東京オリンピックについて、東京に決まったことは日本人として嬉しいことは間違いないが、どうも釈然としないところがあった。喉の奥に小骨が刺さったような違和感だ。今回のマラソンと競歩の札幌開催でのドタバタ劇はそれを象徴しているように思う。
そんな思いを感じていた時に、いつも風刺の効いたエッセイをメールで送っていただく、経営コンサルタントの守山淳さんの「何故、猛暑にオリンピック?」の小論に“我が意を得たり”の感を熱くした。以下、守山さんの小論です。

小林 博重

何故、猛暑にオリンピック?
突然のIOCバッハ会長の「東京五輪のマラソン、競歩の開催場所を東京から札幌に変更」の発言で揉めています。選手に最高の環境を整える事は主催者の責任ですから札幌開催は私は基本的に賛成です。
しかしその前にIOCの責任は・・?と思います。
第一は10月開催を希望した日本に対しアメリカTV業界の意向を優先して8月開催を決めたのはIOCです。オリンピックは世界の祭典である事からすればアメリカの希望=スポンサー収入を優先させた事の無責任さ。
第二は8月の東京の猛暑は今に始まった事ではありません。それを今頃になって選手の健康を優先とはよくぞ言うと思います。選手の健康より収入を優先させたのに、です。せめて8月の東京開催が決まった時点で注文をつけるべきだと思います。
入場券を購入した人々への補償を明確に求めるべきだとも思います。更に日本の組織委員会も何故札幌開催などを早い段階で提案しなかったのか?
結局、だれも選手の事は考えず状況改善の提案もしなかった成さざる罪はあると思います。
既に暑さ対策で300億円もの都民税を継ぎこんで暑さ対策をして来た都知事始め関係者の失望感は当然です。
まずはIOCは自分の不手際に対して謝罪の言葉があって然るべきと思いますが「既に札幌開催は決まった事」と一方的発言をする幹部に対し、何故日本政府は一言苦言を呈しないのでしょうか?
来日したIOC幹部との小池知事の交渉術のお粗末さを感じます。報道で見る限り上記の基本的IOCの問題点の指摘・糾弾はなく「都民はがっかりしている」とか「時間をずらして・・」など情緒的な面での発言をしていますが、ここまで来れば既に使った300億円をいかに取り返すか、に先ずは的を絞りこの時期でのIOCの変更決定に対する責任追及があってしかるべきだと思うのですが・・・