blog

withコロナの経営に大切なこと

コロナは我々に沢山のことを教えてくれた。

第一に「原点に帰れ」
第二に「長期を見据え、短期を確実にこなせ」

星野リゾートの星野代表は「日本人による国内旅行を通じて地元の観光力を強化する『マイクロツーリズム』を提唱している。

日本観光はインバウンドを強化してきたが、世界的に見て地元の魅力が何なのかを把握し切れていない弱みがあったと。足元を見つめること。地元の魅力を再発見することだ。「原点に帰れ」ということだ。

そして、長期的な計画を立てることが重要だという。
withコロナの社会は、自粛期と緩和期が繰り返される。一喜一憂することなく、どのように事業の継続を図るか、大局的見地から計画を立てることが大事だと。 今は、県内の顧客をターゲットにする→次に、首都圏や関西圏に拡げる→最後に、インバウンド顧客を取り込む

観光業の再生には、異業種との連携が日本の観光の力はコロナ感染前よりも強くなる可能性があると。

そして、星野代表は「我が社の倒産確率は30%」と題したブログを書いた。
なぜ?
「危機の局面では『正直さ』が一番大切だから」と。社員は「倒産しないために何をすべきか」をみんな自分の頭で考え始めたと。

また、ANAホールディングスの片野社長は、コロナ危機が始まるとすぐに資金確保に動き、5月末までに手元流動性を1兆円近く積み増した。 非常時には利益や顧客満足度といった平時の指標は意味を失い、何よりキャッシュが重要であり、基本原理を忠実なアクションを取った。

一匹狼の私にも、OUEN Japanを永続していくために大いに参考になる考え方であり、対応だ。

小林 博重

無事、7月の石川県出張を終える。

昨夕[OUEN塾in金沢/石川]学生リーダーのリアルな打ち合わせを金沢片町の「学生の家」で4ヵ月振りに行った。
学生リーダーたちは毎週Zoom MTGを行っているが、彼らも4ヵ月振りのリアルMTGだ。この4ヵ月、コロナがあって先は見えなかったが、その分学生リーダーは彼らたちが自主的にOUEN塾を運営する機会を与えられたのだ。想像以上にオンラインのOUEN塾(第0回)の段取りを考えた。手取り足取り、橋の上げ下ろしまで指図するより、彼らは逆境をバネにして大きく成長した。

リーダー統括が7月に第0回の詳細を私宛に報告して、私が協賛企業27社に連絡し、8月に学生リーダーたちが協賛企業をフォローする。そして、9月には第0回OUEN塾を2日間に亙って開催する予定だ。
福岡は動画を制作する第3.5回OUEN塾になったが、石川は石川の学生リーダーたちが独自に考えた第0回を開催する。同じことをする必要はない。自分たちのOUEN塾を創意工夫して開催してほしい。それが彼らたちの成長に繋がる。

久しぶりのリアルMTGだったので、学生リーダーも16名集まったこともあるし、片町の居酒屋でコロナを意識して3テーブルに分かれて懇親の席を持った。男女は半々で、圧倒的に女性が占めている福岡とは様変わりだ。 九州の女性は、「男勝り」なのか。石川の女性は、男性の3歩後を歩く「大和撫子」なのか。いずれにしても、ガッツある女性陣だ。それを男性が支えている。

今日は、小松大学を訪問し、国際学部の先生に、同大学の学生さんから複数の学生リーダーを推薦いただくお願いをした。
学生リーダーになれば人間的に大きく成長できると思う。前向きにご検討いただけるようだ。

午後は、絹川商事の絹川専務と会宝産業佐藤社長室長と意見交換した。
OUEN DANCHOは、ボランティアのOUEN JapanとビジネスのOUEN Companyの2つのバランスを目指している。OUEN Japanは学生リーダーが主体となって運営するところまできたが、これからはOUEN Companyの成果をあげなければならない。

今回の出張では、OUEN Companyの足掛かりをいくつか作ることができた。一層拍車を掛けていきたいものだ。

金沢からはくたか572号で東京に向かう。金沢16:50〜東京20:00。3時間10分の乗車時間だ。かがやきは2時間半だが全て指定席だ。はくたか自由席はコロナのせいか、乗客は疎らで、ゆったりと座っていける。早ければいいというものではない。

2泊3日の石川県出張を無事終えて東京に帰宅する。明日と明後日、今週はまだ2日残っている。アポはしっかり入っている。手を抜かず、今週はあと2日、頑張りたい。

小林 博重

4ヵ月振りの石川県出張

3月以来4ヵ月振りの石川県出張だ。北陸新幹線はくたかで3時間かけてお昼前に金沢に到着した。

東京はここ数日、コロナ感染者が100名を超えている。第二波の入り口か。はくたか自由席の乗客は疎らだ。不要不急の県外への移動は自粛要請があるからだろう。
現に今日アポをいただいていた七尾市の恵寿総合病院の進藤本部長から「お越しいただくのを中止していただけないか」とメールがあった。病院は特別にコロナ感染を意識するのだろう。残念ながら訪問は控えることにした。

