10月の福岡・北九州出張の締め

  • LINEで送る

疾風怒濤の福岡・北九州出張は何とか事なきを得て、無事本日中に東京に帰ることができそうです。

小倉での北九州リーダーとのMTGはリーダー11名中9名が参加して、3グループのしわけとそれぞの担当企業を割り振ることができました。
また、10〜11月のいくつかのミッションも伝えることができました。これも福岡から福原さんと木村さんの2人の優秀なリーダーがMTGを仕切ってくださった賜物です。リーダーの成長には素晴らしいものがあります。 北九州のリーダーも皆さん、手を挙げて参加しただけあって意識は高く成長が大いに楽しみです。

私は職業を間違えたのかと思うことがありますが、私のような大会社で長年勤務し、中小企業の経験もあり、フリーランサーとして独立独歩の人生とNPO活動をしている、様々な価値観の変遷を経た人間の方が、彼ら学生さんとのコミュニケーションはスムーズにいくのではないかと勝手に思っています。

台風25号は朝鮮半島を掠め、17時には日本海を北西に向かって進んでいる様子。台風一過。毎週のお騒がせはこれで最後にしてほしいものです。

北九州の学生リーダーとは、今回で顔と名前がようやく一致しました。MTGを終え、遅めのランチをゆっくりとしながら雑談に花を咲かせると、結構彼らの本音が出てきます。
北九州大学は1学年が1000名程度のこじんまりした大学です。前身は外国語大学であったこともあり皆さん語学に堪能で真面目。優秀な大学だけあって学生の約半数が福岡県外からの入学者だとか。 「どうして団長はOUEN Japanを立ち上げたのか」
「月に2週間がOUEN塾での地方出張のボランティアで、何で稼いでいらっさゃるのか」等々、彼らにとってはこんなことが不思議なことのようです。

私はOUENリーダーには、いろいろな社会人の方々にお会いして、また仲間たちのためにOUEN塾ボランティアをして、それぞれの人生観を確立してほしい、それぞれの生き方や働き方の哲学を確立してほしいと思います。 あと35年現役を続けることができれば、彼らは50歳代の脂の乗り切った年代になります。それまでは私は元気に頑張って現役を続けていたいと思います。 それを糧にしてあと35年の現役人生を送っていきたいと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。