人生の秋に向けて、その準備活動は順調に進んでいる。

今朝は3時前に起きて事務所に出かけ、パソコンのチェックをして、4時前から2時間ウォーキングに出かけた。今日は、青山→四ツ谷→靖国神社→半蔵門→三宅坂→赤坂見附→青山の2時間コースだ。 4時前だとまだ外は暗いが30分もして四ツ谷を過ぎる頃には夜は白けてくる。

いつものことだが、この早足でのウォーキングは心身にとってストレス解消抜群だ。週5日を続けているが身体は軽くなった。約2ヶ月で71kgから66kgになった。それよりも腹囲が91cmから86cmへと5cmは減ったことが大きい。腹囲は80cmを目標にしようと思う。血圧は120〜60と適正値になっている。腹8分目の影響も大きいのではないか。

この2ヶ月、ビジネスの関係でいろいろなことがあったが、ウォーキングをしながら反復して考える時間を持ったことで、整理整頓ができたと思う。 70歳からの30年間が私の『実りの秋』だが、今はちょうど区切りの時のような気がする。ちょうど準備期間として、人生の生き方の整理整頓の期間になっている。

人間関係がストレスの一番の原因だが、家族をはじめ、全ての人たちとの相応しい距離感の取り方についても考える。
明鏡止水の心境で人とは付き合っていくことだと、特にプライベートではそれは大切なことだと心からそう思う。
ビジネスは私のキャラそのものが売りになっていることでもあり、今までの付き合い方はベストと思うがプライベートはそうではない。 ビジネスとプライベートの人間関係のあり方の違いを自覚することができたのは少し大人になったということか。

昨日は久しぶりに、安田信託銀行の1年後輩である、松井建設役員の田島直忠さんを訪問してビジネス&プライベートの話で盛り上がった。 私たちは高齢者と自覚して生きていかなければならない。会社の同僚だった人が鬼籍に入ったこと、ちょっとショックだ。
それぞれの持病、ワクチンを接種したのか、心身で気を付けていること等々。

田島さんとは銀行時代は顔見知り程度の付き合いだったが、それぞれが銀行を離れてから親しくお付き合いしだした。彼は学習院幼稚園から学習院一筋。実に品がいい。私のようなガラッパチとは真逆で、性格も全く違うと思うが、何故か気が合う。 人間が真っ直ぐ、素直な外連味ない好人物だ。私に不足しているところをいろいろアドバイスしてくれる。ありがたい。

OUEN Company のビジネスを本格化していこうと思う。
安藤ハザマとゼオライトのセッティング、MYパートナーズの永田顧問に紹介されたプロレドパートナーズとの打ち合わせ等、OUE Company は軌道に乗りつつある。この調子で、200社を目処にOUEN Company の仲間づくりに注力しようと思う。

小林 博重