テレワークの実践

  • LINEで送る

テレワークも何も、私の場合は、自宅と事務所が徒歩2分の距離にあり、毎日が徒歩通勤であり、5月GWまでの1ヵ月は出張は全てキャンセル。訪問や来社はせいぜい1週間に2社あるかないか。様変わりの日々だ。 外出は、人混みがほとんどないウォーキングと、近くの整形外科でのリハビリ。
人との接触を7〜8割抑えてほしいという政府からの要請には十分応えられる。
しかし、一般的なサラリーマンやマスコミ関係、接客業ではそれはとてもじゃないが無理筋だろうと思う。
要請の趣旨は、今まで以上に人との接触に於いて、コロナ感染を意識してほしいということなのだから、その言わんとするところを深く意識して日々の活動をすることに尽きるのではないか。 日本人はそれくらい民度が高い国民だと思う。1ヵ月は長いようであっという間だろう。みんなで頑張ろうではないか。

私は圧倒的に事務所にいることが多く、事務所にいる時は、メールやラインや電話でのコミュニケーションと、GW明けからの仕事のあり方の整理作業等。時々、テレビやラジオでのニュース番組の視聴だ。そして、気分転換に2時間のウォーキングで身体を動かす。 このような自粛は、1ヵ月くらいどうということはない。

OUEN塾リーダーたちからいろいろ連絡が入る。

就活に勤しんでいる大学4年生から面接の報告をもらったり、私からアドバイスをしたりする。
また、マスクがリーズナブルな価格で入手できるルートがあるので、必要なら紹介するとか。

金沢のリーダーたちは、9月中頃のOUEN塾開催ができるだろうか、できなかった場合はオンライン開催はどうだろうか、協賛企業は受け入れてくれるだろうか、などなど。 彼らは、テレビ会議やライン等で、工夫しながらコミュニケーションを取っている。初めてのOUEN塾とは思えない。みんなよくやるなぁ〜と感心すること頻り。 どうしようもない若者たちがコロナ感染を拡大しているとテレビで放映されているが、OUEN塾リーダーに手を挙げる学生たちはそうではない。 しっかりした若者もたくさんいる。

今日は午後から、不要不急ではないMTGを事務所で行う。狭い事務所だから2メートル離れてMTGとはいかないが、窓を開放してマスクもして、三密を避ける工夫をして行おうと思う。

小林 博重

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。