夢街道を走り抜く。

昨日(5月16日)は妻の誕生日でした。
夜に帰宅して水谷歩さんからお祝いで贈っていただいた花束で、誕生日であることに気がつきました。スマホのカレンダーには入力してあるし、昨日は何度もカレンダーを開いていたのに気がつきませんでした。 一番身近な人の誕生日を、その日が来ているのに忘れてしまっているとは、これはいったいどうして?
妻は呆れてものが言えなかったでしょう。

この前の日曜日が母の日で、子どもたちから母の日のプレゼントを貰って喜んでいたことで、私はすぐに誕生日が来ることを忘れてしまったのかもしれない。 はたまた認知症の前触れか。ワーク・ライフ・ブレンドとかっこいいことを言っていても、ワーカーホリックだったのか等々、寝付きが悪い昨晩でした。

妻と初めて会ったのが私が26歳、妻が23歳でしたから、あれから40年が経ちました。思えばあっという間のような気がします。
銀行マンとして全うすることなく44歳で退職したことが妻には全く想定外だったと思いますが、当の本人も一度しかない人生でそんなリスクを冒すことなど考えもしなかったことです。
この40年間の時代の変貌ぶりは、人の人生に対する考え方を大きく変えてしまったようです。私自身も安定志向の人生からリスクにチャレンジする人生に、コペルニクス的転回がありました。人は年を重ねるに従って、人生への諦めや妥協や柵等々、濁世の波で、幼心に抱いていた純粋な心根が薄汚れてくるものです。人はこれを大人になった、世の中が分かってきたと言うのでしょうが、そんな大人になることは私は願い下げです。 本物の大人は、幼心の純な心根を一生持ち続け、自身に与えられたこの世の使命を果たすべく、人生を駆け抜ける人なのです。

自由のために死するてふ
主義を愛して死するてふ
男の児の意気地今もなお
石に砕きて砕き得じ
(第四高等学校寮歌『北の都に秋たけて』金沢)

混濁よ それ人の世か
紛乱よ それ世の様か
されど悲歌せじ徒らに
吾等の使命重ければ
市の叫びをよそにして
永遠の理想に進まなむ
(第六高等学校寮歌『新潮走る』岡山)

高校時代は、旧制高等学校の寮歌を友と共に高歌放吟したものです。その歌詞は青春の息吹を彷彿とさせるものでしたが、こと前期高齢者になった今、その燃え上がる熱情はどれだけ残っているのかを自らに問いかけて、酸いも甘いも分かった本物の大人が40年前の青臭いが美しい理想の実現を目指して自らと闘いたいと思うものです。

この妻のおかげで今日の私があります。
幼心の心を持って夢を追いかける小林少年がここにいます。
沢山の人達に支えられて夢街道を走り抜けようとしている私がいます。それも支えてくれている人達は、老若男女を問わず、特に女性が多いことも妻のおかげでしょう。

これからは5月16日は有意注意で失念してはなりません。一事が万事です。心しなければなりません。
改めて妻に深く感謝して、夢街道を走り抜きたいと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

横から目線と下から目線で人生にチャレンジする。

14日に金沢市東京事務所に伺い【OUEN塾in北陸】の企画を古谷金沢営業戦略室長にご説明してきました。
6月6〜8日に金沢と富山出張を予定しておりますので、金沢市役所の然るべき部署の方をご紹介していただきたいというお願いです。 古谷さんからご連絡があり、国際交流課、企画調整課、労働政策課、市民協力推進課の方々に【OUEN塾in北陸】のプレゼンをしていただきたいとのお話です。

明後日は羽田から北九州に飛んで、北九州市産業経済局国際ビジネス政策課の方々に【OUEN塾in福岡】のプレゼンをすることになっています。

皆さん、地方のあらゆる都市においては地域活性化の掛け声の下、様々な施策を考え実行に移しておられます。
その中でも福岡市や金沢市は特色ある元気な地方都市ではありますが、地元で学ぶ大学生や留学生が地元に就職しないという悩みを持っています。
福岡や金沢のような魅力ある地方都市であっても、若者たちが就職したい魅力ある企業がないのだろうか。たとえあってもそのような企業を知る機会はほとんどないからなのだろうか。 今までの自治体の企画はやはり上から目線なのではないか。大学生や留学生がどのように考え感じているのかよりも、親や企業の目線で企画しているのではないか。

OUEN塾は学生が主体の、それも就職はまだ先の1〜2年生が対象のイベントです。
一つ、福岡で実績を作ったことで、その展開力は様変わりになりました。
何事もまずは実績です。実績ができると、人は安心してついてきます。世の中はそんなものです。花より団子なのです。
第1回【OUEN塾in福岡】をまだまだ課題があるとはいえ、成功裡に終えることができたことでこのような拡がりが出てきたのです。

