ゆったりした金曜日

  • LINEで送る

今日は久しぶりにアポが全く入っていない。じっくり電話セールスに特化する日とするか。

3時起き。4時から6時半過ぎまでウォーキング。約2万歩。約12kmくらいか。
朝は気温が20度を下回っていて日差しも強くはない。ウォーキング日和だ。

外苑前〜(外苑西通り)〜四谷〜(靖国通り)〜市ヶ谷駅〜靖國神社〜(内堀通り、時計回りで皇居半周〜竹橋〜大手町〜桜田門〜三宅坂〜(青山通り)〜赤坂見附〜青山〜外苑前

ゆったりと朝風呂に浸かり、帰宅して朝食。9時から電話セールスの開始だ。

6月20日に緊急事態宣言は解除される見込みだとか。そのあとは蔓延防止等重点措置になる模様だそうだが、私にはあまり関係ない。自分の身は自分で守るだけだ。

いくらなんでも7月23日からのオリンピック期間に緊急事態宣言ということはないだろうから、この週は石川県に出張することにしよう。
月曜日は海の日で休日だから、20日(火)からせいぜい23日(金)の3泊4日だ。OUEN Company(ビジネス)もあるし、OUEN塾(ボランティア)もある。久しぶりにふるさとの空気を吸ってこよう。

オリパラは無理くり開催するように世の中が動いている。もうよっぽどのことがなければ中止はないだろう。どんな理屈をつけても開催する。大東亜戦争のようなものだ。白けた、盛り上がらないオリパラになることだろう。 こちらはそれに合わせて、万全な感染対策を怠らないで、仕事のスケジュールを入れるだけだ。

今年は人が集まる行事は全て行わないことにした。

11月下旬予定だった七朋会(国立7大学応援団OBOG会)は昨年に引き続き開催しないことにする。
12月16日に予約していたOUEN Japan望年会はキャンセルした。

七朋会は100名、OUEN望年会は200名が集まる。いずれも年配者が多い。皆さん、ワクチンを打っているだろうが、念には念を入れて、今年は静かにしていようと思う。今年は動かない年だ。

来年になるとワクチンが行き渡り、世間の雰囲気は変わるだろう。
私にとって、来年10月までが私の春夏秋冬の夏だ。それまでが「実りの秋」のプレ活動ということだ。

夏には私のプレ「生前葬」をする。古稀(令和4年11月)になって、11月は七朋会、12月はOUEN望年会と続く。

実に世の中は私のために動いているような気がする。それは私が運がいいという証拠でもある。

究極の利己は利他に通じる。いい加減な利己だと利己で終わってしまう。

東大応援部の3Sスピリッツ
⑴サービス(社会貢献)
⑵サクリファイス(活私奉公)
⑶スタディ(人生修養)
私が勝手に意訳したものだ。

「個の確立」とは、自分自身を知り、天から与えられた能力(得手)を最大限にフル活用し、社会のため(世のため人のため)に尽くすこと。 それは、人間が生まれてきたそれぞれのミッションを果たすということ。それは人間が一番幸せになる王道であること。

生涯に亙り自己研鑽に励むこと。人生修養すること。どこまでのレベルに到達することができるか。極みに到達することができないのが人生だが、その途中で息絶えるのが老人の幸せな人生なのだ。

小林 博重

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。