[OUEN塾in福岡・北九州]は本番の2月12〜15日まで早いもので約1カ月になりました。これからが学生リーダーの出番の本番になります。事前の企業訪問や参加学生募集が彼らのミッションです。 昨年は初めてのこともあり、福岡リーダーが5名と少なかったため、みんな危機感を持って、東京リーダーの力も借りて、何とか開催に漕ぎ着けました。
今年は昨年比、リーダー数は北九州を含め19名であり、昨年の経験もあって、順調に活動していますが、どうしても「船頭多くして船山に登る」こと、当事者意識が不足しているリーダーがいること、危機感の不足等、問題も感じています。
その中から、福岡と北九州それぞれのトップリーダーは苦労しているところがありますが、彼女たちにとって社会人になる前の「リーダーは如何にあるべきか」を実地で学ぶいい勉強になっていると思います。

OUEN塾は、学生と企業との交流を通じて地域活性化と国際交流を推進するものですが、その中で学生リーダーが人間的に成長すること、リーダーになることを目指しています。やはり、リーダーとしての意識付けを持って全体を見て前向きに活動することで、リーダーは本当のリーダーになっていきます。その成長を日々感じることができて、私も実に嬉しく思っています。人は人の成長から学ぶこともあるのです。

小林 博重

iPhoneから送信