2018年 7月 3日の投稿一覧

♫無理はよそうぜカラダに悪い♫

ここのところ毎日30度を超す猛暑が続いています。先月末に梅雨が明け、今年の夏は7.8.9月とフルに3ヶ月の様相です。
身体には自信がある私ですが、この急激な夏の到来は少々身体に堪えてきたようで、ちょっと弱気の虫が騒いでいます。
長く続いている50肩(病気の正式名称は肩関節周囲炎)は治る気配がないことも気を滅いらせている要因です。

福岡・北九州と金沢は、それぞれこれから4〜5日の出張が続くことになり、益々身体に留意しなければなりません。気持ちでは若いと思っていても、65歳の身体は正直なのかもしれません。 「皆の衆」の歌詞にもあるように、
♫無理はよそうぜカラダに悪い♫
せいぜい、我がミッション達成のために身体を労わりたいと思います(今日は早く帰宅して、ゆっくり休むことにします)。

よく考えてみると、ずっと若い時のように身体のどこも支障がないのだったらなかなか死を意識することもなく、そのため人生の深淵を見つめることもしないのだと思います。
生きとし生けるものは全て生は有限であり、その中でも人間のみが死を意識するのです。桂歌丸さんは81歳で生涯を終えられましたが、人間のみが「笑う動物」であり、落語は「笑いと義理人情」だと。学校で教える修身や道徳は全て落語の中にあるのだと。 芸の中に人生の全てがあるのでしょう。なまじっか大学の先生や政治家の先生たちより、芸術家は人間の真髄を教えてくれる職業なのだと思います。

やはり体力がないと気合いが入りません。健康でないといい仕事ができないのです。
働き方改革はお上に言われてするものではなく、自らが自らのミッションを自覚して、我が身をコントロールするものです。

小林 博重

iPhoneから送信

チームワークとは?

30.7.3 7:50 119-61

ワールドカップサッカーの日本対ベルギー戦は2vs3の逆転負けで誠に残念でした。一時は2点差で、このままいけばベスト8かと一瞬ながら大いに期待したのですが、何せ格段に格上のチームですからそうは問屋が卸しません。 予選リーグを含め、日本はよく頑張ったと思います。

いくら個人競技ではないといっても個人の力量の集合体にチームワークが加味してチームの強さになるわけですし、毎度まさかがあるわけではありません。まさかはまさかなりの確率なのですから、プロの皆さんの評価は当たらずとも遠からずです。

ビジネスも人間がことを処する時は全て同様です。
スポーツよりビジネスのほうが、チームワークのウェイトが高いのではないでしょうか。
チームのそれぞれの人間がそれぞれの役割を自覚して、責任を持って自分の役割を全うすることです。メンバーの中には、能力面ではどうしようもない人もいることは避けられませんが、その足らずを人間としての個性でカバーしてくれればそれはそれでチームは纏まり、味があるチームになるのだと思います。 特に、他の人たちが思いやり(恕の心)ある温かい人間になるのです。

私はMap&OUENでは決して一匹狼のようで一匹狼ではない、多くの人たちと温かい人間関係を築いています。
これは当初からそれが念頭にあったわけではありませんが、私のビジネス&ボランティアを長く継続していくためには一匹狼では何もできないと経験から身に沁みて分かりました。 「愚者は経験から学ぶ」と言われますが、殆どの人は賢者よりも愚者の部類に属しているのですから、謙虚な心で経験から学ぶことが何より大切だと思います。 それと、「横から目線」ですね。上から目線はダメです。

そして、それらのベースには『素直な心』があるのだと思います。

小林 博重

iPhoneから送信