「順境よし、逆境さらによし」の哲学的意味について、私 の考えるところ

今朝3時30分過ぎに起きて事務所に行く。昨夜に福岡出張の準備は済ませておいた。
事務所で朝風呂に入り、再度、持参品のチェックをする。外苑前始発5時5分の電車まで少し時間があったので、少し石川出張の事務整理をする。4時50分過ぎに事務所を出る。

いつもは外苑前→新橋→(京急)→羽田空港だが、今日はモノレールにする。運賃はモノレールコースが京急コースよりも190円高いが、JALの福岡行きは6時25分でANAより5分早いので、9分早く着くモノレールにした。 余裕を持って行動したいので、こんな時は9分早いモノレールだ。何事もTPOが肝心だ。

久しぶりのモノレールなので、いつもの京急よりも有意注意して行動する。羽田空港第一ターミナル(JAL搭乗駅)は終点ではない。 いつもの京急であれば無意注意でも問題ないと思うが、そうでない時は有意注意が不可欠だ。そして有意注意は認知症防止には不可欠な心構えだと思う。

地下鉄の車内広告に「強運」についての書籍が掲出されていた。これをすれば強運になるとか、それをすると運が遠のくということが書かれた本なのだろう。

しかし、「強運」についての私の考えはそうではない。「強運」は心の持ち用次第だと思う。

松下幸之助さんや稲盛和夫さんは「順境よし、逆境なおよし」「順境よし、逆境さらによし」と事あるごとにお話しされている。
お二人とも身に降りかかる全ての事象は、人が順境といい逆境ということであっても、それを全て「心を磨く磨き砂」と考え、前向きに明るい考え方をされるのだ。

時には天は人に順境を与え、逆境も与える。
「禍福は糾える縄の如し」の諺があるが、私は禍の縄と福の縄があってその縄が人生には交互に現れるという考え方はしない。お二人がお考えのように、禍も福も己を磨く磨き砂なのだと考えるほうが前向きな明るい人生を送ることができると思う。

人は禍を悪、福を善と考えるが、むしろそれは逆ではないか。禍は人を謙虚にして、人を成長させる。しかし、福は人に驕りをもたらすことがある。それは失敗の前触れかもしれない。

最近、私に降りかかってきたことは一般的には禍と思われることではある。しかし、それは私を磨く磨き砂と思い、真実一路、心をピュアにして真っ直ぐ地道に進んでいけば、それは成功の一里塚になるのだと思う。

コロナが収まってきた。第6波に備える必要があるが、有意注意を心掛け、真っ直ぐ地道に歩いていけば、道は必ず開ける。私は、そのことを少しづつ実感している。

人さまのおかげで現在の自分がある。それであれば、人さまにそのお礼をする努力を実行しなければならない。
応援とは「援けに応える」ことであり、応援されたら応援して差し上げることが必須だ。応援とはキャッチボールなのだ。
それが人生70年で確立した私の[応援哲学]だ。

小林 博重

無事、今月2回目の石川県出張を終える。

無事、1泊2日の石川県出張(金沢と七尾)を終えて、18時10分金沢発の北陸新幹線「はくたか」で東京に帰る。明日は6時30分羽田発福岡行きのJALにて1泊2日の福岡出張だ。とにかく今週は出張続きで、それもバタバタの日程で、ちょっと身体に堪える。

サッポロビール北陸支社〜北國銀行を終えて、はくさん信用金庫福井さんの紹介で山本献太さんにお会いした。飛び入りの面会だったが、このご縁を大切にしてビジネスを拡げていこうと思う。ビジネスのベースに温かい人間関係がある。そのようなご縁になるのではないかと直感した。

昨夜は雑談の中で、人を紹介してほしいとの依頼があり、早速、そのセットをした。このご両人とも私が信頼がおける人であり、このビジネスマッチングはWin Winになる可能性大だと思う。 伊達に70年間生きてはいない。前向きな人生観と、まずは相手のことを考える恕の心は私の生きる信条である。

