自己観照が幸せな人生を送るポイント

9時40分フライトのANAに搭乗するのに、羽田空港には6時半に到着した。少し早すぎたが、今朝は3時半起床。混んだ電車は3蜜になると思って、5時半に外苑前の事務所を出た。性格がセッカチのせいだろう。いつも待ち合わせ時刻に余裕を持って出かけるくせになっている。ギリギリだと万が一があって遅れることもある。何事も早め早めがいい。余裕ができて、いろいろ考えることができる。

まだまだコロナの影響がある。7時前には空港の売店は半分閉まっている。レストランで空いていたところは1店のみだ。明日(7月1日)からはもう少し正常に近づくのだろうか。

東京のコロナ感染者は高止まりだ。政府も再度の緊急事態宣言を発出するのに慎重だ。よっぽどのことがない限り、発出はないだろう。
若者の感染者が多いとか。夜の新宿ばかり注目されるが、若者は「君子危うきに近寄らず」という諺をきっと知らないのだろう。そして自制という大人の対応をすることができない子どものレベルの若者が感染しているのだろう。

私などは臆病で、前期高齢者でもあるので、3蜜のところには出かけない。賑やか大好き人間だが、今年はお酒を飲む集いには極力出かけない。私が主催するイベントや飲み会は今年は控える。長生きするためにも、体力増強が何より。日々のウォーキングは欠かさない等々。もう「若気の至り」の歳ではないのだ。

自らを知ること。自分の能力はさほどのものではないと自覚したら、道草せず、コスパを意識して、コツコツと努力すること。できる人の力を借りることを恥ずかしいと思わない。自分の能力を人のために使うことを惜しまない。 そうすれば、想いを果たすことができて、幸せな人生を送ることができる。これが私が悟った人生哲学だ。

小林 博重

3泊4日の福岡・長崎出張

今日から7月3日まで、福岡・長崎の出張だ。30日〜1日が福岡、2日が長崎、3日が佐世保で、福岡空港から羽田に帰ってくる。3泊4日の小旅行だ。福岡は常連だが、長崎はまだ行ったことがない。半分、観光旅行を兼ねている。

長崎は、私の中では、観光地のイメージだ。『長崎出島』、『大浦天主堂』、坂本龍馬の『海援隊』、『長崎原爆』、藤島一郎の『長崎の鐘』、クールファイブの『長崎は今日も雨だった』、吉永小百合と渡哲也の『長崎ぶらぶら節』、さだまさしと福山雅治等。まぁ、私とのご縁は全くない県だが、47都道府県の中ではメジャーだと思う。

しかし、長崎は九州7県の中では一番人口の減少率が高い県だそうだ。さもありなん、観光県ではあるが、企業で思いつくのは「ジャパネット」、三菱重工業長崎造船所くらいだ。あまり、若者が働くところがないのだろう。 九州の中で人口が増えているのは福岡県だけ。福岡県の中でも福岡市だけだ。日本の東京は九州の福岡だ。この一極集中が地方創生を妨げている。

石原信雄先生は、東京は日本の都道府県の一つではなく、日本全体を見なければならないと仰っている。同様に、福岡は九州全体を見て、九州の活性化を考えなければならないとも仰っている。 OUEN Japanが福岡で開催しているOUEN塾は、福岡の地域活性化に留まらず、九州全体の活性化に資するイベントに拡大するべきだと。

今回の長崎出張は図らずも石原先生のお話しを体現したものになるだろう。
長崎から九州全体に拡がり、そのリーダーが福岡であるという美しいスキームを、何としても実現したいと思う。九州の地方創生、それは雇用創出につながる。OUEN Japanの目指すところである。

あと100歳まで32年あまり。私のミッションを一つづつ形にしていきたい。

小林 博重

今こそ『地方創生の時代』

OUEN Japanは日本人大学生や来日留学生の応酬団だ。OUEN塾を通して、若い大学生・留学生が協働して地元企業を研究することで、地元への愛着が増す。今まではオフラインで企業訪問することだったが、コロナ禍の中では、オンラインを駆使して創意工夫することにより、その目的を果たすことを考えている。 地元企業を知り理解することで、延いては、企業は就職先にもなるであろう。学生が地元に根を下ろしてこそ地元は元気になる。

