8月の福岡での5日間が始まりました。

昨日は、九州大学〜正興電機製作所〜JR九州〜ライクスタッフィングを訪問。第2回OUEN塾のスケジュールの報告と協賛の依頼をお願いしました。 第1回の実績のおかげで、皆さん好意的なご対応をいただき、順調な滑り出しです。
総合メディカルは今回が初めてのお願いですが、9月にセッティングいただけることになり、同社も前向きにご検討いただけるようです。

今日は、九州電力〜やずや〜西日本シティ銀行〜西日本新聞社〜西部ガス〜日本タングステンと、6社訪問プレゼンのハードスケジュールです。 しかし、福岡市は天神と博多に企業が集中している商業都市であり、この2拠点をコアとして発展している活気あるコンパクトシティです。 企業訪問も天神駅と博多駅の周りに集中しており、実に効率的に企業訪問ができます。その点では日本一の地方都市ではないでしょうか。

昨日は行きつけの天神の回転寿司で一杯やり、マンションに落ち着いて9時前には就寝、一旦2時頃に目覚めスマホでメールをチェックし、二度寝して6時前に目覚めました。
7時過ぎにはいつものドトールコーヒーで、いつものサラダタマゴAセットとアイスティを注文しました。この決まりきった行動がビジネスに好影響するのです(金沢での5日間も同様で、このパターン化が私のビジネスの基本です)。

それにしても九州は暑い。東京は台風が近づいている影響で小雨模様。最高気温は27度とか。福岡は相変わらず35度の猛暑が続いています。
地球の歴史からすれば私の65年の人生なんてほんとに瞬間でしか過ぎない超短時間ですが、それでも物心ついた時と比較して地球の歴史の変化を明確に感じているということは、これは異常なことではないだろうかと思います。これは「人類の驕り」の現れなのです。 昨今のこの日本に起こっている、人間が起こしている不祥事は、人間の驕りでしかありません。
稲盛和夫さんのお教えである「謙虚と感謝の心」は、人間として当たり前のことですが、人間は弱い者なのです。当たり前のことができないのです。 やはり、毎日の「日々の反省」が如何に大切であるか、を肝に命じて生きることです。

小林 博重

iPhoneから送信