今日は福岡の日帰り出張だ。
外苑前駅始発で京急羽田空港駅に向かい、羽田6時30分発〜福岡8時25分着のANAに搭乗する。

午前はゼオライト株式会社の嶋村社長と、午後は福岡女子大学の梶山最高顧問との対談だ。OUEN DANCHOのホームページ用(YouTube)の動画撮影をする。

OUEN Japanと地域創生、OUEN塾とOUEN Company、盛和塾で学んだこと、その学びを社会で如何に行動に活かすか等、話題は尽きない。

福岡は私にとって第二のふるさとだ。銀行時代は人事部の臨店と称して、福岡支店や北九州支店の社員の皆さんとの面談訪問をしたくらいで福岡県とは殆どご縁がなかったのだが、[OUEN塾in福岡・北九州]を通じて多くの福岡県の皆さん(学生さん、大学や地元企業の皆さん)との交流ができた。 そして福岡のみならず九州の地域創生のサポートができないかと強く思うようになった。
これは私独りではできないことだ。九州に住み働く皆さんが主体となり、活動する「九州の地域創生」を側面から応援すること、あくまでも黒子になって応援することだ。九州地方以外の皆さんからも応援をお願いしようと思う。 とにかく、応援哲学を実践することだ。そのステージを創ることが私、小林博重=OUEN DANCHOの役割なのだ。

昨夕は久しぶりに生命保険修士会で仲間だった日本生命の中川美和子さんにお会いし、四方山話に花を咲かせた。
中川さんは私より1歳お姉さんだ。8月で満70歳になったので、ご兄弟や甥御さん姪御さんたちが鎌倉の小洒落た料亭で古稀の祝いをしてくれたのだとか。
私も今年は数え70歳になった。気持ちは青春の時代以上に若いままだが、肉体はもう若くはない。見かけ以上にガタが来ていると実感している。来年は3人の息子たちは古稀のお祝いをしてくれるだろうか。

独り住まいの老人が人知れず自宅で亡くなって、それが事故物件化している件数が増えてきているらしい。そして、事故物件は賃借人が借りることを避けるため、売買や賃貸借の条件は通常よりも悪いことになる。自ずと老人に貸す不動産物件は大幅に減少することになる。また、それだけをビジネスにしている不動産会社もあるらしい。 こんなことを聞くと、歳は取りたくないものだと思う反面、年齢を重ねることで人間は成長するとも思う。

お互い、老境を語り合う歳になったものだ。二人とも前向きな人生を送っているから、これからの老後は明るいものになるだろうと思っているが。

浅田美代子さんが樹木希林さんのことを書いたエッセー『ひとりじめ』が話題になっている。
浅田美代子さんと言えば、「時間ですよ」(森光子さん主演のドラマ)で、可愛い「隣のみよちゃん」の印象が強い。「赤いふうせん」のデビュー曲もある。釣りバカ日誌のみちこさんのイメージもある。

私にはアイドルのイメージが強かったが、年齢を重ねて人間としての襞が出てきて、深みのある女優になってこられたような気がする。

「隣のみよちゃん」は、可愛いおばあちゃんになっていく。私もこのような歳の取り方をしたいものだ。

小林 博重