転んでもただでは起きない。
人脈が多いということは、ただ多くの人を知っていることではない。人のお役に立つ人脈を多く持っているということだ。
お人の役に立つ人脈とは、紹介する両人ともにお役に立つことでなければならない。それはビジネスのみの人脈ではなく、それ以上の人間としてのつながりがあるべきなのだ。 それは今でいうサスティナブルな人間関係を構築することにつながる。

OUEN Japan は地域創生がミッションだ。特に、私のふるさとである石川県、その中でもまず取り掛かりたいのは、私が中学3年生まで育ち育てられた「ふるさと能登」だ。
地元の企業の皆さん、志ある地元の個人の皆さん、それにOUEN塾の学生諸君、それに首都圏をはじめとした全国展開をしているOUEN Companyの有志の皆さんが応援団として加わる。 能登の地域創生がモデルになって、それを福岡をリーダーとした九州北部(福岡、佐賀、長崎)に拡げていきたい。

夢を夢で終わらせてはいけない。
これからの私の後半生は、描いた夢を現実にすることだ。その想いが私の生きるエネルギーになっている。

小林 博重

能登の地域創生を考える。

OUEN Japan=小林 博重のミッションは、以下の通りだ。
⑴日本に学ぶ大学生および来日留学生を応援すること(OUEN塾)
⑵学生たちを応援してくださる企業の皆さん(OUEN Company)同士をつなぐことで、彼らを応援すること(ビジネスマッチング、およびビジネスコラボレーションサポート) ⑶学生たちとOUEN Companyの皆さんが協働して地域の創生をする、その仕掛け人になること

午前は浦建築研究所の浦社長と、午後はのと共栄信用金庫の鈴木理事長と、能登の地域創生について意見交換をした。

能登は日本の過疎地の中でも先端を走っている超過疎地だ。
しかし、能登の美しい自然や海山の美味な食材は、都会に住む人間にとっては実に魅力的であり、そのポテンシャルは極めて高いものがある。 OUEN Japanのネットワークをフル活用することで、その潜在的魅力を顕在化することは決して不可能なことではない。

地域創生には「若者」と「バカ者」と「よそ者」が不可欠と言われる。あくまでも地域創生の主体はその地域に住み働く人たち(個人と法人)であるが、OUEN Japanの持つ「若者」「バカ者」「よそ者」が黒子となって、能登の地域創生を応援したいと思う。

今までのOUEN Japan=小林博重は超アナログだった。アナログこそ、そこに心があり、熱がある。心や熱が全てを動かす原動力である。しかし、アナログだけでは気持ちが先行するのみで、その心や熱を遍く伝道させることができない。そこにデジタルというサポーターが加わることで、OUEN Japan のミッションを果たすことができるのだ。 その意味で、ankはOUEN Japanが今まで持っていなかった最大最高のパートナーなのだ。

久しぶりに片町の「かぶ菜」を訪ねて、日本海の珍味を堪能した(11月6日がズワイガニの解禁であり、特にメスの香箱蟹は年明けから禁漁になってしまう。今しか堪能できない。そんなことで真っ先に香箱蟹を注文した)。

「かぶ菜」の若女将前田有紀さんは、LNSジャパンの戸田相談役にご紹介いただいた。コロナで1年以上ご無沙汰していたが、ちゃんと黒霧島のボトルは残っていた。 これから地域創生ビジネスで石川県出張を再開させる。そんなことで「かぶ菜」にも頻繁に通うことになるだろう。

今日一日、金沢の企業回りをして東京に帰り、明日は一番のフライトで福岡出張だ。
今週は超過密な出張が重なる1週間になるが、心身を安定させ、素晴らしいご縁をいただく1週間としたい。

小林 博重

『人さまとのご縁』を大切にする。

今週は出張三昧の1週間になる。

今日(15日)は先週同様、朝一番の北陸新幹線で金沢に出張する。そして、「七尾の街づくり」提案を浦建築研究所の浦社長とのと共栄信用金庫の鈴木理事長にプレゼンする。加えて、YouTubeにリリースするため、鈴木理事長との「能登の地域創生」をテーマにした対談を撮影する。

