土日のほとんどを、先週の石川県出張の整理とメールで時間が潰れた。それだけ充実した石川県出張だったということだろう。
私の仕事のペースは、隔週で3泊4日、福岡県と石川県の出張だが、これだと年中無休の日々が続くことになる。
自分が好きなことをしているので、仕事は義務ではなく生きがいになっている。「定年まで義務で仕事をしているのだから、老後は悠々自適の生活をしたい」というのが一般的だと思うが、私の場合、その真逆であり、これは幸せなことだと思う。ありがたいことだ。

昨日の日曜日は、午前に大石さんとお茶の水女子大3年生の黒田琴音さんと駒田里子さんが青山事務所にいらして[OUEN塾in福岡・北九州]の実績報告書作成につき打ち合わせをした。
この報告書は3月末完成を目処とする。前回は5月末だったかと思うが、それだけ段取り良く事を運んだということだ。学生リーダーたちも30名と前回より10名増えたこともあり、グループに分けて役割を明確化したこともある。 次回のリーダーについては、卒部する学生の他、退部する学生もいるだろうが、リーダーになりたい参加学生は10名以上おり、新1年生から入部する学生もいるだろう。 一層充実した学生リーダー組織になることだろうと思う。

午後は、先週訪問した石川県の企業や大学や学生たちにメールした。OUEN塾に加え、ビジネスマッチングについてだ。少しずつコスパを考えて活動できているようだ。人間、絶えず日々反省しながら一歩一歩前進していくことだ。柔らか頭、素直な心で、日々の反省を欠かさないことだ。そうすれば、人間は少しずつでも日々進歩する。

もう少し、これからのOUEN Japan とMap(私の個人会社)との関係を考えてみたい。
OUEN Japanは永遠に続けたいNPOだが、Mapは私の個人会社であり極めて属人的な会社だ。当然、私一代の会社になるだろう。それを踏まえて熟考したいと思う。

小林 博重