今日の日曜日の東京の天候は久しぶりの「曇り時々晴れ」のようだ。ここのところ雨続きで、ウォーキングはご無沙汰だったが、今日は2時間半のウォーキングを楽しもうと思う。

今日のコースは、明治神宮コース(外苑前→表参道→明治神宮(参拝)→新宿→四ツ谷→外苑前)にしよう。

Amazonで買い求めた『命ある限り歩き続ける』(横田南嶺さんと五木寛之さんの対談集)を読もうと思う。帯には「不安と混沌の時代をいかに生きるか」とある。

いま真剣に考えなければならないのは、いかに死ぬかがテーマだろうというのが率直な気持ちなんです。
どんな美しい花もいずれ散っていく。ならばどうすれば精いっぱい散っていけるのかと。
ー五木寛之ー

人様のお役に立つことが一番の功徳になると思いますし、日々の務めを通じてそれを実行することが自分の天命と思い定めています。 ー横田南嶺ー

心静かに、この対談集を読んでみたいと思う。

小林 博重

iPhoneから送信