自らを謙虚に客観的に見つめる。

隔週に福岡・北九州と金沢に出張している。月曜日に出て金曜日に帰るのが定例だ。出張の時は金曜日の夜に帰宅するが、その次の土日はメールをはじめ、溜まった仕事の対応で東京の平日より多忙な土日になる。

私的には好きな仕事(ビジネスとボランティア)をしているのでストレスは溜まらないが、身体はそうでもないらしい。降圧剤は毎朝飲んでいるが、最近はその数値が高くなってきていはようだ。降圧剤の飲みはじめの時は120-60で正常だったが、ここのところは高値は135〜150と気をつけた方がいいと思われる瀬戸際の数値が続いている。 これは歳のせいか、それとも日々の多忙さのせいなのか。身体は嘘はつかない。正直だ。

昨今は高齢者の運転事故が頻繁にニュースになっている。これも日本が超高齢社会の入り口に入っているからなのだと思う。
サミュエルウルマンは「青春とは人生の或る期間をいうのではなく、心の様相をいうのだ」と謳っているが、それは精神の持ち方を言っているのであって、老人が体力的に青春であるということではない。
若い時にできたことが、同じように老いてできるわけではない。その点で精神と肉体は同一ではないのだ。生きとし生けるもの全て、生は有限という宇宙の真理を素直に認識することが「賢い人間」なのだろう。その点でもっと高齢者は謙虚で賢くなってほしいものだ。

私の生涯現役は100歳までの33年強と思っているが、それは思いであって、きっと現実はそうでないのだろう。

稲盛和夫さんの経営哲学に
「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」という箴言がある。

100歳まで生涯現役で生きようと思うことは「楽観的に構想する」ということであり、「悲観的に計画する」とは、自らを謙虚に客観的に見つめ、身のほどを自覚して慎む心を持つことだ。賢くなることだ。 そして「楽観的に実行する」とは、青春の迫力を持って、夢に向かって積極果敢に考動することである。

人生の半分以上が過ぎて、漸く自分を客観的に見つめることができるようになった。凡人とはそんなものだ。

小林 博重

iPhoneから送信

仕事を終えホッと一息、東京への帰路に着く。

北九州市役所〜北九州市立大学〜デリカフーズ(古賀市)の訪問を終え、古賀〜小倉〜北九州空港と東京への帰路に着く。JALの最終便は20:55なので時間はたっぷりある。久しぶりに実に充実した4泊5日の福岡・北九州出張だった。来年2月11〜14日の[OUEN塾in福岡・北九州]はほぼ目処がついた。これも第1回と第2回の実績がモノを言っている。何事も実績があることは人を納得させるものだ。ビジョンを描き、高らかにアピールすることが大前提だが、それに実績が伴うと鬼に金棒だ。ネバーギブアップ精神で実績を作る意味を改めて確信した。

北九州市役所産業経済局課長に杉本英之さんがいらっしゃる。この産業経済局は、OUEN塾の北九州市の協賛候補企業を紹介していただく担当部署だ。

過日、訪問したおりに杉本課長から大学では応援団だったと聞いた。彼は昭和63年卒団。私より13年後輩だ。杉本さんとは一回り以上歳の差があるが、神宮で同じ釜の飯を食べた仲間として、初めてお会いしても懐かしい思いが湧く。歳の差は関係ない。 応援仲間はハートフルだ。心が温かいのだ。機会を作って一献傾けたいものだ。

お昼は北九州市立大学の新人リーダー2人とランチMTGをした。彼女たちの出身は大分県と鹿児島県だと。北九州大学は県外から来ている学生さんが多いように思う。それだけ北九州大学は銘柄大学ということだ。元々この大学は外国語大学だったとか。 OUEN塾では、まだこの学部からの参加者はいない。2人には外国語学部の同級生をOUENリーダーとして仲間に加えてくれるようにお願いした。

デリカフーズは東証一部の東京本社の会社だが、来年3月に宗像市に九州工場が建設されるとか。人材採用の面でOUEN塾が貢献できるのではないか。そんな思いで古賀の九州営業所の澤田取締役を訪問した。 期待に応えられるように頑張りたい。

小林 博重

iPhoneから送信

福岡出張最終日のスタート

博多発6:42〜小倉着8:10の鹿児島本線区間快速で小倉に向かう。1時間28分の列車の旅だ。私はこの博多⇄小倉の快速(区間快速、普通)電車の旅をこよなく好んでいる。福岡と北九州の文化(とまではいえないのだろうが、人がどちらの都市を志向しているかが見える)が違うことを確認する象徴的な電車のような気がするからだ。

