有言実行で夢を追いかける。

  • LINEで送る

独立自尊の精神を持ち、一人で立つことができる力を身につけなければ幸せになることができない。
しかし、一人でできることは限られている。そして、一人はさびしい。

だから、自分の心をできるだけオープンにして、足らずを埋めてもらう信頼ができる人たちを仲間にして、一人ではできないことをみんなの力を結集して成し遂げる。

21世紀は個の時代だ。そして、それは「価値観」の時代だ。SNSが個の力を大きくした。
その代表的な例が、スウェーデンの環境活動家のグレタ・トゥーンデリさんだ。彼女は未成年だが、彼女の環境に関する価値観を誰よりも熱い心でもって世界に訴えたことで世界は動いた。 もう20世紀の「大きいことはいいことだ」の時代は終わったのだ。

私はしがない一匹狼ではあるが、一人であって一人ではない。多くの人たちが私の周りに集まってきてくれる。それは、曲がりなりにも、私なりの「生きる価値観」「生き方哲学」を持っているからだと自負している。 そして、私の凸凹な能力の凹んだところを、隠すことなくそのままオープンにしている。だから、その凹んだところを埋めてやろうと思う心温かい人たちが埋めてくれるのだ。 その代わり、私の尖ったところ(誰にも負けないところ)に一層磨きをかけて、相手の凹んだところを埋めようと努力する。

21世紀は個の時代であるが、一人ぽっちの個ではなく、揺るぎない価値観を持った個同士が集まってチームワークよろしく肩組み合って夢を追いかける「力のある個の集まりの時代」なのだ。

SDGs「Sustainable Development Goals」(17の持続可能な開発目標)を考える。

①貧困をなくそう
②飢餓をなくそう
③すべての人に健康と福祉を
④質の高い教育をみんなに
⑤ジェンダー平等を実現しよう
⑥安全な水とトイレを世界中に
⑦エネルギーをみんなにそしてクリーンに
⑧働きがいも経済成長も
⑨産業と技術革新の基盤をつくろう
⑩人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさを守ろう
16.平和と公平をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう

OUEN Japan のミッションは、①学生たちの応援と、②学生たちを応援してくれる企業の皆さんの応援と、③学生たちと企業の皆さんと共に力を合わせて、私たちが住み働く地域を創生することだ。

17のSDGsの目標を少しでも達成したいと思う。
まず思うことだ。思っていれば、それはだんだんと本物になってくる。心から達成したいと思うようになってくる。
言葉に出すこと、有言実行だ。言葉に出して、それを実行する。

私は弱い人間だから、私には無言実行はできない。

小林 博重

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。