玉石混交の世の中

  • LINEで送る

私は『友だちの友だちは皆友だち』がモットーで、温かい人とのつながりを大切にしてきた。
ビジネスにおいてもビジネスライクだけではビジネスは皮相的なもので深みのないものになってしまい、決して「瓢箪から駒」という予想もしていないことは起こらない。

私は、ビジネスを深めるには、ビジネスライク一辺倒ではそれは実現しないと思っている。
そこには得もいわれぬ「温かい人間関係を構築できる」「ツーと言えばカーと心が通じ合う」「人間として賢い人」を友だちにすることだ。

昨日と今日、中小企業の社長であったが、それなりに長いお付き合いをしている人だったが、その社長たちは、この「人間関係の鉄則」をお分かりになっていらっしゃらないことを知る羽目になったのだ。今まで、私の目が節穴だったのか「これはビジネスができない社長だな」と思った。

私は、「人を見る」「人間観察」のプロ」を自負しているが、それが見抜けなかったことは、まだまだ修行が足りない、私はまだまだ、そんなレベルだ。 しかし、そのような人でも、それなりにお付き合いしていかなければならない。
世の中は玉石混交。いちいち腹を立てていても命が持たない。

「玉の人を見習うこと」
「石の人とはそんなものだと、それなりにつき合う」ことだ。

小林 博重

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。