刺激しあって健康寿命を伸ばす。

金沢大学附属高校22回生の関東同期会は毎年開催しているが、今年は10月12日(土)に西櫻亭伊勢丹新宿で行う。こじんまりした高校なので同期は仲がいい。 8月末締切だが、今日現在で16名から参加の連絡があった。まあまあな参加人数だ。

いつも集まるメンバーは決まっている。参加者は暇をしている人ではない。来ない人は多忙な人だからではない。
同期会に対する思いがどうかの問題だ。一般的に参加する同期は皆幸せな人ばかりだ。幸せとはその人の思いであり、いろいろ苦労することがあっても「苦を楽しむ」心境の人なのだろうと思う。だから、そんな人たちの集まりだから、同期会は楽しいのだ。

今朝、金沢に住んでいる同期からメールが来た。金沢に帰って、親の介護をしているのだとか。67歳で、勤めは清掃のパートなのだとか。娘たちはそれなりにバリバリやっているのだが結婚しないのだとか。現代の問題を一手に引き受けているような話だ。

①親の介護で都会から地方のふるさとへ帰らざるを得ない。
②地方では、元エリート会社員でもそれに相応しい仕事はあまりない。
③若い世代は、生活ができたら、結婚をしない選択をする人が増えている。

(1)都会と地方の問題⇨地域活性化をどうするか
(2)少子高齢化の問題⇨健康寿命の延伸と子育てができる社会作り

おかげさまで、私はまもなく67歳になろうとしているが、心身ともに同期よりも元気で社会貢献ができる幸せ者のように思う。まだまだこれから。老人になってもバリバリだけは政治家を見習いたいと思う(精神はノー政治家だが)。

集まる同期がお互いを刺激しあって、せいぜい健康寿命を伸ばしたいものだ。

小林 博重

iPhoneから送信

北九州市を応援する「パッション」を持つ。

北九州市産業経済局の杉本課長から嬉しいメールをいただいた。
再来週に福岡・北九州出張のおり、OUEN塾協賛企業候補を、複数社ご紹介いただけることになった。それも同行していただけるのだ。

[OUEN塾in福岡・北九州]は、福岡県に学ぶ日本人大学生や来日留学生と、主に地元企業との交流を通じて、若者たちが福岡や北九州を知り愛着を持つことにより、地域活性化に貢献することを目指している。 2日間のフィールドワークは、日本人大学生と来日留学生が一緒になって企業研究して企業訪問して、企業のトップや若手諸氏と意見交換をすることだ。

今までは、私が私の人脈を駆使して、福岡の企業を開拓してきたが、第2回から参加いただいた北九州市からは、企業をご紹介いただくという、自治体では考えられない有難いご対応をいただいている。 中でも、杉本課長は明治大学卒。私と同じ東京六大学の仲間だ。特に、東大は本郷、明治は駿河台と、地下鉄では一駅隣の隣組同士だ。
そして、剛毅木訥の明治は私の気性にフィットする愛すべき大学だ(昨今の明治大学は、女子高校生の行きたい大学のトップらしく、大学もイメチェンを図っているようだ。駿河台のキャンパスに行くとその雰囲気は華やかさで溢れている)。

北九州市は昭和38年の5市(八幡・戸畑・若松・小倉・門司)合併以来、北九州工業地帯の中心であり、日本の高度成長期をリードした日本で初めての政令指定都市だ。 しかし、産業が重厚長大から軽薄短小に移行した現在は人口も当時の100万人から95万人を切っている。
北九州市には九州工業大学や北九州市立大学など、優秀な学生を輩出している大学がある。しかし、なかなか北九州市の企業を就職の対象とする学生は多くないらしい。

まずは、学生に北九州市にどんな企業があるか知ってもらうことだ。知ってもらって、彼らが北九州市をしっかりと認識することだ。そして、そのことを友達に口コミやSNSで伝えることからだ。

第1回のOUEN塾で感じたことだが、学生たちは殆ど福岡県の企業のことを知らない。知っている企業は九電とかJR九州とか西鉄とか、日頃目にしている企業くらいだ。 何事、愛するとか生きるとか、人間が幸せな人生を送るにつけ、知ることは全ての原点であり、スタートなのだ。

