2019年 10月 17日の投稿一覧

2カ月掛けて、OUEN望年会を開催する。

OUEN望年会は12月19日(木)18時半〜、御茶ノ水の東京ガーデンパレスで開催する。社会人200名、学生20名、総勢220名(22卓、着席)の大パーティだ。

OUEN Japanの1年間の活動報告と今後の展開についての紹介、OUEN学生リーダー(有志)の紹介、東大応援部現役の応援パフォーマンス、ビンゴ大会は通常だが、超アナログのOUEN Japanが一皮も二皮も脱皮して飛躍するだろうプレゼンもしたいと思っている。
私のフットワークもそろそろ限界に差し掛かってきているし、遠い将来の私の後継者がスムーズに就任できるベースも作っていかなければならない。OUEN Japanは私個人からゴーイングコンサーンに脱皮するの 必要があるからだ。

OUEN望年会の出欠は11月末を締日としているが、本日現在で75名になった。学生20名は固まっているから、あと125名だ。何とかなるだろう。
OUEN望年会の出欠のチェックを日々していると、どの人とどの人を結びつければいいかが見えてくる。新しいビジネスマッチングが見えてくるのだ。OUEN望年会はMapビジネスにつながり、それがOUEN Japanに還流する。私ならではのボランティアとビジネスのコラボだ。人は大切にすれば、面白いようにどんどん人脈は拡がってくるものだ。コツコツコツがある時から幾何級数的にビジネスは拡がる(ことを信じて日々活動している)。

小林 博重

東京都中小企業振興公社

昨日、東京都中小企業振興公社の後藤朝水さんが来社された。10年以上前だろうか、共立メンテナンスにお勤めだった時にお世話になった。私のことを覚えてくださっていてお電話をいただきお会いすることになった。

東京都中小企業振興公社は東京都の外郭団体で、無料で東京都に本社や支社がある中小企業を支援している財団法人だ。中小企業の困りごとを多方面で応援している。
商材開発の支援もさることながら、その販路開拓の支援をしなければ、たとえ優れものの商材であっても世の中に受け入れられないケースは間々ある。後藤さんは販路開拓のサポートをしていらっしゃるのだとか。 どうして私にお電話をされたのか。私が多方面に人脈があり、そのルートを活用したいとのこと。成功報酬は、その中小企業から支払うことになると。

Mapのビジネスマッチングの東京都版だ。フィーは取るわけではないので、中小企業にとってはありがたいことだろうが、成果が出てナンボ。大企業のOBでも、単に人を知っているだけではなかなか成果には繋がらない。それよりも、成功報酬を支払っても成果を出すほうがいい。 ということなのだろう。

11月1日(金)に、浅草で「東京くらしのフェスティバル」があり、東京都の中小企業がたくさん出展していると。後藤さんと待ち合わせして伺うことにした。

東京ビッグサイトでもいろいろなイベントが開催されている。私も、持てる人脈を生かす意味でも、時間を作って出かけてみようと思う。

小林 博重

iPhoneから送信