OUEN塾in福岡 参加学生リーダーの感想


2018年2月13日~2月16日に開催されたOUEN塾in福岡に参加した学生リーダーから感想をいただきました。

福原 菜摘 木村 百里 Le Thanh Nam 下川 大智
白水 優衣 丹羽 和嘉子 吉田 梨紗 黒田 琴音


福原 菜摘 ふくはら なつみ 福岡女子大学3年

私は最初、大学生活何か物足りないくらいの軽い気持ちでリーダーになることを決意しました。
しかしイベントの企画運営は想像以上に大変でした。
分からないことだらけの中サポートを受けつつ、少しずつ主体的に動けるようになっている自分に気づきました。
気づけば参加学生のためを思う毎日で、イベントでは、「参加してよかった」や「福原さんの班でよかった」と言ってもらい、やりがいを感じました。
リーダーをしてみて一番感じたことは自分自身の成長です。代表の方々のサポートもありつつ第一回OUEN塾を無事に終えることができ、OUEN塾にとっても私にとっても次に繋がる大きな一歩になったと思います。



木村 百里 きむら ゆり 福岡女子大学3年

初めてのイベントなので、準備はすごく大変でしたが、本番の4日間は毎日が充実していてあっという間に過ぎて行きました。
私が得たものを2つ紹介させていただきます。
予測外のことにも慌てず、柔軟な対応をすることの大切さ。
同じ目標に向かって、仲間と協力し、実行していくことの面白さ。
貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。
真面目に書きましたが、一言で述べると本当に楽しかったです!笑



Le Thanh Nam ル タン ナム 九州大学3年

実際に日系企業を訪問して、様々ビジネスや技術に関することを理解ができました。
時々言葉壁があったのに、新しいことを学んだり、他の学生と交流したり、本当に楽しかったです。
次回も是非学生リーダーとして参加したいです。



下川 大智 しもかわ だいち 福岡大学1年

私は入学して留学生と一緒に暮らす寮に入り留学生に興味があったこともあり、留学生と交流するイベントがあるということで気軽に参加しました。
5月始めはその日限りのイベントと思っていたので、何が何だかわからずでした。
ですが、小林団長、大石さん、東京学生リーダーの方々とミーティングを重ね徐々に全体像が掴めてきました。”福岡を盛り上げよう”というという、すごいプロジェクトなんだということを把握できたのは6月頃、熱い小林団長と一緒にやれるということも大きかったです。
私はビジネスオーナーになるという目標があるのですが、それを通して福岡を元気にしたい・自分たちのいる場所から盛り上げたいという夢があります。大学のゼミや授業でもそんなことを勉強しています。(笑)
私はOUEN塾in福岡を通して準備から開催までの期間、多くのことを感じ考え学べました。毎度のミーティングが楽しみだったのを覚えています。普段できない経験を積めたことには感謝しかないです。
関わっていただいた皆様、本当にありがとうございました。
来年はもっと”熱い”福岡を!
全員で成長しながら、一緒に盛り上げましょう!



白水 優衣 しろうず ゆい 福岡大学1年

まず,今回OUEN塾の福岡の学生リーダーとしてこの企画に携わることができたことをとてもうれしく思うのと同時に、この企画で関わったすべての方々に感謝申し上げます。
ようやく本格的に企画が動き始めた時にリーダーが次々と辞めていき、正直なところ、私も辞めたい、もうだめだと思ったこともありました。しかし、残されたメンバーで諦めずに最後までやりきった分、得た達成感も人一倍大きく、自分自身少し成長できたかなと思います。
この企画を通して、多くの方々と知り合い、様々なお話をお聞きすることができてとてもいい経験になりました。本当にありがとうございました。



丹羽 和嘉子 にわ わかこ 明治大学4年

まず今回は多くの人生の先輩方から将来を見据えたお話を聞き、これから社会で生きていくためにはどのような力や視点が必要かを学びました。
私は4月から社会人になるので就職活動は終えていましたが、これから働く場で先見性や自分の武器となる専門分野を持っていく必要があると実感しました。
そして企業訪問の際に出迎えてくださった企業の方、九州の学生や留学生、国際センターの方との出会いがありました。東京にいたままでは出会えなかったみなさんと繋がることができ、自分の周りだけでなく多くの場所で力を発揮されている方がいるのだと刺激を受けたと同時に、そのご縁をうれしく思いました。
またこのような機会を筆頭につくってくださった団長や大石さんに感謝の気持ちと、私も多くの人を応援し続けられる人になってゆこうと決意しました。



吉田 梨沙 よしだ りさ 慶應義塾大学3年

団長の熱い想いに感銘を受けて、運営に携わることを決意したものの、どのように進めたら良いのか悩みながら、とにかく前進した半年間でした。
いよいよOUEN塾当日を迎え、企業の方に多くの質問をする参加学生の積極的な姿を見て、「OUEN塾をより良いものにしたい」という気持ちはますます強くなり、夜中まで学生リーダーと会議をしたことが忘れられません。学生にきちんと向き合って、1つひとつの質問に真摯に答えてくださる企業の皆様も、私には輝いて見えました。
素敵な出会いへの感謝を胸に、次の開催に向けて早速準備をして参りたいと思います。第2回、3回、、、とOUEN塾の活動を通じて、さまざまな繋がりが広がっていくことを楽しみにしています。ありがとうございました。



黒田 琴音 くろだ ことね お茶の水女子大学1年

OUEN塾の4日間を一字で表すとすれば「努」だと思います。
初回を成功させようと努力しましたし、東京リーダーとして与えられた福岡リーダーを支えるという役割を精一杯努めました。
至らなかった点もありますが、「これからが始まりだよ」と声をかけてくださった企業の方々や「今回参加できて本当に良かった!」という参加学生の声に支えられました。誰かを支えていただけではなく私自身も誰かに支えられていた、そんなイベントでした。
これから反省点を改良してOUEN塾をさらにパワーアップさせます!そして、このイベントを通して誰かの未来を応援できることを信じて次回以降も多くの方と共に作り上げていきたいです。