福岡女子大学とリベラルアーツ

  • LINEで送る

福岡女子大学は、大学キャンパスが全て美術館のようだ。梶山理事長は「そんなに高価な物があるわけではないが、福岡県を中心に多くの美術家や書道家、および、大学や高校の美術部員の作品(絵画、彫刻、書道作品等)を、図書館内、講義棟、研究棟等の至るところに配置、掲示している」と。梶山先生の仰る「リーダーに不可欠なものはリベラルアーツだ」との想いが表現されている。

何気なく作品を見ていたところ、高校の書道部員が書いた、吉川英治の箴言が目に入った。

『転機は、運命と自己との飽和された合作でなければならない。転機はいつも、より生きんとする、若い希望の前にのみある』

その人の運命に自己の確立が合作することにより、昇華された転機が訪れるのだ。そして、転機を生かすためには精神の若さが不可欠なのだ。老生してはならないのだ。

今日は事務所で、1週間に溜まっていた事務作業で一日を潰した。漸く夕方に落ち着いて、体力も回復した。明日からの1週間、東京でじっくり、OUEN&Mapビジネスの構想を練ろうと思う。

小林 博重

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。