ウォーキングをしながら考える。

  • LINEで送る

雨上がりの早朝は気持ちがいい。昨日の一日中の雨風は止み、今朝は少し晴れ間が垣間見える。
4時過ぎに事務所を出て赤坂見附方面に歩く。赤坂見附で三宅坂に向かおうと思って赤信号を待っていたが、気分を変えて溜池山王方面に切り替えた。霞ヶ関の中央官庁街から内堀通りで桜田門へ。逆時計回りで大手町→竹橋を通り内堀通りへ。千鳥ヶ淵緑道から靖國神社→市ヶ谷駅→防衛省→富久町→四ツ谷→信濃町から新国立競技場→神宮球場→外苑前。 2時間半、12kmくらいか。

早朝のウォーキングで出会うのは自動車ばかり。4時過ぎでウォーキングしている変わり者は私1人のようだ。5時を過ぎると皇居のランニングコースではちらほらと人が走っている。まだ電車は走っていない。都心に住んでいる人なのか。

ウォーキングして考える。
3密を避けよというがビジネスでも同じだ。人と同じことをしていてもレッドオーシャンでしかない。やはりブルーオーシャンでなければコスパは高くならない。
私しかできないビジネスに磨きをかけることだ。そうすれば3密は避けられる。私のキャラとキャリアをフル活用することだ。私は一匹狼だから、一匹狼らしく1人でできる仕事に特化することだ。そして、私が主となって3密をつくって、みんなの協力をいただくことだ。

幸せ4因子は、
⑴やってみよう!
⑵ありがとう!
⑶なんとかなる!
⑷あなたらしく!

特にこの4つは、一匹狼に当てはまる。自主独立、独立不羈が大原則だ。人に頼らないこと(人に頼りにされるだけの力をつけることが大前提だ)だが、大きいことを成功させようと思ったら多くの人さまのお力を借りなければならない。

"人に頼らず、人を頼る”

そのバランスだ。
図々しくても嫌われない。これが私の唯一ともいえる特技であり、これがビジネスの大きな武器になる。

そんなことを考えながら、2時間半を早足でウォーキングする。

11時半〜
私より19歳歳下のメンターと彼女の誕生日祝いのランチをする。妻も同席する。彼女は、私たち夫婦の年の離れた妹のような女性だ。

メンターだから、私へのいろいろなご指摘はストレートだ。そのストレートがまた心地いいのだろう。素直に聴こうと思う。

小林 博重

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。