杉本課長は北九州市を愛しているのだろう。私もOUEN塾を北九州において開催するに際し、そのパッションを受け継いで、同じ温度でOUEN塾を開催しなければならない。いや、そのパッションを持たなければOUEN塾は成功しないのだと思う。

全ては「パッション」と「世のため人のために尽くす」という想いがことの成否を決する。

19日に杉本課長と一献傾ける。実に楽しみだ。

小林 博重

iPhoneから送信

「ふるさとに錦を飾る」ということ

石川県出張の最終日はふるさと能登だ。J casの白根社長同行で、恵寿総合病院と加賀屋とのと共栄信用金庫を訪問した。

[OUEN塾in金沢/石川]は、金沢と加賀と能登の会社訪問だが、その中でも能登については、個別企業の立場は勿論だが、のと共栄信用金庫が地域金融機関として「どの様なビジョンを描いて能登を元気にしていくのか」を大所高所に立って学生たちとディスカスする7時間にしてほしいと考えている。
鈴木理事長は私の想いをよくご理解していただき、私の提案を快諾いただいた。鈴木さんは、東大応援部の大先輩である元大蔵事務次官の篠沢恭助さんの元部下であったこともあり、私には親近感を持っていただいたようだ。真っ直ぐな心が通じ合うということは、物事をスムーズに進めるにおいて不可欠な要素と思う。

フェーン現象で蒸し風呂のような七尾から特急「能登かがり火」に乗り、金沢まで行く。金沢で新幹線「かがやき」に乗り換え、東京に向かう。 金沢で弁当とお酒とつまみを買い込み、二人で一日の疲れを癒す会話と飲食の2時間半を過ごす。ビジネスの進展を見た後のお酒は、殊の外、美味だ。 「酒あれば楽し」
亡き父の口癖がつい口を衝いて出る。

OUEN塾で「能登の活性化」を。
私が中学を卒業してふるさと能登を後にした時、いつか「故郷に錦を飾ること」「身を立て名を挙げること」ができることを夢見た。半世紀前のことだ。それがこの風来坊なのだが、ひょっとして、OUEN塾が私の錦なのかもしれない。なぜなら「OUEN塾で能登の活性化を」の想いが日々熱くなってくるのを感じるからだ。

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや

室生犀星の詩の心が少しは分かる気がする。
やはり、「ふるさとは遠きにありて思ふもの」だ。

小林 博重

iPhoneから送信

ふるさと「能登」を応援する。

昨日はJ casの白根社長同行で、石川県庁(商工労働部、石川県産業支援機構、空港企画課)を訪問した。

1.OUEN塾の協賛企業の現状報告
2.参加学生募集の依頼
3.Jcasによる関西空港⇔のと里山空港の開通による能登地区活性化と、OUEN塾との関わりの説明(私は、J casの顧問をしている)

のと里山空港はANAが羽田便を1日に2往復の頻度で飛んでいる。搭乗率は採算ライン60%を10ポイントも超えた70%以上になっており、ANAは石川県に3千万円強を支払うのだとか。朝のNHKニュースで何度も放映していた。

今日は七尾まで足を伸ばし、加賀屋・恵寿総合病院・のと共栄信用金庫を訪問し、能登地区活性化についてご相談する。七尾は私が産まれた中能登町と隣接した能登で一番栄えている市だ。ふるさと能登の活性化に少しでも貢献できることに心踊る心地だ。金沢が生んだ歌人室生犀星の詩を思う。

ふるさとはとおきにありておもうもの

ふるさととは生涯、心から離れることがないもののようだ。
ちょうど夏の甲子園高校野球大会が始まり、昨日は2日目。石川代表の星稜高校が旭川大高校を1対0で破りに2回戦に駒を進めた。私は石川より東京での生活が圧倒的に長いが、どうしても甲子園は石川代表を応援する。それだけ「ふるさと」の四文字は忘れがたい深く大きな意味を持っているのだ。

私の人生の後半戦に、ふるさと能登の応援ができることを、殊の外嬉しく思う。

小林 博重

iPhoneから送信

東京からふるさと石川を応援=OUENする。

「地域活性化」について考える。
地域の個性を見つけて、それをブランド化すること。国内外から多くの旅行者を呼び込むこと。これらも地域活性化の一つではあろうが、何をおいても「人財の確保」が地域活性化のベースなのではないだろうか。