博多⇄小倉は、新幹線で約20分。同じ福岡県だが、江戸時代は黒田藩と細川藩。藩が違うと文化も違う。
私のふるさとでも同じだ。金沢⇄富山も新幹線で20分。こちらは、江戸時代は同じ前田藩だが、支配者と被支配者の関係だ。今は石川県と富山県の2つの自治体になっている。 そのため、富山の人は金沢の人に対し、多少ながらコンプレックスを持っている。私はそのように感じる。もちろん文化も気質も違う。

そんなこんなで、全くの想定外だが、私はこの福岡と北九州、金沢の地域活性化に資するイベントOUEN塾をOUEN Japanで行っている。特に福岡市と金沢市は共通しているところが多々あるように思う。この両市の橋渡しができないか、そんなことも考える。

また、自治体を応援するからには、その自治体を愛することでなければ、心から応援することはできない。
その意味で、私は生まれたふるさと石川を愛するし、縁もゆかりもなかった福岡市を大好きになった。昨年からOUEN塾に北九州市が加わったが、その時以来、北九州市を愛することに努めてきた。市役所や大学、企業の方々との交流を通じて、北九州市への想いは徐々に増してきた。そして、やっと心から応援できるまでになったのだ。

人との付き合いも全く同様だ。人を愛することをしなければ、その人を心から応援することはできない。口先だけの応援ではないのだ。心からの応援でなければならない。進化する、深化する応援だ。哲学にまで高めた応援をすることだ。それはもちろん応援される人のためであるが、応援する人にとっても幸せなことなのだ。応援とは双方向性あるインタラクティブな関係なのだと思う。

こんな思索をしていると、あっと言う間に電車は北九州市手前だ。
何事も一点集中。時間を持て余すのは、それができていないからだとつくづく思う。
一点集中、コツコツコツコツが何事も成功の秘訣なのだろう。

今日もいい一日でありますように。

小林 博重

iPhoneから送信

凡人の幸せ哲学

昨日も多忙で充実した一日だった。
レッドホース〜リコージャパン〜総合メディカル〜福岡女子大学。OUEN&Mapの絶妙なコラボレーションだ。
お願いされたりお願いしたり、皆さんとはざっくばらんに腹を割ってお話しができる関係になりつつある。

決して上手に生きるコツは騙し合いやテクニックではない。相手のこと、立場に思いを致して、それでは自分が相手のために何ができるのかを真剣に考えて行動することだ。ビジネスでもボランティアでも何も変わらない。そんな関係を如何にたくさん作り上げるか、が成功の秘訣であり、幸せの秘訣なのだと思う。人間は長く生きていると、経験でそのコツが身に付いてくる。だから幸せに少しずつ近づいてくるのだ。そうでないなら、その人は人間ではないのではないか。人間でないというのは言い過ぎなら、人間として不幸なのだと思う。凡人なら身につく速度は遅いのだから、せいぜい長生きして、幸せに少しでも近づくことだ。

長く生きることは少しずつでも成長することであり、幸せに近づくことだ。凡人は長生きしないと幸せになれないのだ。一層健康に留意して、長生きして、少しでも幸せに近づこうではないか。

小林 博重

iPhoneから送信

福岡の夜を堪能する。

昨日も充実した一日だった。 9時に唐人町の三好不動産、鹿児島本線〜筑豊本線で13時に若松の日本鉄塔工業、博多に戻って16時アビタシオンと17時西日本鉄道、18時メデイアボックス訪問だ。第3回OUEN塾もビジネスマッチングも好スタートの感触だ。バスやタクシーを利用しないでウォーキングをするので歩数は17,000歩を超えた。

OUEN Japanは大学生と留学生の応援団だが、これに加えて障害者の応援団も見据えている。障害者雇用についてMapビジネスとして関わろうと思っている。これは雇用者と被雇用者双方をマッチングすることであり「世のため人のため」である。まだヒアリング段階だが、そのニーズはいたるところにあると感じる。Mapの真骨頂を発揮する時であり、日本を応援するOUEN Japanの一つのミッションでもあると思う。

夜はメデイアボックス森松社長が素晴らしい日本料理屋にご案内してくださった。山下顧問もご一緒だ。
福岡のど真ん中にこんな閑静な佇まいがあったのかと、天神や中洲しか知らない私は感激一入だ。