そんなことで、福岡県では既に3回を開催した。来年2月には第4回の予定だった。また、石川県では今秋に第1回を開催しようと準備万端だったが、 コロナ禍のせいで、いずれも1年延期せざるを得なくなった。

しかし、『災い転じて福となす』

日本経済新聞6.28の社説に、『コロナ禍が問うもの』と題して、コロナは地方創生を後押しするのでは、ということで、「東京リスク直視し、地方に分散を」と副題を付けて論説している。

現に、緊急事態宣言全面解除から1ヶ月あまりが経った。感染者数は、圧倒的に群を抜いて東京が多い。少しずつ人は外出し、通勤電車も満員とは言わないが3蜜だ。夜の新宿も若者が3蜜などどこの世界かと言わんばかりなのだろう。毎日50人前後、感染者数は高止まりだ。 そしてら在宅勤務やリモートワークは新しい日常になってきている。コロナとの付き合いは長丁場だ。

そうであれば、東京に住む必然性はない。
地方に住んでリモートワークすれば良い。痛勤電車ともおさらばだ。通勤時間はなくなるか、ずっと少なくなる。書斎を確保でき、自然環境も豊かだ。

地方のデジタル化、行政手続きの簡素化、大学のイノベーション、民間投資の呼び込み、医療体制の強化等、様々な課題はあるが、東京一極集中から地方創生へと日本の構造改革が可能になるのではないか。

OUEN Japanもその一助として社会貢献したいと思う。
逆境を磨き砂として、100年に一度の時代の回天を図ることだ。

小林 博重

活動の基軸は競争から協調へ(野依良治先生)

ノーベル化学賞を受賞した名古屋大学教授の野依良治先生はコロナ禍後の世界の在り方について述べている。

野依先生のお話しは、私たちが21世紀を生きていくに当たり、実に示唆に富んだご指摘だ。

「最も注視すべきは現代社会の価値観が本当に正しかったのか、人々に真剣に考え直す機会を突き付けたことだ。
20世紀は戦争と経済に象徴される競争の世紀。21世紀もグローバル化した強欲資本主義で経済成長を追い続けている。世界はその延長線上にあっていいのかと問われている」

「新型コロナとの対峙は国家や組織、個人における勝ち負け、損得の争いではない。災いは全人類に及び、その中での愚かな競争は人道に反する。今や世界は一つの運命共同体として団結が必要だ」

「科学者の最大の喜びは論文の発表ではなく、未来社会に役立つことだ」

「個人の能力には限界があり、活動の基軸は競争から協調への転換が求められる。人類への脅威の軽減は、競争力の強化よりも信頼感のある協力関係の形成によって得られるはずだ」

「新型コロナの蔓延にグローバル化の影響が大きいことは事実だが、グローバル化の負の側面ばかり強調するのではなく、寧ろ自国第一主義こそ回避すべきだ。これが国連の掲げる『持続可能な開発目標(SDGs)』の実現にもつながる」

「政治的な誹謗中傷合戦、経済報復の応酬は世界を分断し、新型コロナを契機に高まった連帯の絆を破壊しかねない。世界共通の目標達成に向けた互恵的連携に転換すべきだ」

「日本らしい創造性を磨き、広く国際連携し、人類社会の持続に資することだ。若い世代の『令和維新』の志に期待している」

私が目指しているOUEN Japanのこれからの目指すところも、そのスケールは比較すべきもないが、私なりの器量で、野依先生のお話しと共通するものだ。

これからの活動の基軸は、信頼感を醸成し、それぞれの得手を磨いて、協調することにより、世のため人のため、人類のために尽くすことだ。

小林 博重

生涯に亙り人生修養に努める。

松下幸之助翁は、国を思う政治家を輩出するために松下政経塾を創ったのではないか。
それにも関わらず、卒業生の中に「国士」たる政治家はいかほどいるというのか。政治屋に堕した政治家が何と多いことか。

