私は運がいい。

  • LINEで送る

私はつくづく「運がいい人間」だと思う。
そのことは高校時代から大学・社会人に至るまで、数えたら限りないくらいだ。

東大に入ったこと。妻と出会って結婚したこと。稲盛和夫さんとの出会いがあったこと。周りに私を支えてくれる多くのクレバーな女性たちがいること。心清い友人知人がどんどん増えていくこと等。ただ、お金にはあまりご縁がないが。

スマホで、運がいい人に共通する特徴を調べてみた。

何人かの人が言っている。

ある人は、
1.運がいい人は素直で正直
2.運がいい人は自分を大切にする
3.運がいい人は「自分は運がいい」と思い込む
4.運がいい人は無駄な心配はしない
5.運がいい人はチャンスを拾う
6.運がいい人は一人で全部持っていかない

また、別の人は、
1.常に明るく穏やかな笑顔を絶やさない
2.物事を前向きにとらえることができる
3.人のことはもちろん、自分のことも大切にする
4.その日にできることは、その日のうちに行う
5.常に夢や希望、目標を持って行動する
6.簡単に諦めず、粘り強く頑張れる
7.人に対する気遣いや感謝ができる

私には上記がほとんど当てはまっているように思う。私は「運がいい」人間だと思う。

私の人生のカレンダー(春夏秋冬)は、あと1年半で夏が終わり、古稀(70歳)からの30年は「実りの秋」になっている。
今までの半生は実に波乱万丈の70年弱だった。それは決して「成功」にはほど遠いものがあるが、「成功」の種は至るところに撒いてきた。

せっかくの、私に与えられた「運のよさ」を実りの秋に結実させたいと思う。そして、これからの後半生の道程は少しづつ色がついてきて、総天然色に近づいていることを日々感じている。

昨日もそんなことを実感した。

2週間前だったか、パソコンでCDやDVDが再生できない。一度はビジネスパートナーに見てもらって直ったかに思ったが、それも束の間。まぁいいや、と捨てておいたものの仕事がらDVDを視聴しなければいけないことになって、それではと契約しているリコーコールセンターに電話してみてもらった。その時、リコーさんが長崎IRに関わってもらうことはどうだろうと閃いた。

そこでリコー代理店でお世話になっている三千和商工の細金常務(銀行時代の後輩)にお電話して、昨日伺った。いろいろお話しを聴いていただいた。ちょうどその時、家令社長が外出から帰社されたので、常務は社長に引き合わせてくださった。社長は、長崎で相応しい総合代理店をしている会社があり、その会社はグループで多角化経営をしている。留学生採用にも注力している。ボランティア活動にも積極的だ。即断即決のクレバーな社長だと。ビジネスを超えた付き合いをしていると。
私に紹介すると仰って携帯にお電話していただいた。ちょうど私は来週に九州出張で、この時間でお会いできないかとお願いしたところ、大村市の本社から長崎市まで出向いてくださるという。

何から何まで運がいい。

このところ、お付き合いしている方々がいろいろな方をご紹介してくださる。

「類は友を呼ぶ」

皆さん、誠実な方々ばかりだ。私が種を撒いてきたこともあるが、皆さんが私の人脈を拡げてくださるおかげで、私の秋は、多種類の実がたわわに実る「繁茂の秋」になるだろう。

謙虚と感謝の心で、OUEN Japanのミッションを果たしていこう。

小林 博重

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。