子曰、吾十有五而志乎学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲不踰矩。

子曰く、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず(こえず) 。

先生(孔子)はおっしゃいました。「私は15歳のときに学問を志し始めた。30歳になったときに独り立ちをし、40歳になったときには惑わされることがなくなった。50歳のときに自分の天命を理解し、60歳のときにようやく人の意見に素直に耳を傾けられるようになった。そして70歳になって、自分の思うように行動をしても人の道をはずすことはなくなった。

論語為政篇の一説だ。
日本でも、15歳は志学、30歳は而立、40歳は不惑、50歳は知命、60歳は耳順、70歳は従心とも言われる。孔子の時代は70歳まで生きれば、その人は仙人のような人だろう。私は2年余りで、その従心の歳になる。

今、人生100年時代。人生100年時代に相応しい人生観を私なりに考えた。

それは、『人生二毛作』
それは、人生を「二生+α」と見るのだ。すなわち、一生は50年。それを2回繰り返す。この一生と二生は「現役人生」だ。
二生を終え、漸く「余生」が始まる。余生は20年くらいがいいだろう(人生は終わりがあることで、その人生は意味のあるものになる)。

一生
15歳志学、30歳而立、40歳不惑、50歳知命は変わらない。

二生
51歳から二生が始まる。一生とは違う50年の人生が始まる。一生の人生経験を活かした、アウフヘーベンした二生だ。
65歳は志学、80歳は而立、90歳は不惑、100歳は知命。

余生
101歳から120歳までの20年間が余生だ。
110歳は耳順、120歳は従心になる。
120歳になって漸く、自分の思うように行動をしても人の道をはずすことはなくなる従心に辿り着く。そして、天に召されるのだ。

その人生120年と言っても長いようで短い。

宇宙の始まりは、138億年前に、超高温・超高密度の火の玉「ビッグバン」の急膨張により誕生したとされている。宇宙から見れば、人生120年は芥子粒のようなものだ。

これからは、宇宙の視点から超鳥瞰して、自分の人生を考えることが大切なのだろう。
日頃心を悩ましている種種雑多な悩みは、「何でこんなことに悩んでいたのだろう」と、コペルニクス転換ができること間違いなしだ。

小林 博重