謙虚さを失うことなく、ここまでの形になったのは皆さんのおかげだと感謝の心を忘れず、地道にコツコツと実行すること。上から目線ではなく横から目線、下から目線です。 大河ドラマの「西郷どん」では、西郷が奄美大島に流され愛加奈から島の実状について教えを乞うところが放映されていました。
民の苦しみは、島津のお殿様が机上で考えているだけでは国は変わらないでしょう。西郷のような一人の民草の心を分かろうとする素直で謙虚な姿勢こそが国を変えることができるのです。

OUEN Japanは芥子粒ほど微力ではありますが、その想いは素直で純粋で謙虚でありたいと思います。
一つ一つ積み重ねて、人の心を少しずつ変えることができたら素晴らしいと思うものです。

小林 博重

iPhoneから送信

大義に生きることができる幸せ

人間の心は実に弱いものです。シェアハウス融資で投資トラブルを起こしているスルガ銀行の行員たち然り、日大のアメフト部の選手然り。
組織(上司)の命令には身の保身を考えて、銀行員としての職業倫理やスポーツマンシップに反することが分かっていても逆らうことができないのか。昨今の中央官庁の官僚諸氏の不祥事も同類です。

私も20年以上前まで銀行員として20年間働いていたので組織の一員として、上司に「組織を守るために、たとえ間違っていると思っていてもやらなければならないことがある」と、なかなか公には言われませんが、暗黙にまた職場の雰囲気で、「空気を読む」ということでしょうか?

組織の醜さとは、「それに従わないと所属している組織からシカトされてしまう。それは困る」という、人としての大義よりも身の保身を優先するという「人間の心の弱さ、醜さ」に突け込むことなのです。

私の場合、そのこともあり稲盛和夫さんとの出会いもあったこともあり、一念発起といえば格好いいのですが、どちらかといえば44歳の若気の至りで組織を飛び出しました。今となってはそれは間違いではなかったと思っています。多くの人たちにご迷惑とご心配を掛け、私なりに胸突き八丁の道の連続でしたが、120歳までの長い後半人生を考えるとき、「図らずもいい選択だった。これも神様仏様のご加護のおかげだ」と思うに至るようになりました。

ある意味で、植木等が歌うように、
♫サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ♫
ではありますが、またその分悲しい稼業でもあります。
私の性格上、一匹狼の生き方がベターというよりもベストチョイスと思っています。人それぞれですね。

筋を通すこと
自らのミッションを知り、それに従って生きていくこと
人さまとぶつかることなく、お互いのことを思いやり、協力協働して、我がミッションを果たしていくこと

なかなか難しいことだと思います。森の石松の「匹夫の勇」から清水次郎長の「胆勇」にアウフヘーベンしていくことは、凡人ならそこにはドン底の体験をすることが不可欠とまでは言いませんが、その体験が「人間をつくる」のだと思うのです。

絶えず、現状に満足することなく、納豆ならぬ「ネバーネバーネバーギブアップ精神」で人生にチャレンジすることです。

小林 博重

iPhoneから送信

何のために健康を維持するのか。

久しぶりに血圧を測定しました。
5.15 5:30 測定・・・125-55

上が140前後であったため、日赤のお医者さんから降圧剤を飲むように指導を受けて、1年ほど前から飲み始めました。20年間飲み続けている痛風の薬と合わせ、各1日1錠朝食の後に飲んでいます。

人生120年を生き抜くには、健康に真正面から対しなければ100年現役を全うすることができません。
食事と運動について、有意注意することです。

食事は腹八分目。ゆっくり食べること。ベジタブルファースト。月に2回のプチ断食。健康食品を適度に摂る。毎日一万歩。週に2日以上2時間のウォーキング(約16,000歩)。 継続は力なり。何でも三日坊主はいけません。そのためには、このブログが実に有効です。
人間の心は弱いものです。昔は「男は黙ってサッポロビール」という三船敏郎のテレビコマーシャルがありました。意志が強い人は無言実行でもいいですが、そうでない私のような凡人には有言実行が三日坊主防止には絶対的に有効です。

それと人生120年(100年現役、20年余生)を意味ある生にするために不可欠なものは、「生き方哲学」「経営哲学」を持つことです。そして、それを具体化するために、仕事と生活の関係を確立することです。

120年を生き抜く意味は何か?
健康に生きることは、あくまでも手段です。世のため人のために尽くすための健康です。
生きる目的は、世のため人のために尽くすことです。
この基本的考え方を忘れてはいけません。

そのため、私の場合は、ライフ・ワーク・バランスよりもライフ・ワーク・ブレンドです。ブレンドがコストパフォーマンスを最大限に高めるのです。

念ずれば通ず。
思えば叶う。
思念が人をつくるのです。

同じことを何度も何度も繰り返すことで、思いは血肉になるのです。

今日も楽しい仕事が待っています。仕事ができる喜びを噛み締めて、1日を頑張りたいと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

