香箱蟹を堪能する。

  • LINEで送る

一昨日の11月6日はズワイガニの解禁日だった。金沢でも初水揚げのズワイガニが競にかけられ、一ぱい30万円だったとか。金沢の老舗料亭「金城楼」が競り落としたらしい。一ぱい30万円とはとんでもないと思うが「加能蟹」をブランド化する第一歩だ。
福井の「越前蟹」や鳥取の「松葉蟹」の初競はその10倍の300万円だとか。金沢は文化の面では北陸随一だが、こと「ズワイガニのブランド化」では、福井や鳥取の後塵を拝している。

今日は私の67歳の誕生日。昨夜は、独りで66歳の最後の一日を過ごすのかと思いきや、LNSジャパンの戸田社長に、私の定宿のそばにある寿司居酒屋「だいだい」でご馳走になった。この店は戸田社長の知人の娘さんが若女将として経営している。日本海の新鮮な海産物を手頃な値段で食べさせてくれる。私も何度かお邪魔したお店だ。 何をお出ししましょうかと若女将。もちろん、ズワイガニの雌である金沢で言うところの大好物の「香箱蟹(コウバコガニ)」だ。その美味に舌鼓を打った。

戸田社長とはお知り合いになって一年も経たない。日本生命の中川さんのご紹介だ。それが、OUEN塾を石川県で開催したいということで、月に4日は金沢出張するのならと中川さんは私に戸田社長を紹介してくださった。 LNSジャパンはOUEN塾にも協賛いただき、戸田社長の個人的なお手伝いもするようになった。
当に、“友達の友達は皆友達”であり、"袖触れ合う縁をも生かす"とはこういうことだ。

今日はジェイキャスの白根社長と同行する。関西空港⇄能登空港の航路開業のプレゼンだ。付け足しでOUEN塾のアピールもしよう。

レンタカーで3時間かけて、奥能登の宇出津にある興能信用金庫を訪問。金沢にとんぼ返りして、谷本石川県知事を訪問。そのあと、NHKの取材を受ける。

今日はいい誕生日になりそうな予感がする。

小林 博重

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。