2019年7月の参院選を巡る公職選挙法違反事件で、前法相夫妻らに買収された疑いがある地元議員や首長が現金受領を認め始めた。 現金受領を認め市長を辞職した人、辞職は否定したものの丸刈り姿で陳謝した人等、彼ら94人も、買収された疑いがある「容疑者」なのだ。

買収した前法相は、慶應義塾から松下政経塾を卒業したエリートだそうだ。松下政経塾卒業生と言えば「国を思う国士」になるべき人間ではないか。そして、その人は、法を司るトップの法相だ。よりにもよって法を犯した「容疑者」に落ちぶれるとは。松下幸之助翁は泉下で泣いていらっしゃることだろう。

一方、買収された方も買収された方だ。彼らは、有権者から選ばれた選良である。よくもまぁ、どの面下げて議員を務めているのか。

改めて、人間は性弱な動物だと思う。汚れた金とは思っても、目の前にお金を積まれたら、なんだかんだと断ったとは言っているが、本心はお金に目が眩んだのだろう。どんな言い訳も通用しない。

ことほどさように、今の日本には政治家(Statesman)はいない。政治屋(Politician)ばかりだ。では、どうしたら国を思う政治家が生まれるのか。

それは、日々、哲学であり道徳を学び続けることだ。哲人政治家が希求される。

人間は、性弱だが性善だ。だから生涯に亙り人生修養することで、世のため人のため国のために尽くす政治家になっていくのだ。人生修養は性弱をカバーし、性善を確固としたものに変貌させる。

私も「他山の石」と肝に銘じて、生涯に亙り人生修養に努めたいと思う。

小林 博重

目は口ほどに物を言う

「目は口ほどに物を言う」と言う諺がある。
その意味するところは「人間が喜怒哀楽の感情を最も顕著に表すのが目だということから、何もしゃべらなくとも目つきから相手の感情がわかるものだ」ということだ。また、言葉で偽りごまかしていても、目を見ればその真偽がわかるということ。

人間を長くしていると、そして私のような「人と人を繋ぐ仕事」をしていたり、「人ごとのビジネス」をしている人は、人間を見極めることが仕事だから、そのことは自分のビジネスの成否に大きく影響する。

このことは、呂新吾が言っている箴言「深沈厚重なるは、これ第一の資質。豪雄磊落なるは、これ第二の資質。聡明才弁なるは、これ第三の資質」とも通じることだ。

「深沈厚重」とは、どっしりとして重みがあり、落ち着いていて動じないこと。寛容でいて、威容も持ち合わせている様。くだらないことには心を動かされない、確固とした己の信念を待ち合わせている様の人物をいう。
深沈厚重な人物は、得てして、目から鼻へ抜ける、口達者な「聡明才弁」な人物でない人が多いように思う。口は重くても、その思いを目が語っている。その誠実さは目に表れる。「目は口ほどに物を言う」のだ。

コロナ禍でマスクを付けるのがエチケットになっている。マスクをすると鼻や口が隠れて人の表情がわからない。マスクを付けての初対面よりも、寧ろ、Web MTGがいいと言う人もいる。私もそう思う。これからは、Webとリアルのバランスだと思う。
しかし、「目は口ほどに物を言う」ことは真実だ。いや、「目は口以上に物を言う」ものではないか。口を隠しても、目を見ればその人間性は分かるが、その逆はそうではない。口は言葉を発してこそ、その人間性が表れるが、目はそのままで、口以上に人間性が表れるものだからだ。

