冬の金沢らしい曇天、夕方には雨がパラついた一日だった。暗い雲が一面、空を覆う典型的な冬の北陸だ。こんな空を見ると、いつも、50年前に大学受験で上京した時のことを思い出す。東京の天高い空と北陸の鉛色の空の極端なまでの対比だ。

私の人生は東京にある。ふるさと石川は遠きにありて思うところだと思っていた。そして半世紀が経った。OUEN Japanを立ち上げ、私ができる地域活性化、地方創生を私のミッションと思うに至った。それは一つは九州であり、もう一つはふるさと石川である。こんなことでふるさと石川を想うことは、心のふるさとは石川なのだとちょっとホッとする。根無草ではなかったのだと思うのだ。ふるさとのために貢献しようと切に思う。

昨日はOUEN塾の協賛企業の会宝産業、菱機工業、加賀建設の3社を訪問した。皆さん快くお話しを聴いていただいた。
コロナが落ち着いたら頻繁に石川に出張して協賛企業全社を訪問したい。加えて新たな企業も開拓したい。

オフラインOUEN塾(学生による企業訪問)は来年9月に開催する予定だ。オリンピック・パラリンピックは何とか夏に開催されるのではないか。その勢いでOUEN塾に突入することができたらと思う。

昨日は片町の「かぶ菜」で日本海の幸を堪能した。お目当ての香箱蟹は一番にいただいた。GO toトラベルで観光客のお目当ては香箱蟹なんだとか。一時は一匹4,000円もしたと。値段は少し落ち着いたようだが、何とか食することができて金沢に来た目的を一つ達成した感がある。 そんなことでかぶ菜で鱈腹いただいたせいもあり、ドーミーイン金沢の「夜鳴きそば」を食することは遠慮した。今夜はどうだろうか。

7時に朝食。8時15分にLNSジャパンの戸田社長がドーミーインに迎えに来ていただき、能美根上の本社を訪問する。
今日は5社訪問。ちょっとハードスケジュールだ。
夜の尾山町「そばのはな」が楽しみだ。

小林 博重