ストレスなく、コロナウイルスと共存する。

  • LINEで送る

ここのところ、東京ではコロナ感染者が100名を超える日が続いている。都道府県を越えた移動が緩和されたせいなのだろう、首都圏のみならず、その他の道府県も増えている。第二波の前触れなのか。

再度の緊急事態宣言はよっぽどのことがなければ発出されないだろうが、今こそ、ここは日本人の賢さを発揮する時ではないだろうか。

ウイルスと戦い、ウイルスを滅ぼすと考えることは人類の驕りでしかない。人類の誕生以来、人類はウイルスと共存して生きてきた。であるなら、如何に賢くウイルスと共存していくかを考えよう。

この新型コロナウイルスはここ半年で世界を席巻した。グローバル社会がその速さの原因だ。国境を超えた人の移動がコロナウイルスを世界に拡散した。そのスピードは想像を絶するものだ。 世界至るところに人が介したウイルスが潜んでいる。私の周りにも、私には見えないが、ウイルスはいる。

「3蜜はいけない。人との長い接触を避けよう」と言うのは、人はウイルスを持った悪と言うことではなく、ウイルスは人を介して人に伝わるということだ。決して人は悪ではない。私たちは、そのウイルスを自分の体内に入れないことに意を尽くすことだ。

それは至極簡単なことではないか。
それは、厚生労働省が言っている「新しい生活様式」を守ることで、コロナウイルスが体内に入ることを避けられる。
日々の経済活動を続けながら、「新しい生活様式」を守ることは、賢い人であればできることではないか。

今までの生活様式に戻ることを前提にするからストレスが溜まるのだ。ここは、発想の転換をすることだ。180度のコペルニクス転換をしてみたらいい。無理なくコロナウイルスと付き合っていくことができると思う。

おかげで、私の生活様式は今までとは様変わりになった。ちょっと人付き合いは悪くなったと思うが、私にはちょうどいいのかもしれない。

要は「何のために人は生きているのか」を考えながら生きることだ。人が生きている原点に立ち戻ることで、コロナウイルスと仲良く共存できるのではないかと思う。

小林 博重

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。