世の中は広いようで狭い。やはり、ビジネスの種、それもスケールが大きいビジネスの種があると、その狭さを如実に体感できる。

人と人を繋ぐのは、人脈が広いだけではそのスピードは遅く、深みは浅いものになる。スピードを早く、深みを深くするためには、ビジネスの種を作ることだ。そして、世間に流れている情報がビジネスの種になるように創意工夫することだ。 あらゆることに興味を持ち、人とザックバランに本音で付き合うことだ。本質的に本音で生きることだ。コツは意外と簡単だ。

以前に書いたが、業界のトップ2の対応で、お堅い会社とフレキシブルな会社があったが、やはり、私は後者とビジネスをしたいと思い、それは以心伝心、先方も同様だった。きっと、いい関係を構築することができそうに思う。 それがまた、以外や以外、次の展開を生むことに繋がった。その先にOUEN Japanの協賛企業があったのだ。

「世の中は広いようで狭い」

そのような狭い世間にするポイントは、やはり、ザックバランで正直な誠心誠意だろう。

小林 博重