北九州の企業廻り

  • LINEで送る

今日は一日、北九州市の企業訪問です。台風25号が沖縄から北九州に向かっているため、玄界灘に面した北九州地区は曇天の空模様。これから雨も降ってくるのだと思います。訪問先は、北九州市と九州北部信用金庫協会からご紹介をいただきました。

北九州市は昭和38年に北九州地区の5つの市が合併してできた政令指定都市です。5つの市は隣同士とはいえ、その歴史や文化は個性的で、合併して半世紀は経っても、一体化は程遠いような気がします。

OUEN塾を通じて北九州市を応援するに当たり、それなりの知見を持っている必要があると思っており、北九州市のみならず地場企業の経営者の方々とのざっくばらんな意見交換をしていきたいと考えています。今日は複数の企業の役員の方々とじっくりとお話しすることができました。

博多と小倉は、新幹線と在来線特急、快速、区間快速、普通電車と高速バスがあります。時間は17分〜1時間50分。商業の福岡に対し工業の北九州。ソフトとハード。福岡県の二大都市は様々な面で近くて遠い街のような気がします。

福岡市での企業訪問は、地下鉄とバスとウォーキングで実に効率がいいのですが、北九州市は頻繁に運行していないJR鹿児島本線が足になります。駅から遠い企業も少なからずあり、タクシーのお世話になることも度々。特に、今日の北九州地区訪問はドッと疲れました。

16時半。これから小倉から快速に乗って博多まで約1時間。博多駅で駅弁でも買って、飲み屋には繰り出すことはやめにして、マンションでゆったりと休み、明日の福岡リーダーとのMTGの英気を養うこととします。

小林 博重

iPhoneから送信

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。