ワーク・ライフ・ブレンドな生き方

働き方改革が叫ばれています。人間の幸せのためには、仕事と生活の調和が大切だと言われます。すなわち「ワーク・ライフ・バランス」です。

私は仕事が趣味のようなもので、仕事以外で趣味は持ち合わせてはいませんが、決して「ワーカーホリック(仕事中毒症)ではないと思っています。ワーカーホリックとは、自分に強い意志がなく、ズルズルと他者に引きずられた人生を送る状態であり、私はそれには全く該当していないと思っています。

私の場合、「ワーク・ライフ・ブレンド」という言葉が一番相応しいと思います。
ワーク・ライフ・ブレンドとは、仕事も生活も区分けなく融合して、両者が活性化している状態です。
私は、私なりの「生きる哲学」を大切にしており、これは何があっても死守するしたいと思っています。
私は仕事と生活が渾然と一体化しており、ここまでが仕事でここまでが生活ということは全くありません。
生活の中でよりよい仕事の発想を得て、仕事の中によりよい生活の発想を得るという、仕事と生活の双方向性があるのです。だから長く仕事をしても疲れないし、生活も仕事のような乗りで、昨今問題になっているブラック企業のようなところは私にはないのです。

大切な観点は、自分の大切にしたい軸(哲学)があって、それを基本としてワクワク・ハツラツに生きているかどうかです。人生をポジティブに生きるということですね。それがどのようなものであっても、その生き方が幸せになる近道なのだと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

楽しかった日光の旅

日曜日、奥日光湯元温泉の朝は、早朝ウォーキングからスタートです。道路は昨夜から降った雨で濡れていましたが、ウォーキングには差し障りはありません。 昨夜の雨は止んで、約1時間のウォーキングを楽しむことができました。
日光温泉寺には野猿が数匹たむろしており、鹿や熊の出没も日常茶飯事なのだとか。旅館にはクーラーはなく、真夏でも扇風機のお世話になることもほとんどないとか。

中禅寺湖畔には明治時代から外交官をはじめとした西洋要人の別荘が数多くあったとかで、午前は英国大使だったアーネストサトウの別荘(後に英国の別荘)と、その並びのイタリアの別荘を見学しました。
軽井沢は避暑地としてあまりにも有名ですが、中禅寺湖のある日光も、夏は外務省が日光に移転してきたかのような、外交官の町になったそうな。午後に見学した日光田母沢御用邸は戦前まで天皇の別荘だったとか。 「日光を見ずして結構と言うな」は日光東照宮の豪華絢爛さを現している諺ですが、日本を代表する避暑地としての日光を現すものでもあるのでしょう。

3時には観光を終えて、3時半過ぎの東武日光発南栗橋行きの急行に乗車、南栗橋で中央林間行きの電車に乗車して青山一丁目で銀座線に乗り換え外苑前まで。7時前に帰宅しました。
妻は思い掛けない「母の日のプレゼント」だったと喜んでいました。私は仕事という趣味を謳歌しておりますが、同様に妻も限りある生を楽しむことを今のうちにしておくのがいいのではないかと、日光の旅でそんなことを思った次第です。

小林 博重

iPhoneから送信

奥日光⑵

日光温泉寺の野猿

湯ノ湖畔の樹林

雪が残る湯ノ湖畔

奥日光⑴

華厳の滝

中禅寺湖と男体山

iPhoneから送信

日光東照宮

見ざる、言わざる、聞かざる

陽明門

眠り猫

iPhoneから送信

平成の長老、石原信雄さんから学ぶ。

朝日新聞5.13朝刊の「日曜に想う」に『平成の長老、平衡感覚』と題して、平成を回顧する企画の取材で、官界の長老である元官房副長官の石原信雄さんから聞いた話が載っていました。

石原信雄さん(91)は群馬県太田市のご出身で、旧制太田中〜旧制二高(現東北大教養学部)〜東大法〜自治省〜自治事務次官を経て、竹下登首相から村山富市首相までの7内閣の官房副長官を務められました。

私は東大同窓会連合会の関係から石原先生に大変可愛がっていただいており、彼の外連味のない素晴らしい人格に心底傾倒しているものです。

朝日の取材記者のコメントにもあるように、石原先生は昨今の政官界の不祥事を評して、究極はバランス感覚の欠如と仰っています。 政官はそれぞれ使命と役割があり、それを真摯に自覚して事に処することが不可欠だということです。すなわち、バランス感覚と謙虚さを併せ持つことです。

人はともすれば、権力を握ると謙虚さを忘れ、事の本質を見失うものです。また、自らの保身のために自らに課せられた使命と役割を見失うものです。人間の心は弱いものであり、謙虚さと切磋琢磨に絶えず心しなければならないのです。

平成の長老、石原信雄さんの平衡感覚に学びたいと思います。

小林 博重

iPhoneから送信