小林 博重

私のビジネススタイルを確立する。

私のビジネススタイル
①絶えず、ビジネスを哲学する。すなわち、ビジネスに貫く軸を持つ。真っ直ぐな人生を生きる。
②ビジネスを有機的に結合する。すなわち、ビジネスをぶつ切りにしない。
③メリハリをつける。すなわち、ダボハゼビジネスはしない。
④絶えずコスパを念頭に置く。
⑤人生の全てをビジネスのオンにし、オフにする。すなわち、人生を2倍にして生きる。ビジネスを遊びにする。ビジネスを楽しむ。 ⑥自分の弱点を素直に認め、それを補うべくカバーしてくれる人を、掛け替えのない人として感謝し大切にする。
⑦どんな人にも長所はある。人の長所に光を当て、高く評価して、大切にし、仲間にする。
⑧決して無理はしない。ストレスを溜めない。
⑨ネバーギブアップでビジネスにチャレンジする。
⑩嘘はつかない。今はできていなくとも、不退転の努力をすれば未来にはできると思うことを「できる」ということは嘘をつくことではない。すなわち、未来進行形で生きることである。

真夜中に目覚め、昨日ビジネスで人と会話したことを振り返り、こんなことを考えた。

基本は、無理せず、楽しく、人を大切にして、ビジネスをすることだ。ビジネスを、真剣に遊ぶことだ。

小林 博重

人生100年を生き生きと生きるには、

人生100年時代がいわれて久しい。

21世紀に生まれた子どもの半数は100歳まで生きるという推計がある。
日本人の平均寿命は、1980年では男性73.4歳、女性78.8歳だったが、2060年には男性84.2歳、女性90.9歳になるという。当に人生100年時代だ。

日本では60歳定年が主流だ。第二の人生は40年もある。現役時代の蓄えと年金だけでは不安だ。国の財政のこともあり、自助のウェイトを高めざるを得ない。それゆえ、国は「70歳現役社会」を目指しているのだ。

6月に国会で改正された高年齢者雇用安定法は、2021年4月から、70歳まで就業機会を確保することが企業の努力義務になる。

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアには定年がないとか。
「働けるうちは働く」ことは、生活のためもあるが、人や社会とのつながりを得ることで認知症防止の役割も果たすと思われ、健康寿命が伸びることにも貢献することだろう。

戦前はサラリーマンの比率は高くなかった。圧倒的に職人や農業労働者のウェイトが高かった。彼らは生涯現役だ。当に、仕事の最中に倒れる人生だった。職業観はサラリーマンとは真逆だ。 私は、「人生100年時代は、職人の職業観を持って生きる時代」なのではないかと思う。

OUEN塾では、講師が「今ある仕事のうち、およそ半数は2030年までに技術革新、AIによって失われる」と学生たちに話していた。
これからは、人間にしかできない創造的な仕事をする人が生き残る時代だ。そのためのスキルは大切だが、それだけではダメだ。柔軟で豊かな発想、人とのスムーズなコミュニケーションが求められる。魅力的な人間になることだ。

私が銀行の人事部で社員の人事査定をしていた時は、支店長や部長が高く評価した人が人間的にも評価が高い人だと思っていた。
しかし、それから30年以上経って、それは間違いだったと考え方を変えた。

出世する人は、サラリーマンの生き方が上手である人で、必ずしも人間的に素晴らしい人ではない(勿論、そうでない人もいることはいるが)。

サラリーマンで社長になる人は何年かに1人だ。殆どの人はトップになることができない。役員にまで昇った人は、殆どが第二の人生では元気がなくなってしまう人が多い。 それはどうしてかと考えて、思った。会社でトップを目指す人は、それが目的になってしまうことが殆どで、本来の人間が生きる目的を見失ってしまうからではないかと。

定年は、第一の人生の終点だ。「定年までよく頑張った。卒業おめでとう」ということもあるが、定年はやはり寂しいものだ。
私は定年がない人生がベストと思う。辞めるとしたら、自分の意思で辞める生き方が面白いと思う(退職金とか企業年金とかいろいろハンディはあるが、生き方としてそのように思う)。 私は、日本の会社も「定年のない会社」を目指すべきだと思う。

