今日は、11月30日。あと1か月で大晦日だ。今年はコロナで明け、コロナで暮れる、68年の生涯の中でも別格の「災いの一年」だった

「災い転じて福となす」という諺がある。稲盛和夫さんは「苦労を磨き砂にする」と仰る。

災いがあると、幸せは当たり前のことではなく、僥倖なのだという思いに至ることができる。生きていることがありがたい、有難い=「有るのが難い」ことなのだと思う。そういう意味で、「災いは有難い」と逆転の発想をすることだろう。

この一年は、何とか駆け込みで2月に[OUEN 塾in福岡・北九州]を無事開催できたものの、それからはコロナで全ての企画を見直さざるを得なくなった。今までOUEN Japanの活動に協賛していただいている企業の皆さんは、足下に火がついて、その火の粉を払うことが関の山、協賛どころではない。

OUEN JapanはNPOであり、皆さんのご支援があってこそ活動できる。それが難しいとなったら、私が稼いでほとんどの運営資金をOUEN Japanに注ぎ込まなければならない。

そこで考えた。OUEN Japanを応援してくださる企業の集まりをもっと有機的にマッチングすること、ビジネスコラボレートすることだ。OUEN JapanがOUEN Japanを応援してくださる企業をOUEN Companyとして応援することで、そのお返しを運営資金とすることだと。

応援していただいたら応援して差し上げる。倍返しでお返ししたら、また、きっと倍返しで返ってくる。その繰り返しでOUEN Japanはボランティアをもっと拡げて大きくすることができる。

応援はキャッチボールなのだ。相手にいい球を投げると、いい球が返ってくる。善因善果、因果応報。当たり前のことだ。当たり前のことをすれば、世の中は上手く行くようになっている。

稲盛さんの仰る「人間として、プリミティブな原理原則」を貫くことが、幸せになる最短距離なのだ。

世の中の偉い人たちはこんな当たり前のことが分かっていらっしゃらないようだ。賢いようで本当は賢くない。

安倍さん応援団の橋下さんですら、この前の「桜を見る会」の嘘八百の国会答弁は議員辞職に値すると言っている。日本のトップが子どもたちに「嘘をつかなければ偉くなれない」と教えてどうするのか。

政治の劣化は経済でカバーするのだろうか。私ごときではよく分からない。しかし、ただ一つ言えることがある。

それは、松下幸之助さんや本田宗一郎さんや稲盛和夫さんのような「経営のカリスマ」は人間の本質を極めることで、経営哲学を人間哲学にまでアウフヘーベンしていらっしゃる。

その真似事でも実践することが、『宇宙の大流』に沿って生きることであり、それが世の中を健全な方向に導いていくことだと。

今朝も3時前に目覚め、真夜中に事務所に出向き、NHKの「ラジオ深夜便」を聴きながら一日の仕事をスタートさせた。

今日は娘たちが私の68歳の誕生日祝いをしてくれる。

そんなこともあってか、真夜中の空を見上げた。月は満月なのか。そう思ってスマホで「11月30日は満月?」と検索したところ、今夜はフロストムーンだそうな。

今日はついている。

私はいつもついているが、今日は特別な日であることは間違いない。

小林 博重

11月30日、フロストムーン(満月)と半影月食が同時に起こる!

11月の満月は、フロストムーンと呼ばれます。霜(frost)が降り始める時期であることから、その名が付けられたと言われていますが、日本の「霜月」にも通じるものがある呼び名です。一方で、冬に着るビーバーの毛皮を確保するため、沼地が凍る前のこの時期に罠を仕掛けることから、「ビーバームーン」という名前も浸透しています。

2020年は、11月30日(月)にこのフロストムーンを向かえ、同時に半影月食も起こるというので見逃せません!

半影月食ってなに?いつ見える?

半影月食とは、地球の半影に月が隠される現象で、月が欠けて見えるのではなく、一部がグラデーションのように少し暗くなった状態で見られます。

2020年、日本で見られる月食は3回。1月11日、6月6日に続き、今回が3回目となります。目視では月の影の変化を捉えるのは難しいかもしれませんが、カメラや望遠鏡を使ってみると、月の左上部がうっすらと暗くなっているのが観測できるかもしれません。

半影月食は、18時43分ごろが最大で、終わりは20時53分ごろ。地域に関係なく、同時間帯で見られるとのこと。満月は、18時30分が最大といわれているので、半影月食と一緒に観測してみては。