心穏やかに生きる。

  • LINEで送る

5連休のスタート。今日は六本木の新赤坂クリニックで「生活習慣病健診」だ。

糖尿病の指摘を受け、4月の1ヶ月は定例の2時間ウォーキングに加え食事療法を徹底した。
ベジタブルファースト、腹8分目は徹底したが、早食いはなかなか改まらない。早食いを止める趣旨は、早食いだと満腹感がないので多く食べてしまうということで有れば、腹8分目を心がけているのであれば問題はないのではないかと勝手に考える。しかし、一口30〜40回程度噛むことによってジアスターゼが多く出ることに意味があるのであれば、それは心がけなければならないと思う。

昨夜は9時過ぎに寝たのにも関わらず、起床時間は毎度ながらの3時前だ。いろいろ考えることがあると目が覚めてしまう。
それが前向きなことならいいのだが、そうでないと身体に悪い。トラブルでも、起こることは必然であり、それは魂を磨く磨き砂と考えれば、全てのことは前向きなことばかりであり、人間の成長も早いのだろうが、まだまだ未熟者であるためにそうは思えないことがある。それであればストレスは溜まってしまう。 稲盛和夫さんのご本をバイブルにしている身でありながら、これではいけないと思う。

今朝の血圧は上が150前後だった。ちょっとビックリだ。いつもは120台にも関わらずにだ。
心穏やかな気持ちになって心を落ち着けようと思い、少し時間を置いて再度測ってみた。そうしたら120台に戻っていた。何度測っても120台だ。 身体と心は繋がっている。「病は気から」という諺は真実だと痛感する。
穏やかな心で日々を過ごしたいものだ。

今日は11時から健診だ。朝食を摂らず、水も飲まず。六本木まで、青山墓地を通ってウォーキングをしようと思う。

昨日は2社を訪問したが、なかなか実り多い1日だった。
OUEN Company は少しづつ増えていっている。200社はとうに超えた。この企業同士のビジネスマッチング、人材育成、プロジェクトへの参画紹介等、どんどん拡大と深掘りを進めていこう。

案件は小粒から大粒まで、短期から長期まで。全ての業種を網羅したいと思う。これで、人脈の拡がりのみならず、様々な人たちとの触れ合いの中で、私の人格が陶冶されることは間違いないだろう。

“人格の陶冶”といえば、東大の校歌がわりの「運動会歌 大空と」が思い出される。北原白秋作詞、山田耕作作曲の厳かな歌だ。

大空と

大空と 澄みわたる淡青
厳たり我が旗 高く開かん
仰げよ梢を 銀杏のこの道
蘊奥(うんのう)の窮理 応じて更に
人格の陶冶(とうや) ここに薫る
栄光の学府 巍々(ぎぎ)たり赤門
我が赤門 高く開かん

これからの私の人生は「蘊奥の窮理を明らかにし、人格の陶冶を目指したい」ものだ。

小林 博重

iPhoneから送信

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。