16日は、サッポロビール北陸支店、午後はナックス同行にて北國銀行と北陸地区信用金庫協会を訪問し、夕方に帰宅の途に着く。

17日は、朝一番のANAで福岡出張。午前はゼオライトと打ち合わせ、午後はマリンメッセ福岡で行われている[しんきん合同商談会]に参加する。夕方には明治安田生命訪問。夜はOUEN塾OB・OGたちとの久しぶりの会食を楽しむ。

18日は朝一番のJALにて東京に戻り、11時に所沢の山田食品産業を訪問する。

ちょっとドタバタなのだが、別々の案件で効率的なスケジュールにならなかったのは致し方ない。移動時間は睡眠時間にしようと思う。

昨日は安藤裕美さんが事務所にいらして、表参道のまい泉でランチ。妻も同席した。妻との外食はほんとに久しぶりだ。
一人娘のような裕美ちゃんとのランチは親子水入らずで楽しいひと時を過ごした。

11月28日(日)に、裕美ちゃんが気のおけない仲間たちに声かけして、西櫻亭伊勢丹新宿にて私の誕生日会を開催してくれる。合わせて6人くらいのパーティーになる予定だ。 みんな、ご多忙のなか、よく集まってくれる。ありがたいことだ。

私は、高校や大学の同期会や同窓会を幹事で開催することが多いが、いつも参加してくれるのは多忙の如何を問わず、心ある人たちだ。なんだかんだの理由で不参加の人の中には、断る言い訳に多忙というケースが間々ある。幹事をしていると、相手の反応でそのことがよく分かる。だから、集まってくれる人たちには感謝し大切にしたいと思う。

特に私は、『人さまとのご縁』がビジネスのコアになっている。
私の生きるベースになっている『ご縁』を何よりも大切にしていきたいと思う。

小林 博重

私なりの「リカレント教育」

『人生100年時代』と呼ばれるようになった。
漫画「サザエさん」の波平はまだ50歳代だ。結構お爺さんだ。まもなく定年なんだろうが、定年後の余生はせいぜい10年あまりだろう。 しかし、人生100年ともなると、余生は余生ではなくなる。それまでの社会人人生と同じ期間の人生が残されていることになる。
趣味にのめり込む人生というわけにはいかなくなる。大袈裟に言えば、「人間は何のためにこの世に生まれてきたのか」という哲学的な思索が不可欠な時代になったと言える。

「リカレント教育」という言葉をよく聞くようになった。検索エンジンで「リカレント教育」を繰ってみた。

「リカレント教育」とは、義務教育期間や大学で学んだ後に、「教育」と「就労」のサイクルを繰り返す「教育制度」のことを指す。 スウェーデンの経済学者レーンが提唱し、1970年代に経済協力開発機構(OECD)で取り上げられたことで、世界的に知られるようになった言葉だ。 もともとの「リカレント(recurrent)」という単語の意味は「反復」や「循環」であり、ビジネスシーンでは「回帰教育」や「循環教育」と訳される。 社会人になってからも必要に応じて学び直すため、「学び直し教育」とか「社会人の学び直し」とも呼ばれている。

すなわち、教育→就労→教育(リカレント教育)→就労ということだ。

私の友人たちの中にも、大企業の幹部を経験した後で、再度大学を受験し子どもたちの年齢の若者と一緒に学んでいる人は決して珍しくはなくなってきた。私からすれば、そのチャレンジ精神に脱帽してしまう。

では、私の場合はどうなのか。

私は大学を卒業して銀行に入り、そのまま、(社員→役員を経て)定年まで勤め上げていたとしたら、そしてその時、大学を受験するレベルの学力が備わっていたとしたら、リカレント教育で大学受験というコースを選択していたかもしれない。