人生100年を生き生きと生きたいと思えば、生活に不安がないお金を貯めておくことも必要だが、もっと大切なことは、「人生如何に生きるべきか」という人間哲学を若い時から考え、人間的成長と、合わせて人間にしかできない創造的なものを生むことができるスキルを身につけることではないかと思う。

小林 博重

『哲学への回帰』は『若さへの回帰』

コロナは、今まで隠れていた人間の傲慢さや醜さを如実に顕在化させているようだ。
その最たるものが政治の世界ではないか。公正で尊敬される政治家(Stateman)不在、私利私欲に走る、自分ファーストの政治屋(Politician)が殆どだ。
「世のため人のため」と志高い想いを持って、政治の世界に飛び込もうと考えている「心清き純粋な若者たち」は、決して、「政治の世界に飛び込むという愚」を犯さないだろう。 本当にこれからの日本はどうなるのか、暗澹たる気持ちになる。

私は67歳。前期高齢者だ。まだまだ若いと思っているが、65歳を超えると労働人口にはカウントされない。67歳は、8掛けで52歳、7掛けで46歳。まだまだ若い。
石原信雄先生は93歳。昨日は、野村証券本社に石原先生をお訪ねしたが、5階は顧問の方々のお部屋のようで、その中でも石原先生は最高齢。週に半分はご出社されるのだとか。秘書もその矍鑠したご様子に驚嘆していた。 世のため人のために働くには何よりも健康でなければならない。それが認知症にならないことでもある。
これからして「人のためは自分のため」ではないか。人のためと思って生きること、働くことは、自分の健康にもつながるということなのだ。

その点から考えると、よっぽどサラリーマンは第二の人生を真剣に考えておかないと、寂しい老後になってしまうと思う。
お金のことではない。どのようにして退職後に、世のため人のために生きるのか、働くのかを考えておかないといけないということだ。 その点、私は20年以上前にサラリーマンを卒業して、長い間、七転八倒しながら、生き方や働き方を考え行動してきたから、その心配はない。

日本橋丸善で、『(完本)哲学への回帰』(稲盛和夫、梅原猛)を買い求めた。
やはり[哲学]が、生きるにおいての唯一のキーワードだと思う。何事も哲学することだ。深く、生きる原点を考え続けることだ。
それが、若さを保つことにつながる。

哲学への回帰は、『若さへの回帰』なのだ。

小林 博重

「大義の御旗」を高く掲げて、

本日、石原信雄先生(元内閣官房副長官)を訪ねて野村証券本社(日本橋)に出向いた。石原先生は同社顧問をなさっている。御歳93歳、10月のお誕生日が来れば94歳になられる。人生は、私の26歳大先輩だ。 私のOUEN Japanの一年の活動報告を快く聴いてくださる。矍鑠として謙虚。26年後の私はかくあるべしと思う。レベルは違うがいいお手本としたい。

今回は、石川県と福岡県のOUEN塾をコロナのため、いずれも1年延期することにしたご報告と、OUEN Japan事業の延長として取り組む「九州の地域創生を目指すプロジェクトのサポート」のご報告だ。

石原先生は、九州の活性化はAll九州共通のコンセプトが不可欠だと仰る。隣同士の県同士が争っていては、活性化するものも活性化しないのだと。 当に『地方自治の神様』『平成の大長老』の方の発言は重い。
地域創生は「人が和気藹々と仲良くすること。喧嘩はしないこと。相手を思いやること」なのだと。全ては人間力が決めるのだ。

私の想いは、[OUEN塾in福岡・北九州]の目的である「福岡県の活性化」を、延いては「九州の活性化」に拡大していくことだ。その一環として、今回のプロジェクトをサポートするのだ。 何事も「大義」がなければ、人は付いてこないし、自分も燃え上がらないものだ。自分に嘘はつけない。自他ともに引っ張っていく牽引力が大義なのだ。

石原先生をはじめとしてほんとに多くの皆さんが私を応援して支えてくださる。

真っ直ぐに生きることだ。
自分に正直に生きることだ。
「大義」の御旗を高く掲げて。

小林 博重