2018年 11月 9日の投稿一覧

宮仕えやサラリーマンは「気楽な稼業ときたもんだ」とい うわけではないんです。

人生、全て上手いようにはいきません。 私は結構運がいい人間と思っていますが、いつも私の思い通りにはいきません。
今日は福岡県庁でちょっとずっこけました。何でだよとの思いと、人間塞翁が馬との思いと、やはり後者の思いを持ったほうが幸せになるのだと、福岡空港で一杯飲みながら、「転んでもただでは起きない」という諺が頭を擡げます。人生、何事も前向きに生きることです。

では、転んでもただでは起きないことを、飲みながら考えます。それはそれはいろいろあるのですね。
転ばないと考えないことが山ほどあるのです。転んだからこそ、どうしようと思うのですから、これは転んだメリットなのです。

自分の人生を考えてもその通りなんですね。
公務員試験を受かっていたら、妻とは出会わなかったわけですし、順風満帆の銀行勤務を辞めなかったら今のMapやOUENを立ち上げようとは思わなかったのです。人間塞翁が馬というのはこんなことです。

今週は福岡で何だかんだありました。皆、私に与えていただいた幸運と思って、来週からの活動を練ることですね。

皆さん、人生必死に生きているのです。そのことを絶えず念頭に置いて、ご縁を賜った皆さんと接するこたとです。皆さん、サラリーマン、宮仕え、その心お察しいたします。

小林 博重

iPhoneから

女性の活躍と吉田松陰

「至誠而不動者、未之有也」孟子の言葉です。吉田松陰の座右の銘でもあります。

「身はたとひ武蔵野野辺に朽ちぬとも、留め置かまし大和魂」
吉田松陰の辞世の句です。

誠を尽くせば、その誠に心を動かさない人はいない。人は必ず分かってくれる。
あまりにも人を信用し過ぎた吉田松陰ですが、その人の前に、(心ある)という接頭語を入れる必要があると思いますが。いずれにしても、人を性善説で見ることが大切だということです。 人の性は善であるが、その心は弱いものだから、人は嘘をつくし、悪いこともするのです。何よりも人の性をよく知って、人を生かし、人を大切にすることです。

また、人の命は有限ですから、人の想いはその生が終わる時、雲散霧消してしまいます。
想いをこの世に留め置くために、志を同じくする後継者にバトンタッチすることです。
後継者の育成が如何に肝要か、人の命は有限であるがゆえに教育と共育が不可欠なのです。

OUEN塾を通して、女性が如何に逞しく、頼りになる存在なのかを痛感しています。特に九州の女性は義理人情に厚く、いわゆる男前の女性が多いのです。

これからの世の中は当にダイバーシティの時代です。固定観念に囚われることなく、人の長所を伸ばし、思う存分活躍できる環境を提供してあげることが、ウィンウィンになるポイントなのだと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

一人マンションで誕生日祝い

66歳の誕生日は北九州の1日でした。

学生リーダーに勧められて半年前からラインを始めましたが、その登録の折、生年月日も登録したのでしょうか。昨日は学生リーダー他、大勢の方からラインやフェイスブックで誕生日祝いのメッセージをいただきました。
北九州市立大学で北九州の学生リーダーの皆さんとのミーティングを行った際にも、皆さんから「団長、お誕生日おめでとうございます」とお祝いの言葉を言われてありがたいやらびっくりするやら。 こんな何気ない挨拶が人間関係をスムーズにするのですね。

学生リーダーとのミーティングの後、競馬場前〜(モノレール)〜小倉〜(JR)〜黒崎へ。黒崎からバスで三井ハイテックさんへ。 同社の人事教育部長ほか3名の方々にOUEN塾の説明と協賛の依頼を終えて、黒崎からJR快速で博多まで。
博多駅で駅弁とお茶に、ビールとつまみを買って、天神のマンションでささやかな誕生日祝いです。

こんな一人で祝う誕生日もまたいいものです。
44歳に銀行を退職し、七転八倒、紆余曲折を経て今日に至りましたが、その20年強の年月で私の価値観は180度変わりました。若い時に憧れていたことにさほど価値があるとは思わなくなりました。世間的には価値を認めていることでも、それはそれで私も認めても、それが私が目指す価値あるものとは考えなくなったということです。

「幸せは自分の心が決めるもの」と言われますが、自分の価値観が確立できていれば、そしてその価値あるものを目指して前向きに生きていけば、それが幸せなのだと思います。

そんなことで、66歳の誕生日は、今の私の価値観にはピッタリの記念日でした。

今日は出張の最後の日です。福岡女子大学での打ち合わせと学生リーダーとのミーティング、夕方は福岡県国際局訪問打ち合わせです。 羽田行き最終便で東京の帰路に着きます。今週も充実した1週間になったようです。

小林 博重

iPhoneから送信