しかし、如何せん、44歳で中途退職し七転八倒の人生を彷徨ってしまったことで、回帰は回帰でも、「第一の生を終えて第二の生に生きる」というコースを選択したのだ。

すなわち、古稀(70歳)を機に、
「生前葬」から「出陣式」を経て、第二の生のスタートを切る人生を選択し、120歳の天命を全うしたいと思うようになった。
これが、一旦、生きたままで死んで、生まれ変わって第二の生を生きるという「私なりのリカレント教育」なのだ。

同年代の友人たちと四方山話をすると、人生の考え方にギャップを感じることが多くなってきた。

それは、彼らは人生100年を一本道で走ろうとしているからなのではないか。
皆さん、利口な人たちばかりだから「リカレント教育」で自らをリフレッシュしているのだが、それが基本的には一本道であるがゆえに、よっぽど意志堅固でないとダラダラとして疲れてしまうのではないか。

私は第一の生を葬って、新しく第二の生を生きようと思うから、そのリフレッシュさは半端ないということではないか、と私なりに解釈している。

人生は長いが長いままでは弛れて(だれて)しまう。
私のように人生を切ってしまえば、新たな燃える青春がスタートし元気潑剌と第二生を送ることができるのではないか。

そんな勝手なことを思っている。

小林 博重

無事、北陸出張を終える。

11〜12日の1泊2日の北陸(富山、金沢)出張を無事終えることができた。杉常務と金沢駅で、ホッと一息、海の幸を堪能する。仕事の後の美酒は一際心身にしみる。

本日、OUEN DANCHOのホームページがリニューアルしてリリースされた。
https://ouen-dancho.jp/

いくつかの修正があり、OUEN Japan(OUEN塾)とOUEN Companyおよび南青山ビジネスパートナーズ(Map)のホームページも修正が必要だ。

まずは、私の想いをOUEN DANCHOホームページに表現しようと思い、リリースしたものだ。この想いは私の第一生の総括であり、第二生のベースになっている。これからの50年の後半生のコアの想いだ。

まずは想うことから始まる。想いがあって、その想いを果たそうと行動がついてくる。知行合一だ。

ゼオライトの杉常務と一献傾けながら、仕事のこと、仕事を通じた人生を語り合う。

同社には「ゼオライトフィロソフィー」という手帳があると言って、彼はその手帳を見せてくれた。稲盛哲学の実践を社員全員で取り組もうというものだ。素晴らしい。
京セラには「京セラフィロソフィー」、日本航空には「日航フィロソフィー」がある。ベクトルを同じくして、夢に向かって一丸となって突き進むのだ。

私は一匹狼として、私独自の応援哲学を持っているが、このような同じ想いで一丸となる組織の強さにも憧れる。
形は同じではないが、想いは同じだ。私のことを「それは蝙蝠ではないか」と人は言うかもしれないが、私もその仲間に入れていただきたいとの想いも持つ。それほど「○○フィロソフィー」は私には魅力がある。

昨日、今日と、最近嗜んでいなかったお酒を嗜み、北陸の美味に舌鼓を打った。そして、いつものウォーキングはできなかった。ちょっと健康には宜しくない。明日と明後日の土日は健康を意識した連休にしようと思う。

北陸新幹線はくたかで東京に帰る。12月にはまたふるさと北陸を訪ねようと思う。

ふるさとはとおきにありておもうもの

小林 博重

久しぶりの北陸出張

11〜12日は1泊2日の北陸(富山、金沢)出張だ。11月中旬にもなると、北陸は冬の様相を呈する。関東の抜けるような高い青空、カラカラの乾燥した空気とは真逆だ。どんよりとした低く暗い雨空、たんまり湿気を含んだ空気。富山駅に降りると「あぁ、ふるさとに帰ってきたんだ」と懐かしい気持ちになる。