福岡のような日本一元気な地方都市でも、福岡で学ぶ大学生や留学生は東京を目指す。福岡に根を下ろさない。
人口増加率は東京を抜いて1位だが、それでもピカピカの若者の多くは東京志向なのだ。
私は能登の生まれだが、多感な高校時代は金沢であったこともあり、どうしても他の地方都市よりも金沢に思い入れがある。
北陸新幹線の開業以来、金沢は一地方都市から個性あるメジャーな地方都市になったと思う。国内外からの観光客は増加の一途だ。しかし、人口は未だ50万人には至ってはいない。九州の福岡、東北の仙台、北海道の札幌のような、広域圏の中心都市には未だ至ってはいない。その殻を破るには何かが足りないのだろう。その第一はやはり「人財の確保」なのだろう。

金沢は政官を挙げていろいろな取り組みをしているのだとか。しかし、新幹線で2時間半の時間距離は人財が東京に流れることが多く、今は未だその逆ではないらしい。

OUEN塾は、それに棹差す一助になりたいと思うし、地域活性化の大きな流れを作らないと日本は東京だけが栄えることになり、それは日本の衰退にもつながるのではないかと思う。東京のみならず、地方の至るところが栄えることが日本の再生になるのだと思う。

また、OUEN塾は私の生まれた能登地方の活性化に貢献したいと思う。石川県の半分は能登であるが、人口は20万人にも至っていない過疎地だ。のと里山空港の名の通り、里山が売りなのかもしれないが、人財がいなくて里山だけでは活性化もできないではないか。

如何に石川県を活性化するか。OUEN塾をその一助にしたいと、ようやくそのような気持ちになってきた。
18歳で石川県を出て、東京に根を下ろして、何が石川県の活性化だ、と言われても仕方がないが、今の私ができることは、東京からふるさと石川県を応援=OUENすることなのだ。

小林 博重

iPhoneから送信

ひょんなことから人は心を開く。

昨夜は、絹川商事の絹川善隆社長と金沢工業大学3年生の澤田翔吾君と、room金沢工大前店で、OUEN学生リーダー集めの打ち合わせをした。そのあと野々市の中華料理店の桃花片にて懇親の席を持った。

お二人とお話ししたのは今回が2度目だ。昔からの知り合いのように、打ち解けた楽しい有意義な打ち合わせになった。

絹川商事は絹川社長のお祖父様が初代だ。絹川社長が三代目。お祖父様、お父様もお名前に「善」の字が付いている。本社の入口の石碑には会社のポリシーが記されている。それは、「善の循環」だ。まず、人のために行動せよ。その後で自分のことを考えよと。これは「自利利他」と共通する。 同社は主として野々市市を中心に不動産の仲介をしているが、地域活性化のために建設設計等、不動産に積層させたビジネスを展開している。 金沢工大の学生は部屋探しでお世話になる会社のイメージだが、もっと幅広な会社だということを知ってほしいのだと。
OUEN塾では、社長の人生哲学を学生たちに熱く語ってほしい。

「自利利他」
自利とは、自らを利する意で、自己の解脱(げだつ)のために努力し修行すること。
利他とは、他の人々の利益(りやく)を図る意で、人々の救済のために尽力すること。
大乗仏教では、この自利・利他がともに完全に行われることを理想とした。また利他のために自らの人格を完成することを目ざした。

澤田君は、私が「変わった面白いおっちゃん」だという。だからOUEN塾に興味を持って、リーダーをやってみようと思ったのだと。

何が変わって面白いのか?
それは、何も自分の利にならないボランティアをビジネスに掛ける時間と同じくらいの時間を掛けてしているのだろう。それが不思議で興味が出てきた。だから、学生リーダーになって手伝おうと思ったのだと。

今は分からなくていい。OUENリーダーをしていれば、自然と何が人生で価値があることなのか分かってくるだろう。汗をかいて考えて、身に付いたことが本当の血肉になるのだ。

澤田君に期待することは、まずOUENリーダーを、絹川社長と相談しながら、金沢工大と県立大から5名集めること。頑張ってほしい。

もうすぐ67歳になろうとしている面白いおっちゃんと、50歳の不動産会社の社長と21歳の大学生が、和気藹々と、人生を語り合う。なかなかいいものだ。それがあるからOUENはやめられない。