金沢駅舎2階の「廻る回転寿司 すし玉」でランチをいただいた。「すし玉」は片町本店の「玉寿司」が経営する回転寿司店だ。しかし、コロナのため、寿司は廻っていない。タブレットで注文するスタイルだ。 それなりに店に顧客はいたが、ソーシャルディスタンスで一席ずつ席は空いている。

午後は本多町の浦建築研究所の浦社長と鈴野専務を訪問し、長崎案件のご相談をした。やはり「蛇の道は蛇」だ。ザックバランスに相談できる、その道の人がいることは「事を進める」には不可欠だと思う。そんな人間関係を築いているのも、ボランティアでOUEN塾を続けているからだろう。
オンとオフは境目がない。サラリーマンはオンとオフをしっかりと分けることが「新しい働き方」なのだというが、そんなことはない。心豊かな人生を送るためには、オンとオフの境目はあってはいけないのだ。全ての時間がオンであり、オフである人生が、二倍の人生を送ることができるという意味で、豊かな人生を送ることになるのだ。

夕方にはNHK金沢支局の小川支局長を訪問し、地域創生とOUEN塾、ジェイキャス航空の能登空港⇄関西空港の就航計画の話をした。
小川さんは金沢大学附属高校34回生だ。私は22回生で、私より一回り歳下だ。金沢大学附属高校は1学年が3クラスのこじんまりした高校だ。私の頃は1クラス50名強だった。小川さんは45人前後。今は40人クラスだ。女性のウェイトは私の頃は1/5、小川さんは1/3。今は1/2。時代は変わる。しかし、不易流行。変えてはいけない伝統や心根がある。それを変えることは人間の芯=心がなくなることだ。心したい。

夜は、ジェイキャス航空白根社長と大石さんと私の3人で、金沢百番街のおでん屋で「金沢おでん」を堪能した。なぜか金沢は「おでん」がB級グルメになっている。「金沢カレー」も然り。餃子は宇都宮と浜松が競っている。

「なんでか?」
理由はないのだろう。要は、知恵と工夫だ。ふるさとを如何にアピールするか。それも自分だけというのではなく、みんなで協力して一体になるという「これからの生き方」を地道にコツコツ積み重ねることだ。

今日は、能登の七尾。雨模様だが、羽咋の千里浜ドライブウェイをレンタカーで走ってみよう。
4ヵ月振りのふるさと能登の風景を味わう1日にしよう。

小林 博重

これからの『危機の時代の生き方』

産経新聞朝刊(7.2)の「コロナ・・・知は語る」で、作家の瀬名秀明氏は語っている。

瀬名氏は危機に備え、各分野の専門知識を結集し国の針路となる「総合知」を形成していく大切さを訴える。

〜『総合知』への夢は抱きつつも、一人ですべてを判断できるようなゼネラリストは存在しない。
危機に対処するためには『専門知』を集めて全体を見渡す視点がいる。科学や経済、政治、歴史、心理学といった多様な分野の専門家がお互いに敬意を抱きながら問題に向き合い、日本や世界を良い方向に導くストーリーを描き出す仕組みが求められる。

大切なのは前向きに希望を持って生きること。自分もプレーヤーとして『こうすれば勝てる』という気持ちで常に臨むことだ。

個人主義の現代、私たちは『自分さえ助かれば』という自己中心主義に陥りがちだ。だがパンデミックでは個人を超えた社会全体の意識が問われる。 危機の時代こそ、自分とは違う他者の心を想像し他人のためにできることをする『利他の精神』が求められる。
自己愛の限界を超え、その先を想像すること・・・。そんな人間らしい感情を一人ひとりが伸ばしていけば希望が見えてくるかもしれない〜

私が考える『これからの生き方』は間違ってはいないのだ。
信頼できる皆んなが協力し合って、大局的見地から『世のため人のために』と『利他の精神』で明るく楽しく夢に向かって邁進することが、これからの『危機の時代の生き方』なのだ。

小林 博重

ストレスなく、コロナウイルスと共存する。

ここのところ、東京ではコロナ感染者が100名を超える日が続いている。都道府県を越えた移動が緩和されたせいなのだろう、首都圏のみならず、その他の道府県も増えている。第二波の前触れなのか。

再度の緊急事態宣言はよっぽどのことがなければ発出されないだろうが、今こそ、ここは日本人の賢さを発揮する時ではないだろうか。

ウイルスと戦い、ウイルスを滅ぼすと考えることは人類の驕りでしかない。人類の誕生以来、人類はウイルスと共存して生きてきた。であるなら、如何に賢くウイルスと共存していくかを考えよう。