昭和27年11月、私は能登に産まれた。今月8日で満69歳になった。
中学生まで能登に育ち、金沢にも出かけたことは数度。東京へは中学3年の時の修学旅行に一度行った切り。昭和39年の東京オリンピックは小学6年生で、柔道やバレーボールは小学校の教室でクラスのみんなと観たことを鮮明に覚えている。
高校は金沢大学附属高校。自宅から高校までは2時間近くかかるため、金沢市寺町の硲(はざま)さん宅に下宿した。富山出身の1年先輩がいて、私と富山出身の同期が新たに入った。私が住んだ3年間は多い時は4人の下宿人がいた。朝と夕はおばさんがつくってくれる食事をお座りして食べる。時々苦手な食事が出てきた時には食事はなかなか進まないで足が痺れて困った。
大学受験で2月に上京した時は、東京の空の高さと青さ、カラカラの空気に感動にも似た驚きを禁じ得なかった。やはり東京は金沢とは違う。歌で歌われるように、東京は「花の都、東京」だと。田舎っぺの感想だ。 なぜか富山の曇天を見るとそんな幼少の思い出が蘇る。やはり北陸は私の忘れられないふるさとなのだ。

ゼオライトの杉常務と同行の旅だ。富山の竹原工務店の竹原社長をご紹介し、夜はチェーン店ではない、こじんまりとした富山らしい居酒屋で北陸の味を堪能した。竹原さんとは知り合ってせいぜい3年あまりだろう。幼馴染みのようになんでもザックバランに話すことができる。杉さんとは6カ月。こちらも竹原さん同様。そんな2人だから、私を介して、すぐ、ザックバランに話す仲になった。
これが私の得手とするところだ。私の得手はこれしかない。この歳になって得手を増やそうとは思わない。増やそうとしてもしんどくてその気にならない。若くないとはそういうことだ。若い人は決して私の真似はしてはいけないと思う。

ドーミーイン富山で1泊する。ベッドに伏せってこのブログを書いている。これから朝風呂に浸かり美味しい朝食をいただこう。ドーミーインはビジネスホテルの中でも温泉と朝食が格別だ。来週月曜日は金沢のドーミーインに泊まる。ビジネスホテルは共立メンテナンスのドーミーインに限る。

小林 博重

類は友を呼ぶ

昨日は久しぶりに眞鍋さんにお会いした。

何年前のことだったろうか。眞鍋さんが第一三共の社長に就任されて少し経ったころだ。私は赤門鉄声会(東大応援部OBOG会)の幹事長として、彼を日本橋本町の本社にお訪ねした。赤門鉄声会の年次総会での記念講演をお願いするためだ。その時、彼はご多忙にも関わらず快諾してくれた。

また、1年ほど前だったろうか。私が四ツ谷近辺をウォーキングをしている時に眞鍋夫妻にお会いしたことがある。夕方だったように思うから、春か秋だったのではないか。とても微笑ましい仲の良いご夫妻と感じた。眞鍋さんならさもありなん。私では考えられない。

そんないくつもの接点があって、今回も私の申し出を快諾いただいた。

金沢大学附属高校、東京大学応援部、安田信託銀行と、私の春は45歳まで続いた。皆さんに可愛がっていただいて身に余る順風満帆の春を送ることができたと思う。 その時々にご縁をいただいた皆さんには、45歳から70歳のこの25年間、私の夏のことあるごとにご厄介になっている。ありがたいことだ。

盛和塾では本当に多くのことを教わった。
『忘己利他(もうこりた)』『無私利他』は極限の『利他』だ。稲盛さんでもご自身は「そこまでは達観していない。毎日の反省で、生涯に亙り心を磨き続けることだ」と仰る。 私のような凡人はそのレベルは遥かに遠く及ばない。私ができることは、自分の得手をフルに活かして世のため人のために尽くす『活私奉公』だ。 私を滅することはそれで終わりだと思うから、得手をフルに活かすことによって社会に貢献することは、私でもできることではないかと思うからだ。 そのためにも自らを知ること。ソクラテスが言った「汝自身を知れ」は活私奉公のためのスタートではないかと思う。

