小林流[人脈づくりの鉄則]

  • LINEで送る

私たちは、人さまと「ご縁」をいただいて生きている。
「ご縁」は「つながり」ということ。ビジネスの観点から言えば、「人脈」という言葉に現されるだろうか。人脈が私たちの人生を形づくっていると言っても過言ではない。 まさに「We live on the lists.」だ。

そして、人脈づくりには鉄則がある。

[人脈づくりの鉄則]
⒈最初から見返りを求めない
⒉自分が魅力ある人間になる
⒊自分から情報発信する
⒋礼儀やマナーを大切にする
⒌こまめに連絡する
⒍オンとオフを分けない
⒎聞き上手になる
⒏どんな人にも敬意を払う

分かっちゃいるけどなかなかできないことだ。

働き方改革が叫ばれて久しい。
昔、リゲインのコマーシャルであった「24時間戦えますか」はもう今は死語になったのだろうか。宮仕えのサラリーマン、ビジネスマンであれば、もう今は「24時間戦う」時代ではないだろう。

しかし、オーナー経営者のみならず、経営者たる者は、24時間戦うべきではないかと私は思う。私のような一匹狼、フリーエージェントも然り。リゲインのコマーシャルはどっこい生きている。

[人脈づくりの鉄則]6 の「オンとオフを分けない」は、24時間戦うということだ。そうでないと”一流の人脈を持つ人”にはなれない。

また、この鉄則6をサスティナブルにするためには、1日24時間をオンOnlyにするのではなく、全ての時間をオンでありオフである時間にすることだ。すなわち、グリコのおまけではないが「一粒で2度美味しい」時間にすることだ。

私の後半生は70歳からの50年だが、この50年はオンでありオフであるからして、100年生きる計算になる。まさにグリコのおまけだ。

昨晩、風呂に浸かって考えごとをしていてふと思いついた。オフの時間だったが、頭をオンにしていたため閃いたのだ。早速、風呂上りに電話とメール攻勢をかけた。

風呂に入っていても、ウォーキングをしていても、絶えずスマホ片手に電話したりメールやLINEをしたりする。それでは休まらないではないかという人もいるが、私は好きでしている。全てを遊び感覚で楽しんでしているから疲れない。宮仕えだったらそんなわけにはいかないが、これが一匹狼の気楽さでなんでもありの世界だ。

19時過ぎに寝て、2時や3時に起きて仕事をするのも、楽しく苦ではないからできることだ。
人生楽しくなければ、世のため人のために尽くすことはできないではないか。

楽しからずや、人生
楽しからずや、世のため人のために尽くすこと

小林 博重

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。