そのお店は、メデイアボックスが発行している資産家向けの「first CLASS」に掲載されている福岡市中央区の「IMURI」(いむり)だ。

IMURI(ラテン語で「原点・基本」の意味)
福岡市中央区谷1-3-15
地下鉄「桜坂駅」より徒歩9分

福岡・桜坂の小高い丘の中腹に建つ一軒の日本料理屋『IMURI』。郷愁を誘う懐かしくも新しい和モダンな佇まいは、まさに大人の隠れ家と称するに相応しい雰囲気だ。

焼酎の銘柄は今まで聞いたこともないものばかり。拘りのお酒なのか。その水割りは一杯一杯がグラスが違う。それも凝ったグラスだ。同じ銘柄ではあってもグラスが違うと味も雰囲気も変わる。そう思わせる一捻りがまた憎い。椎茸、カマス、のどぐろ、イサキ、佐賀牛等々、新鮮な福岡の海山の幸を堪能した。 森松社長の車でホテルまで送っていただいた。焼酎の水割りは5杯は飲んだろうか。こんな時は風呂に浸かるのは良くないらしい。シャワーを一浴びして床に就いた。

朝は4時に目覚め、ブログを書いて、さあこれから朝風呂で一日のスタートを切ろう。おかげさまで体調はすこぶる順調だ。

今日も一日、元気で頑張ろう。

小林 博重

iPhoneから送信

「幸せ4因子」とは、

今月の福岡出張の宿泊先はルートイン博多駅南だ。いつも飛行機の手配をしていただいている(株)エアートーヨー植田社長に宿泊ホテルも同時にお願いしている。 ルートイン博多駅南は博多駅筑紫口から10分はあるだろう。駅傍ではないが、物は考えようだ。

東京では自宅と事務所は徒歩2分だ。ウォーキングもしないでデスクワークばかりの日は一日の歩数は2〜3千歩の日もある。東京では事務所にいる日も多いので一日の歩数は目標の15,000歩に届かない日もある。
しかし、福岡と金沢に出張する週は宿泊先にいては出張した意味がない。アポはびっしり入っているので、朝から夕方まで外出だ。自ずと歩く。ウォーキングの歩数は目標数を軽く超える。10日は2万歩弱だった。
11日の昨日は1万5千歩強だ。この歩数は博多駅〜ルートイン博多駅南の10分往復がなければクリアしていない。ルートイン博多駅南が博多駅から遠いおかげだ。すなわち、「物は考えよう」なのだ。

何事も塞翁が馬。松下幸之助さんは、乗った船が転覆しても助かった時、「私は運がいい」と思ったとか。普通、乗った船が転覆したら運が悪いと思うだろう。流石、昭和の経営の神様は違う。身に降りかかる全てのことを「自分は運がいい」と捉えるのだ。 松下さんは「好況よし。不況なおよし」とも仰っている。不況や逆境を自らを鍛える磨き砂と捉えるのだ。物は考えようなのだ。その考え方が幸運を呼ぶのだ。

昨日は8時半に、九州北部信用金庫協会専務の篠原幸治さんを訪ねた。いつも彼の話は私に気付きを与えてくれる。人生前向きになれる。 以前も彼から聞いていたと思うが、昨日は「幸せ4因子」のペーパーをいただいた。

「幸せ4因子」とは、
⑴やってみよう! (自己実現と成長)
⑵ありがとう! (つながりと感謝)
⑶なんとかなる! (前向きと楽観)
⑷あなたらしく! (独立とマイペース)

66年の人生を生きてきて、私は今が一番幸せだと思う。きっと、この「幸せ4因子」を全て満たした人生だからなのだろう。

⑴やってみよう!
と思って、22年前に銀行を退職した。人生一度きりだ。稲盛和夫さんに出会って、「一度きりの人生如何に生きるか」と呻吟し、後悔しない人生を生きたいと思って銀行を辞めた。この22年間、後悔したこともあったが、それも今では過去の話、寝空言だ。逆境なおよし。私は面白い人生を送っていると思う。「人のため世のために」生きると心が豊かになる。それが一番幸せな人生だ。

⑵ありがとう!
この22年間、たくさんの人たちに助けられてきた。人生はひとりでは生きることができない。できることは微々たるものだ。多くの人たちが私を支えてくださっているから今の私がある。ありがとう!