『類は友を呼ぶ』
ありがたいことに私の周りには多くの「心清い友」が集まって来てくれる。

「来る者は拒まず、去る者は追わず」が基本であるが、「来る者」の中にはあまり来てほしくない人も偶にはいる。修行を摘まないとなかなかその見極めができない。私は少しずつ成長していると思うが、まだまだだ。もっともっと修行が必要だ。いや、生涯修行なのだろう。

また、いろいろな事情で「去る者」はいる。私の未熟さから去っていく人もいる。それをあえて追わないことだ。追ってどうなるものでもない。 私の基本はウエットだが、時にはドライになって心を軽くすることが大望を果たすことに近づくことになる。

『失意泰然』
信頼する友が去ることは失意である。泰然として構えることだ。
淡然は得意の時の心構えだが、失意の時は泰然と、そして淡然と、この二つを併せて構えることだろう。

齢70、古稀になって、漸く、子どもから大人へと成長していく自分を見る。遅かりし由良之助であればこそ、天命を120歳と考え、世のため人のために尽くすことだ。

小林 博重

偉くなった人、偉くなる人の特徴

鬱陶しい雨は上がり、今日は爽やかな秋晴れの1日になりそうだ。

やはり、ずっと雨続きの一日は心が滅入り、体調も芳しくない。そのせいで、昨日はどうしても調子が出ず、17時過ぎには帰宅し珍しく長風呂に浸かり19時過ぎには床に就いた。孫たちの上前を行っている。

20時過ぎに裕美ちゃんから電話をもらった時には寝入ったばかり。気がついて電話をとったが電話は切れてしまい、私からかけ直した。 裕美ちゃんは「起こしてしまった」と恐縮していたが、20時過ぎに電話をしても全く遅くはない。私が勝手に早く寝ているだけだ。

普通の生活をしていない一匹狼はそれ自体が「ジコチュー」なのかもしれない。「相手のことを考える『恕の心を持つ』ということはなかなか難しいことだ」と我ながら考えさせられた。

今朝は珍しく5時過ぎまで寝ていた。何回か起きたが、10時間は床に伏せっていたことになる。
「寝る子は育つ」の諺通り、やはり、心身の健康に就寝は万能薬と思う。

今日は、午前に2時間ウォーキング、午後は第一三共の眞鍋社長訪問だ。

眞鍋さんは東大応援部の2年後輩。応援部では吹奏楽団でトロンボーンを吹いていた。穏やかな気性で、ガラッパチの私にも快く接してくれた。人間ができている人はこんな人のことを言うのだろう(概して、吹奏楽団の部員は人間ができている。私が属していたリーダー部は、結構曲者が多い。私もその内の1人、その中でも別格総本山というところか)。

東大応援部のOBOGの狭い人脈で見ると、一般的に偉くなった人は吹奏楽団卒が多いような気がする。リーダー部卒はそうでもない。 世間的に偉い人が人間的にできた人か、幸せか、は全く別次元のことだが、曲者は社会に出ても余り偉くならないようだ。

社会に出て半世紀近くになるが、銀行での8年の採用経験や一匹狼として人の品定めをしてきた身として思うことは「社会人として偉くなる人は、バランス感覚を持っている」ということだ。このことは結果として出世した人に限らない。本質的に「人間としてできた人はバランス感覚を持っている人だ」ということは真実なのではないかと、私の経験からそう思う。

私は、一般的には偉くなり損ねた一匹狼だが、人間として「心を高める」ことを生涯追求していきたいと思う。素直な心で、偉くなった人からも、偉くならなかった人で人生を真っ直ぐに歩いている人からも、全く真逆の「心の汚れた人」からも、多くのことを学びたい。

あと50年、半世紀の人生だ。どこまで成長することができるだろう。自分の成長を楽しみながら、後半生を送っていきたいと思う。

小林 博重

池田智子さんのFBへの投稿

池田智子さん(東大応援部後輩)がFBに投稿いただいた。

YouTubeとブログをご覧いただいての投稿だ。

ありがとうございました。

小林 博重