この新型コロナウイルスはここ半年で世界を席巻した。グローバル社会がその速さの原因だ。国境を超えた人の移動がコロナウイルスを世界に拡散した。そのスピードは想像を絶するものだ。 世界至るところに人が介したウイルスが潜んでいる。私の周りにも、私には見えないが、ウイルスはいる。

「3蜜はいけない。人との長い接触を避けよう」と言うのは、人はウイルスを持った悪と言うことではなく、ウイルスは人を介して人に伝わるということだ。決して人は悪ではない。私たちは、そのウイルスを自分の体内に入れないことに意を尽くすことだ。

それは至極簡単なことではないか。
それは、厚生労働省が言っている「新しい生活様式」を守ることで、コロナウイルスが体内に入ることを避けられる。
日々の経済活動を続けながら、「新しい生活様式」を守ることは、賢い人であればできることではないか。

今までの生活様式に戻ることを前提にするからストレスが溜まるのだ。ここは、発想の転換をすることだ。180度のコペルニクス転換をしてみたらいい。無理なくコロナウイルスと付き合っていくことができると思う。

おかげで、私の生活様式は今までとは様変わりになった。ちょっと人付き合いは悪くなったと思うが、私にはちょうどいいのかもしれない。

要は「何のために人は生きているのか」を考えながら生きることだ。人が生きている原点に立ち戻ることで、コロナウイルスと仲良く共存できるのではないかと思う。

小林 博重

長崎出張を堪能する。

朝8時に福岡空港傍のホテルを出発して長崎市に向かう。10時10分には長崎市内に到着。

長崎市の人口は40万人強。金沢市(46万人くらい)よりも少し少ない。市内に入ると市内電車が走っている。

11時の長崎県庁のアポまで時間があるので、稲佐山公園まで足を伸ばす。野外ステージはさだまさしがコンサートを開催するので有名だ。 稲佐山頂上にはロープウェイで登ることができる。そして、長崎市内が一望できる。ちらほら教会が見える。山腹には空くことのない家並だ。石畳の坂道。これがオランダ坂か。 海峡の街、函館と瓜二つ。教会、外人墓地、坂のある街、市内電車。稲佐山から見る夜景は、神戸、函館と並び、当に100万ドルなのだろう。異国情緒漂う街だ。

お昼は老舗中華料理店の「四海樓」で長崎ちゃんぽんと餃子を堪能した。長崎の老舗で食べるちゃんぽんはまた格別だ。

昼食後、四海樓から坂道を歩いて数分のところにある「大浦天主堂」と「グラバー園」を見学した。グラバー園には文化財としていろいろな建物が移設されている。グラバー邸は大修理の真っ最中だった。
観光客はまだまだ疎ら。長崎のような観光ビジネスで成り立っている街は回復するのにここ一年は大変だろう。観光は人の心を癒す行動だから、臥薪嘗胆すれば必ず回復するものだと思う。特に長崎のような日本屈指のメジャーな観光地は、いつの時代になっても廃れることはない。

長崎平和公園を見学して、佐世保のハウステンボスに向かう。長崎から佐世保は60数キロ。1時間強だ。大村湾沿いに大村湾の西の沿道を走る。
ハウステンボス内の「ウォーターマークホテル長崎・ハウステンボス」にチェックイン。ハウステンボス内で夕食を摂る。ハウステンボスは大村湾に面してオランダを真似た建物が並んでいる。まだまだ観光客は疎ら。ホテルの宿泊客も私たちのほか数組のようだ。

ふと、30年前、銀行の札幌支店に勤務していたおり融資をした帯広市幸福町の「グリュック王国」を思い出した。グリュック王国は「グリム童話と中世ドイツの街並み」をキャッチコピーとしたテーマパークだった。2007年に閉園したとか。夏休みに、道北に家族旅行したことを懐かしく思い出した。

地方活性化、地方創生は昔から叫ばれている。人口減少時代になって東京一極集中も進みこそすれ、その流れは明治維新以降150年以上続いている。
コロナはその流れを止める役割を果たすのか。少なくとも、コロナ禍を切っ掛けに地方を見直すことをすべきだろう。それは、昨日の東京でのコロナ感染者が100名を超えたことでも言える。 「禍いを転じて福となす」のだ。

今日はハウステンボスほか、佐世保市を視察して、夜に福岡から東京に帰る。来週は、月曜日から水曜日まで金沢・七尾・小松の出張だ。この土日は、ウォーキングで汗を流し、出張の疲れを癒して、石川県出張に備えようと思う。

小林 博重

夜のハウステンボス

iPhoneから送信

長崎平和公園

iPhoneから送信

四海樓、大浦天主堂、グラバー園から見る長崎市内

iPhoneから送信

長崎県庁屋上から長崎市内を見る。

iPhoneから送信