昨日は、東大応援部の後輩の池田智子さんと崔珉徑(チェ・ミンキョン)さんと事務所で新年会をした。ミンちゃんは12時半〜14時半の2時間だったが、池田さんは11時半〜18時半の7時間の長丁場だった。お陰でいろいろな話しをした。 それぞれの応援部時代から今までの人生を語り合い、これからの生き方にまで、具体的な話しにまで至る、新年のスタートに相応しい有意義な会話だった。

それぞれの生き方とOUEN Japanとの関わり合いについて、深い話しになり、これからの活動の中で、池田さんが私の想いを引き継いでくれる想いを持ってくれればありがたいことだ。2月のOUEN塾(福岡・北九州)にもフルに参加して、その息吹を感じていただきたい。それがスタートになる。

今日は久しぶりにウォーキングをした。たまたま年末の30日に丸の内オアゾの丸善で忘れ物をした。それを受け付けで取っておいていただいているので、その受け取りに外苑前から丸の内まで1時間強のウォーキングだ。街の雰囲気はやはり新年に相応しい華やかなものだ。空は快晴日本晴れだ。東京の冬の天高い日本晴れは、高校3年の2月に大学受験で東京に出てきたことを思い出させる。北陸のどんよりとした、空が低い曇天の毎日を思い出すのだ。それだけ高校3年生の私はショックだったのだろう。その私が今は青山に住み、OUEN塾で能登の活性化に貢献しようと考えている。18歳と67歳。半世紀の時の長さに感慨深いものがある。

丸善で今まで買ったことを思い出せない「福袋」を買った。1万円のものしか残っていなかった(10万円、5万円のものもあった)。25,000円相当の商品が入っているとか。万年筆、書類バッグ、ペンケース等、丸善ならではの文具は私好みだ。少し徳をした気分だ。

明日は4日だ。新宿三丁目のやまと楽で12時半から金沢大附属高の有志10名の新年会があり参加する。女性が過半だとか。やはりこれからはなんでも女性の時代のようだ。OUEN塾もリーダーは女性が7割以上。東大応援部も然り。チアリーダーは全て女性、ブラスバンドは半数が女性。OUEN Japan団長も私の後継者はやはり女性だ。女性がいい。私は80歳までは団長を務めるが。あと13年弱ある。

それまでに私の後任の団長を快諾いただくOUEN Japanにしておかなければならない。今年はその1年目。OUEN Japanはようやく水面下から頭を持ち上げたというところか。 これが私の「新年の誓い」だ。その段階まで、先は長い。全力疾走しよう。

小林 博重