2019年 4月 24日の投稿一覧

新しい道を創る。

今日は、能美市にある「LSNジャパン」を訪問した。
わざわざ、社長の戸田徹さんが、私が宿泊している片町の「風と翼」まで迎えに来ていただいた。

戸田さんとは、今年1月に面識をいただいた。日本生命の中川美和子さんの紹介だ。私が石川県でOUEN塾を開催しようとしていることを知って、それでは石川県能美市で会社を経営している戸田さんに会ってみないかということで、青山の事務所に戸田さんといらした。

LSNジャパンは、スイスのLSN本社の日本法人であり、会社組織では合同会社だ。LSNはスイスの時計メーカーに工作機械を提供しているノウハウをベースに成長したグローバル企業だ。B to B 企業であり、大学生には馴染みはない。

石川県でのOUEN塾協賛候補企業の中では異質だ。金沢大学や金沢工業大学の学生には興味ある企業だろう。戸田社長もOUEN塾に協力したいと仰ってくださった。協賛20社の1社としてお願いしたい。

お昼は北陸地区信用金庫協会の中山常務とご一緒した。中山さんは九州北部信用金庫協会の篠原専務の紹介だ。石川県の信用金庫からニッチトップの企業を紹介していただきたいとのお願いをした。

私の人脈は、人と人の絆を無限大に拡げていくことで成り立っている。当然、年代は幅広くなってくる。拡がりは無限大になる。
私の人脈作りは私のキャラクターに負うところが大きいと思うが、そのコツは人との絆を繋げていくことにある。私のキャラクターで拡げていくのだ。その点では何も難しいことではないが、それはなかなか他の人には応用できないかもしれない。

今日は4社を訪問して、これで上がりだ。ゲストハウスでゆったりと過ごす。お酒なしで、身体を休めることにしよう。
明日は富山。J.cas白根社長のサポートだ。富山空港⇆関西空港の毛細血管作りだ。能登空港も絡む。白根社長、よく頑張っていると思うが、新しい道を創るには想いとネバーギブアップ精神を持った人がいなければ、道はできない。私のOUEN事業もそんなものかもしれない。私も頑張ろうと思う。

小林 博重

iPhoneから送信

金沢の夜を堪能する。

昨日は、ツエーゲン金沢取締役で保険代理店をされている木村道明さんと「そばのはな」で懇親の席を持った。この店はその名の通り蕎麦屋だが、夜の部は地もの料理屋に変身する。もちろん手打ちそばも食することができる。木村さんが30年来行きつけの店だそうな。

そばのはな
金沢市尾山町2-32
店主は今出俊次さん
口上:地ものの旬の魚や野菜をたくさん使った料理、そして地酒とそばで、ここでしか味わえないおいしい時間をお過ごし頂ければ幸いです。

旬の魚の刺身
(私は生魚が苦手。貝だけ食べた)
若竹煮
(小松産の美味な筍とワカメの煮付け、絶品。私は筍に目がない)
ホタルイカの炙り
(石川県産のホタルイカとワカメを炙って食べる)
マフグの白子の焼き物
(七尾産。ちなみにトラフグは石川県が日本一の水揚げ量を誇るのだとか。てっきり山口県だと思っていた。珍味の極み)
塩雲丹
(小さくサイコロ状に切った大根と少しの塩雲丹を口に入れて味わう。何とも言えない濃い雲丹の美味を堪能)
イワシの煮付け
十割そばと二八そば
(いずれも美味しい。十割そばは太い。細いとぶつぶつ切れてしまうそうな)
お酒は、最初はビールを一杯。後はそば焼酎をそば湯割で飲む。その相性の良さにお酒が進む。

写真を撮るのを失念した。残念。
金沢の味を堪能した。毎月、金沢に来る。常連になりそうだ。

それで終わりかと思いきや、木村さんはもう一軒付き合ってと言う。これも30年来行きつけの店だ。金沢出身の人なら知る人ぞ知る、クラブ利恵だ。金沢市のみならず銀座にも進出している。8店。利恵ママは東京の石川県人会でも有名だ。石川県能登の富来出身。金沢の宇都宮書店でOLを退職して、利恵を立ち上げここまでにした。立志伝中の女性だ。昨日は銀座に出ていて会えなかった。何でもひとつことに秀でた人にはオーラがある。 ホステスも美人揃いだが、ママが面接して採用するとか。稼ぐホステスと普通のホステス、厳しい世界だ。今の私にはご縁がない。

身体が「連チャンで、もうこれくらいにして」と叫んでいるようだ。ゲストハウスに戻って、風呂は入らず朝風呂と決め込む。早朝のウォーキングはやめにしよう。 4時に目覚めて、このブログを書いて、これから朝風呂だ。
今日は金沢で3日目、最後の日だ。フルにアポイントが入っている。そして明日は富山だ。

春の金沢を満喫した出張になった。画竜点睛を欠くことなく、今日明日も頑張ろう!!!

小林 博重

iPhoneから送信