金沢片町の「小太郎」

  • LINEで送る

ユニパックの松江社長と金子次長を浦建築研究所鈴野専務にご紹介しました。
お二人は北陸新幹線で大宮からいらっしゃいました。日帰りの出張です。
同社の洗浄フィルターを石川県に拡げるために石川県でトップの浦建築研究所とのコラボ狙いでの来沢です。

商談が4時過ぎに終了したので、少し早いのですが、何処か美味しいお酒と肴のお店がないか、との松江社長のご依頼なので、私が宿泊している片町のゲストハウス界隈で開いているお店を探しましたが、時間も時間なので殆どのお店はまだ準備中で開いていません。 唯一、片町の鍋料理の店「小太郎」が開いていたので入りました。
これがなかなかのお店だったのです。夏は鰻ということで「鰻鍋」。これがなかなかの美味です。出汁は関西風で、最高級の鰹と昆布なんだとか。能登の天然の牡蠣は大振りで肉厚。 お酒は富山の若鶴のOEMで、これもまた美味。
ゲストハウスから歩いて2〜3分の狭い路地にある小洒落たお店です。焼酎のボトルを入れました。

金沢 「小太郎」
住所:金沢市片町2-30-12
電話:076-221-4056

店主は大洞孝則さん。昭和26年生まれ。私の1年先輩です。富山県高岡市のご出身。奥さんの女将さんは金沢生まれの品の良い方でした。 常連のお客様が殆どだとか。リピーターが新しいお客を呼びます。リピーターが多いお店は美味しいこともさることながら、店主や女将さんの人柄がいいんです。 焼酎のボトルも入れたことですし、8月に来た時にまた来ようと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。