より10%くらいだけ高い負荷を与えることだ。その上でその人の強みを見極め、それを生かし、少し難しいハードルをクリアする機会を与えることだ。

OUEN塾も、学生リーダーにそのような3つの“キ”を与え、彼らが大きく成長することを期待している。

小林 博重

応援団仲間と青春を語る。

連休明けは何かと忙しい。7日、8日と2日間、ブログを書かなかった。漸く落ち着いた。
それにしても、10連休は人の精神をダメにすると思う。ピンぼけしている人が少なからずいる。皆本当のところできれば仕事をしたくないのか、連休は人の怠け癖を助長する。やはり、仕事は人の精神に喝を入れるものであり、仕事は人を成長させるものだ。10連休のようなとんでもないことがあるとそのことがよく分かる。

来週は福岡・北九州の出張だ。それから一週間置いて、月末週は金沢・富山の出張だ。6月1日は、金沢から京都に行き、京都大学での関西七朋会に出席する。2日は高槻に住んでいる次男家族と西櫻亭JR京都伊勢丹でランチを食べて東京に戻ってくる。 福岡のアポイントをほぼ終え、今日からは金沢出張のアポイントを取る。
OUEN塾は2拠点を並行して走らせなければならない。東京ではビジネスマッチングとコンサルティング。休みのない日々が続く。ありがたいと感謝しなければならない。

国立七大学の夏季体育大会(七帝戦)は今年は福岡(九大)だ。そのため、応援団は8月中旬に福岡に集まり応援団の交流会がある。ちょうどお盆の時期だ。私はお盆が終わった次の週に福岡に出向くので、応援団OBの集まりには参加できない。私のみならず参加できない同期も少なからずいる。それでは7月にミニ七朋会をやろうじゃないかということで、7月11日に東京で行うことになった。
もう若くはない。高歌放吟は11月の東大駒場での七朋会に取っておこうということで、今回のミニ七朋会は、美味と美酒を愉しむ落ち着いた懇親会にしようということになった。私がその手配を任されたので、それでは安藤さんのレストランではどうか。西櫻亭伊勢丹新宿で開催する。

旧帝大応援団の同期は仲がいい。
6月は京都で関西七朋会、7月はミニ七朋会を新宿で、11月は東大駒場で本家の七朋会を開催する。
皆、応援団時代の精神を忘れず人生を送っている。学生時代のたった4年間だが、それから40年以上経っても皆んな集まって青春の話をする。学生時代の経験は人生の生き方を左右する力があるのだ。 OUEN塾リーダーの皆んなにとっても、そのような貴重な青春時代をOUEN塾で有意義に送ってもらいたいものだと切に願う。

小林 博重

iPhoneから送信