小林 博重

iPhoneから送信

8月の「ふるさと 金沢・能登」の出張

今日から8日まで、3泊4日で、金沢・能登に出張する。北陸は東京以上に高温多湿だ。これからが夏本番だというのに毎日の猛暑で半ばグロッキー気味だが、私はまだまだ二生16歳。

人生二毛作。
半世紀前の一生16歳のおりは、高校2年生。50歳で人生をリセットして新たな第2の人生を送っている。二生の高校2年生だ。東京大学受験に向け、もう一度性根を入れ直さなければならない。

今朝は午前2時前に目覚めた。6:16東京発のかがやきで金沢に向かう。そのせいか、目が冴えて眠れない。2分歩いて事務所に行き、朝風呂に浸かった。5時過ぎには出かけるが、まだ3時半。ブログの時間だ。

先週、東京駅丸の内の丸善で本を2冊買った。
「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である」(クリスティーン・ポラス著。東洋経済)
福岡市を経営する(高島宗一郎著。ダイヤモンド社)

礼節は最強の武器だ。礼節には、謙虚と感謝がある。
当たり前と思ってもなかなか実行できないのが現実。当たり前のことをコツコツとやっていこう。

OUEN塾は福岡市からスタートした。福岡は私の第2のふるさとでもある。高島市長は獨協大学卒業後、大分放送アナウンサーを経て2010年に36歳で福岡市長に当選。2014、2018年に再選し現在に至る。若い元気な市長だ。福岡を最強都市にした「弱者の戦略」を学びたいと思う。

昨日は、金沢市のぶどうの木本社長が青山の事務所に来社された。本社長とは盛和塾で知り合った。1ヶ月前の金沢出張のおり、ふとOUEN塾に協賛していただきたいと思って本さんの携帯に電話した。10年ぶりだろうか。彼は私より学年は1年先輩だが同じ昭和27年生まれ。彼とはなぜかスムーズにいろいろな話ができると感じていた。彼の人柄だろうか。嘘がないのだ。考え方がピュアなのだ。 昨日は10年ぶりだったが、約1時間強に亙り、ざっくばらんで楽しい話ができた。

今の時刻は4時15分。そろそろ出かける準備をしようか。この1週間が充実した金沢と能登の出張になりますように。

小林 博重

iPhoneから送信

「○○ファースト」と『恕の心』

最近の世界の政治状況は、トランプ大統領が誕生してからというもの、「○○ファースト」がどこもかしこも闊歩している様相だ。勿論、どんな生物でも自らの命を守って生き延びる「本能」があるのだから、「○○ファースト」は当然のことであり、それを否定することは天に唾することでもある。しかし、人は人であるがゆえに人になる。人はひとりでは生きていけないがゆえに、思いやりの心を持って、お互いが助け合って生きることが、自らが一番幸せになる方法だろう。それは論語でいう『恕(じょ)の心=思いやり』だ。

私の哲学は、「利己を極めて、利他に至る」だが、そのベースには、人を思いやる『恕の心』があるのだ。それを極めることは、並大抵ではないが。

「論語」から、

子貢は孔子に聞いた。
「先生、たった一語で、一生それを守っておれば間違いのない人生が送れる、そういう言葉がありますか」
孔子は、「それは、恕かな」と答える。

孔子は、「自分がされたくないことは人にしてはならない、それが恕だと。つまり、思いやりだ。
他を受け入れ、認め、許し、その気持ちを思いやる。
自分のことと同じように人のことを考える。
そのことこそ、人生で一番大切なことだと孔子は教えたのだ。

『小さな人生論』から、

孔子先生は、人生で一番大切なことは、「恕」ではないかな、と言った。
いろいろ大切なものがある中で選んだ末の言葉だ。

思いやりがある人は、他人の立場に立つことができる人。
他人の立場に立つことができる人は、自己肯定ができる人だ。
「私ってすごい」とか、「俺っていけてる」と、いくら自分だけで思っても自己肯定にはならない。

自己肯定とは・・・
誰かの役に立っていると思えること。
自分は誰かに愛されていると思えること。
自分を大事に思ってくれる人がいること。
自分を必要としてくれるところがあること。

