ご挨拶

高校生時代の留学生活やその後の大学生時代の交換留学、社会人になってからの仕事上の交流経験を通して実感しておりますことが、外国の方々に「日本の自然、歴史・文化、風習、人を理解した上で日本大好き!」になっていただくことこそが、世界中に日本ファンの種を増やしてゆくことだと確信しております。

OUEN Japanの重要な使命である「グローバル人財の育成」を達成するために、日本人大学生には、まず自分が生まれ育った国日本のすばらしさを理解し、誇りに思って世界で活躍していただきたいと思います。又、海外からの留学生にも、彼らの国のすばらしさや愛すべき人々のことを教えていただき、相互理解に根差した友情を育むことが、人としての価値を尊重する第一歩ではないかと思います。互いを認め合い、尊ぶことが「人財育成の基本」であると思います。

誰かが「絶対的応援団」でいてくれると思うことができれば、何事があろうとも人はどのような苦難も乗り越えられると思います。そんな誰かの応援団になれるよう、OUEN Japanが真の応援団であり続けられるよう、私達OUEN Japan役員一同、それぞれの経験と能力を活かし最善を尽くしたいと思っています。

OUEN Japan役員を代表して 専務理事 大石 惠津子

理事・監事

  • 団長/理事長

    小林 博重

    南青山ビジネスパートナーズ代表取締役社長
    ブログ: 小林博重のOUEN blog
    赤門鉄声会(東京大学応援部OB・OG会)幹事長
    東京銀杏会、石川赤門会、群馬銀杏会(各東京大学同窓会)各幹事

  • 専務理事

    大石 惠津子

    大石惠津子事務所代表
    通訳・翻訳家  宅地建物取引士

理事

  • 梶山 千里

    福岡女子大学理事長兼学長
    学士会理事
    元九州大学総長
    元日本学生支援機構理事長

    留学生を含む大学生は企業全体の内容や社会的貢献を、企業は大学生の希望や社会的トレンドを、お互いに良く知らないことに驚かされます。
    OUEN Japanは、学生-企業の関係を就職という観点でなく、互いを知るために学ぶという機会を作る活動であり、就職活動を目指した行政や任意団体グループの活動と一線を画している点ユニークな組織です。大学生が就職するまでの企業との接点を深める活動は、今後学生と企業の意識改善という観点から必要な制度です。小林代表がこれまでの経験と知恵を基礎に、今までに存在しなかった創造的企画を次々に生み出し、日本企業の技術進化支援という切り口からだけでなく大学生を勇気付け、人生設計の着想を与える組織となることは間違いありません。学生の皆さん、自信を持って人生に立ち向かってください。

  • 木島 明博

    東北大学教授(リサーチプロフェッサー)
    東北マリンサイエンス拠点形成事業代表機関・代表研究者
    元東北大学副学長・高等教育研究センター長
    元東北大学学生相談所長・キャリア支援センター長

    世界は今、縮まっています。しかし心は離れていっています。
    心の距離を縮めるためには、直接出会うこと、話すこと、理解すること、認め合うこと、そして深い友情を育むことが大切です。友情は無垢な若いうちにこそ育まれるものです。多様な文化との出会いを大切な機会としてとらえ、忌憚なく語り合い、相互の心に入り込み、相互理解を深めてください。そうすればこれまで誰も成し得なかった世界平和の基盤を築くことができるのですから。
    OUEN Japanはそのためにあると思っています。私たちは世界の若者を応援しています。

  • ジョン ボチャラリ

    明治大学特任教授
    東京大学名誉教授

    英和辞典を引くと、「応援」はaid, assist, help という風に訳されています。OUEN Japanはまさしくそういう団体です。
    しかし、aid, assist, helpという使命だけでなく、cheer、つまり「元気づける」、という大事な役割もあります。これからも、さまざまの意味でのOUENを期待しております。

  • 坪内 和人

    マルチメディア振興センター理事長
    元NTTドコモ副社長

    私がこれまで長く携わってきた電気通信事業も、現在の仕事もすべて「人と人とをつなぐ」ことを使命としてきました。このたび、大学同期である小林団長の呼びかけに賛同し、世界中の若者・学生と日本とをつなぐ試みに参画できるのは、私にとって何よりもうれしいことです。OUENJapan の活動に大いに期待しています

  • 御手洗 尚樹

    日立ハイテクノロジーズエグゼクテイブアドバイザ
    前日立ハイテクノロジーズ副社長
    元日立製作所常務

    最近、東京の街を歩いていても、電車に乗っても、普通に外国人がいます。ひと昔前とは、明らかに違っています。ところが、一歩企業のビルに入ると相変わらず日本人ばかりです。
    一方、経済がグローバル化している状況の中で、多くの企業では、グローバルな経営展開が不可避となっています。それを実現し、強い企業となっていくためには、国籍・人種・性などあらゆる面で多様な人材を集め、切磋琢磨していくこと、即ちダイバーシティが極めて重要な経営戦略となっています。
    この、戦略と現実のギャップをうめることが必要です。そのためには、勿論外国人をはじめとする多様な人材を採用していくことが大事ですし、同時に日本人自身がそのようなマインドに変わっていくことも大事です。企業においても、東京の街のように、外国人はじめ多様な人材が周りにいて、それが当たり前と思えるように一日も早くしていかなければなりません。
    OUEN Japan は、留学生を含めた大学生を応援することを通じて、こうした企業活動に対しても広くサポートしていきたいと考えています。

  • 松本 麻美

    アクティブ・コネクター代表取締役

    世界を変えたい!という思いから、開発援助の世界を目指してガーナやパキスタンに飛んで現場で働く中で、日本の持っている可能性や強みを世界につなげることで、世界も日本も元気にしたい!と思うようになる。United World College(英国)国際バカロレア、カナダのMcGill大学で開発学と政治学の学士、東京大学大学院(教育学研究科)を卒業の後、外資系金融NGO、JICAを経てアクティブ・コネクター株式会社を設立。

    外国人留学生の就職活動支援をする中で、多くの留学生が、日本で働きたい、と思っていても、実際にはそのためにどうしたら良いか分からない、という悩みを抱えているということをいつも見てきました。私たちはお仕事探しというところで留学生の選択肢を広げることが出来ても、日々、もっと早く留学生が日本社会に関わる機会を持って自分や社会について知ることが出来れば、と日々思っておりました。そんな時にOUEN Japanに出会い、私たちではカバーできない領域にチャレンジされているNPOということで、まさに、OUEN Japanと協力することが、「本当の意味で留学生のサポートを入り口から出口まで行っていく」ことに繋がるのだ、という思いを強く持ちました。また留学生の多くが、日本人との交流、日本社会でのリアルな体験を求めているなかで、OUEN Japanは、留学生と日本人学生、日本社会をうまくミックスさせながら、両者の成長を促すという大変ユニークな取り組みをされているところに、とても魅力を感じました。

  • 矢野 正博

    応用電子代表取締役社長

    OUEN Japanを応援します!
    せっかく日本で学んだ優秀な留学生に、是非この日本で活躍して欲しい。
    日本の学生、企業にとっても、世界をより身近に感じ、
    国際社会の一員として、存在感を発揮できるよう、
    有意な刺激の場を提供すべく微力ながらお手伝いできたらと思います。

監事

  • 水谷 歩

    スタイルエイト代表取締役

    OUEN Japanは留学生が日本語や日本文化への理解を深め、留学生が暮らしやすい地域づくりや、彼らが能力を発揮しながら活躍できる機会の提供を応援するNPOです。その応援力に賛同し、協働することで、活動を推進していきたいと考えています。

(順不同・敬称略)