⑶なんとかなる!
MapもOUENも勝算ありと確信してスタートしたわけではない。私の場合、猪突猛進のところがあり、周りを見ないで、思い立ったら一つことに突き進む性格だ。結果、なんでこんなことをしているのだろうと思うことは数え切れない。しかし「前向きと楽観」が私の取り柄だ。人さまの援けもあってなんとかなってきた。そして少しずつだが、人間は成長していると思う。

⑷あなたらしく!
「トマトはトマト。かぼちゃはかぼちゃ」と相田みつをさんは仰った。
「おたまじゃくしは鯨になれない。おたまじゃくしは蛙。雀は鷹や鷲にはなれない。雀は雀」わらべは歌った。
21世紀は個性の時代だ。得意技で勝負する時代だ。それぞれの分野のプロが集まってお互いを尊重しあい協力しあい、夢を実現するのだ。

私は松下幸之助さんや稲盛和夫さんにはなれないが「極めた小林博重」にはなれる。確固とした自分の人生哲学を持って生きることで、お二人が目指した「世のため人のために生きる」人生を生きることができるのだ。

9月17日の[OUEN塾in福岡・北九州]実行委員会会場は、博多駅傍のオリエンタルホテル福岡博多ステーションに決めた。
また、第3回の協賛企業に福岡発の素晴らしい企業が1社協賛いただくことになるだろう。

発展系としてのOUEN塾の大学バージョンである[in福岡女子大学]と[in福岡工業大学]もそれぞれ前に進んでいる。

今日は福岡と北九州のハシゴの一日になる。走り回る一日になるだろうが、楽しい一日になるだろう。

小林 博重

iPhoneから送信

面白人生を生きる。

6月の福岡・北九州出張は、以下の3点だ。
①第2回OUEN塾の総括(実施報告書)
②第3回OUEN塾後援・協賛のお願い(事業計画書、後援・協賛申込書)
③Mapビジネス(企業マッチング)

夜はOUEN塾を卒業した学生リーダーたちの就職と内定祝いをした。20歳代前半の女性たちの会話は、これからの長い人生を夢見る話ばかりだ。同じ若い年代といっても30歳代とは違う。経験の有無で夢は少しずつ現実化していくのだろう。人生をバラ色に描いていても20歳代前半はそれはまだまだ現実を踏まえていない絵空事のようだ。だんだん経験を積み、夢と現実の違いを分かるようになってから、その時の心の在りようが人生を面白くするか平凡に過ごすか、少しずつ差が出てくる。まだ、20歳代前半では味が出てこない。当然ながら深みがない。若さと深みは凡そ正比例するものだろう。彼女たちのこれからの味わいある人生を願うばかりだ。

「福岡でOUEN塾を」との想いから漸く3年を過ぎて2回のOUEN塾を開催した。一つのOUEN塾のスタイルができつつある。2回の経験を踏まえ、このスタイルをもっとブラッシュアップしなければならない。第3回は拡大から深化の段階に入った。

それと同時に発展系のOUEN塾にチャレンジすることだ。もう一つはMapビジネス(ビジネスマッチング)の推進だ。そうしないと、1月に1週間、福岡に出張する意味がない。こちらは拡大と深化の両面だ。

そのため、日々の営業活動には準備を怠ることはできない。盛りだくさんの案件があるからだ。それもガツガツではいけない。相手が自ずと乗ってくる、いい意味での「人誑し」でなくてはならない。

私の人生はこれからであり、だから、人生は実に面白いものだと思う。

小林 博重

iPhoneから送信

幸せな職場、働く意味

JALの機内で、昨日Amazonから購入した「幸せな職場の経営学」〜「働きたくてたまらないチーム」の作り方〜(前野隆司著。小学館)を読みだした。

「はじめに」を読んだだけで、私が日頃感じていることが科学の視点で理論的に語られているのだろうと思った。

はじめに から
〜「幸福学」とは、幸せに生きるための考え方や行動を「科学的」に検証し、実践に活かすための学問である。

毎年、ホワイト企業大賞にノミネートされる企業の多くが、業績面においても非常に好調であることは特筆に値する。社員や会社の幸福度と業績は比例する。

従来のトップダウン型のリーダーシップから、リーダーが組織に貢献しようとするサーバント型(支援型)のリーダーシップ、コンパッション(慈悲や思いやり)に重きを置くリーダーシップ、対話を重視する調和型リーダーシップなど、時代の流れとともに、組織やリーダーのあり方そのものが大きな変革期を迎えている。

優秀な一部のトップが考え抜いた末の判断の下で大勢を引っ張っていく組織よりも、答えの見つからない世界においては、組織メンバーそれぞれが多様な工夫や試行錯誤を惜しまないことのほうが有効だ。そして後者においては、社員が幸せで、生き生きワクワクしていることが鍵になる。幸せな人は創造性も生産性も高く、リーダーシップを発揮して未来型の組織形態をリードしていける人だからだ。

