ミッションを持って生きる意味

  • LINEで送る

今日は彼岸明けだ。漸く朝晩のみならず日中も秋めいてきた。「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものだ。

早朝はいつものウォーキングをした。休みでも自宅から徒歩2分の事務所に出かけ、仕事をしたり読書をしたり。妻と2人の生活であり、お互い日々の活動には干渉しない。冷めた関係ではなく、これが私たち夫婦の行き着いたベストな関係なのだろうと思う。 私は私なりのミッションを持った仕事があり、妻も妻なりのやり甲斐のあることがあるのだろう。夫婦のあり方は100組100様だ。

数え70になった。早いものだ。この前、孫が誕生したと思ったが、あっと言う間に、小学3年、2年、幼稚園年長、年少と、孫たちの成長で、こちらも寄る年波を実感する。

心は未だ青年のままだが、身体はその青年のままには留まっていてはくれない。
しかし、精神年齢は晩生ではあるが、20歳の時より相当成長したと自負している。
歳を重ねる意味は、身体の老化と同時に精神の成長を伴うものだ。身体の老化に比して精神の成長が幾何級数的に伸びることが、真の成長と言える。馬齢を重ねるだけでは動物と同じだ。

孫たちには2年以上会っていない。しかし、定期的に子どもたちが、妻に孫たちの動画を送ってきてくれるので、全く2年も会っていない感覚はない。 その他にも、私には仕事という道楽があるから全く寂しいとは思っわない。こんなところにも仕事の意義がある。

同年代の連中は悠々人生を送っている人たちが殆どだが、私は現役人生バリバリである。

「人生二毛作」
70年の前半人生に区切りをつけ、これからは後半人生のスタート。今は後半人生の0歳だ。
悠々人生は100歳からと思っているが、それは次の世に譲って、今の世ではずっと現役でもいいと思う。

「仕事の最中に倒れること、これこそ正常な老人の正しい経過であり、およそ人生の最も望ましい終結である」
とヒルティは言っている。
そう思うと先行きが明るくなる。何事も考えようだ。

明日も元気で頑張ろうと思う。

小林 博重

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。