自己肯定は、他者からの肯定でもあるのだ。
自己肯定ができなければ、人を受け入れることも、認めることも、許すこともできないし、人を思いやる余裕も持てない。

人の役に立つこと、人の喜びのために懸命に働くことを続ければ、それが自己肯定への早道。

人生で一番大切な、「思いやりの心」を育てたい。

私はまだまだ至らない。

『恕の心』を極めるため、日々の一歩一歩を大切にしたい。精進を重ねたいと思う。

小林 博重

iPhoneから送信

『敬天愛人』とMapフィロソ フィー(3S-Spirits)

『敬天愛人』は西郷隆盛の箴言の中でも特に有名な言葉だ。

道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。
天を敬い人を愛し、天を知り、己を尽くし、人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ねるべし。
天は人も我も、同一に愛し給うゆえ、我を愛する心を以って、人を愛するなり。

東大応援部の精神は、3S-Spiritsに表現される。

1.サービス(Service)
2.サクリファイス(Sacrifice)
3.スタディ(Study)

私の会社である南青山ビジネスパートナーズ(Map)は、Mapフィロソフィーとして東大応援部の精神である3S-Spiritsを掲げている。私はそれを私なりに意訳している。

1.Service 奉仕⇨社会貢献
2.Sacrifice 自己犠牲⇨活私奉公
3.Study 勉学⇨人間修養

世のため人のために尽くすこと《社会貢献》は、全ての人にとって、人として生まれたミッションであると思う。どんな人にも生きるための本能があり、その本能は利己主義に凝り固まっている。しかし、人間が他の生物と一線を画しているのは、理性と感情があることだ。利己主義はピンからキリまである。ピンから始まり、生涯を通じて《人間修養》をし続けることにより、利己主義はアウフヘーベンして利他主義に到達する。利己を極めることにより、利他に至るのだ。利己を極めるとは、自分の個性を最大限に活かすこと《活私》だ。活私ができてこそ、公に奉仕する《奉公》ことができるのだ。
利己と利他は、直線の左右で相反するとものではない。それは、ループになっているのだ。だから利己(自分の幸せ)を追求することを極めることで利他(人の幸せ)に到達するのだ。利己をアウフヘーベンするのだ。
私は、このことを形而上で理解したのではなく、形而下で七転八倒しながら、少しずつ血肉にしてきたように思う。それはMapとOUEN Japan の活動を通じて、私独自の人生哲学になったものだ。

そして、ようやく、西郷隆盛の『敬天愛人』の私なりの解釈ができるようになった。
「天を敬い、人を愛する」ベースには、私の個性を最大限に活かすことがある。

あと53年の長い人生だ。精進に精進を重ねて、世のため人のために尽くす人生を送りたい。

小林 博重

iPhoneから送信

若い応援部OBの後輩と一献を傾ける。

今夕は、応援部後輩の西川和宏君(平成30年卒部、31年レイスグループ入社)が事務所に来て、打ち合わせの後、2階の焼き鳥屋(ひごの屋)で一献傾けた。
レイスグループは「顧問年鑑」サービスで、大手企業を退職した、いわゆる“偉いさん”だった人を、主に中小企業やベンチャー企業に顧問として紹介し、マッチングすれば企業からフィーを支払っていただく人材紹介ビジネスのトップだ。私のような一匹オオカミとは違って、組織としてのビジネスであり、そのシステムはしっかりしている。

私も同社を含め、同じ業務の会社からお誘いを受けたことがあった。情を大切にしたい私のような人間は、新卒ではあるまいし、書面や面接で採否を決めるようなことは性に合わない。

西川君とは、応援部の若手OBでは初めてだろう。初めて「応援の真髄」について話をした。

人生とは何か?
仕事とは何か?
応援とは何か?
哲学を持って生きることが幸せにつながる。
利己主義を極めて利他主義に至る。

利己を深掘りすることで人生は見えてくるし、利己⇨利他から利己=利他に至ることをブレストした。

やはり、西川君は応援部卒だ。意気投合した。彼の顔を見れば分かる。
彼は、モヤモヤしていたことが明るくなったと言っていた。
人生と応援部の先輩として、少しでも役に立つことができれば嬉しい。

私はMapから始めてOUENに至った。ようやく、人生のスタート台に立ったように思う。還暦を過ぎて遅きに失したと思うが、それではその分長生きをすれば良い。経験豊かな分だけ、偉大なことができるだろう。 勿論、ひとりではできることは限られている。人さまのお力を借りて、私なりの組織を作って夢を実現したいと思う。後、53年の長い人生が残っている。

小林 博重

iPhoneから送信