AIは、ビッグデータを分析することは得意だが、人と人がつながり合ってワクワクしながら生み出すような発想力は今のところない。イノベーションというのは、多様性の中であらゆる価値観を融合させることによって生み出されるものだから、それにこそ、人が介在する価値が生まれるのだ。
そのため、これからのリーダーには、人と人、顧客と社員など横のつながりを創出できるようなリーダーシップ力が求められる。すなわち、いかに良いチームを作れるか、いかにお互いが信頼し合いながら自由な発想でチャレンジし合える土壌を作れるか。
「このチームだと楽しい」「チームのために頑張れる」という「場」や「つながり」を創り出し、提供できる調和型のリーダーこそが、これからの真のリーダーになると言えるだろう。

幸福度が高い従業員は、そうでない従業員よりも創造性が3倍高く、生産性は31%高いという研究結果がある。幸福度が高い従業員は、欠勤率や離職率が低いといった研究結果もある〜

昨今の「働き方改革」は 「時短による効率化」に留まる傾向がある。そして「残業代が減って生活が苦しくなった」という、本来の「働き方」を見直すことから外れてしまっているところがある。

働く意味は、もちろん「お金を稼ぎ、生きる」という形而下的一面があるが、人間であるなら、働く意味を形而上の精神の向上を追求する観点から考えるべきものと、私は思う。

人はお金だけでは動かない。お金だけでは幸せになることはできないのだ。

小林 博重

iPhoneから送信

6月の福岡・北九州出張

朝3時に目覚めた。毎日のことだが、朝早くの出張の日は特別早く起きなければと気が入っている。勝ち負けは「気合い」の入れ方の多寡に依ると言うが、それはこんなたわいもないことからでもそれは真実だと納得する。

3時過ぎ、自宅から徒歩2分で事務所に向かう。朝風呂に入り身支度を整えて、このブログを書いている。4時過ぎだ。
外苑前駅5:10の始発に乗る。6時には羽田空港に着く。羽田発7:10〜福岡着9:00のJALに搭乗する。時間は充分ある。

せっかちな性格のため、いつも余裕を持って行動する。昔は人にも同じことを求めていた。自己中だったが年の功で人それぞれと思うようになった。そうするとストレスは溜まらない。馬齢を重ねると少しずつ成長する。経験もそれに寄与しているだろう。

出張の5日間は全て1日4社のアポが入っている。案件はボランティアとビジネスの両面があり、それぞれの会社で話すポイントを紙に書いておかないと抜けてしまうことがある。ボランティア一本の時のようにはいかない。ビジネスがないと資金面でボランティアは続けられないので、ボランティアを永続していくためには、私の場合はビジネスは不可欠だ。

ブログを書いていると少しずつ気合いが入ってくる。充実した1週間になるだろう。

小林 博重

iPhoneから送信

新しい「七朋会」

今年の旧七帝大の七大学体育大会(七大戦)は九大だ。最近の七大戦は8月のお盆の時期に開催される。私が学生時代は8月初旬だった記憶がある。各大学応援団は、OBOGも参加して、現役の応援団とOBOGとの親睦を深める懇親会を催すが、お盆の真っ只中ではOBOGの集まりは宜しくない。大学の都合で開催日を決めているのだろうが、これは自己中以外の何物でもない。

そうは言ってもOBOGは日程を変更することができないわけで、七大戦に行くことができないOBOGが中心になって7月に東京で軽い「七朋会」(旧七帝大応援団OBOG有志の会)をやろうということになった。

7月11日(木)18時半〜、西櫻亭伊勢丹新宿で開催する。私が幹事を仰せつかったので、独断と偏見でこのお店にした。

いつもの七朋会は大学キャンパスの生協食堂で演武と高歌放吟が習いなのだが、私たち同期は66歳と前期高齢者の仲間入りをしたこともあり、今度の七朋会は、美酒と美食を愉しみながら「日本の将来」を語り合う会にしようということになった。「特別七朋会」である。

テーマは「AI社会に生きる我らの孫世代の教育はどうあるべきか」だ。
ファシリテーターは、言い出しっぺの北大OBの木村成二さんだ。

応援団OBにとってはちょっと高尚すぎるテーマかもしれないが、みんな孫のいる身になって孫世代に想いを致すことは今の我々世代の務めではないのかとも思う。

出席者は、北大2名、東北大3名、東大6名、名大3名、京大4名、九大4名の4名の合わせて22名だ。阪大がゼロなのが残念だ。
これに西櫻亭副社長の安藤裕美さんが加わり、総勢23名になる。

初めての試みであり、有意義な会にしたいと思うし、そうなると確信する。

何せ、応援団OBOGはお人好しの集団だが、素直で真っ直ぐな心根の持ち主ばかりだ。この会で、これからの新たな七朋会の在りようが見えてくるのではないかと思う。

一生青春、一生燃焼だ。想いを孫世代にしっかりと伝えていきたいものだ。

小林 博重