先週の金沢出張の整理とメール、来週の福岡・北九州出張の準備とメール等、この土日は事務所に詰めっきりの2日間です。ついでに、諸々の書類整理をしました。

Mapのビジネスサポートは、月に1回は案件の見直しや取引先の整理をしないと何をやっているか分からなくなります。仕事の軽重や急ぎかそうでないか、定期的にチェックすることが不可欠です。 案件は錯綜していることもあります。人と人のことですから、相手の性格や気質に通じていないととんでもないことにもなってしまいます。 OUENについても、福岡・北九州と金沢を並行して進めています。
大学や地方自治体や地方経済団体・個別企業と、多岐に亙る交渉の連続なので、手は抜けません。

65歳になって、MapもOUENもこれからが本番ですから呆けている暇など全くと言っていいほどありません。同期の友人たちなどは、これからが悠々自適な人生になると言いますが、趣味や一端のボランティアでは私は認知症になってしまう心配がありますから、ちょうどこのような、ビジネスとボランティアの一体不可分なスキームの仕事があって幸せなのだと思っています。

今日は2週間ぶりのプチ断食の日です。水分だけは摂ってもいいので、専ら水を飲んでいます。これから、野菜ジュースとポタージュかスープを買って飲もうと思います。

それにしても、生物の体内器官は全て年中無休。人生100年時代ですから、人間の心臓は年中無休。100年間働き通し。たまには胃袋くらい休ませてやってもバチは当たりません。

今日の東京は最高気温が37度だとか。NHKの朝の日曜討論も今年の異常気象について、たまたまの偶然ではなく、これから毎年続く地球温暖化ということで、人類としての対応の観点から討論がなされていましたが、そんな時代になってしまったのです。 人類がこの地球を滅ぼしていいものなのか、そんな傲慢な人類では先が思いやられます。
アメリカや中国や世界のさまざまな国において、「◯◯ファースト」と言うフレーズが飛び交っています。
国レベルだけではなく、私たち個人のレベルでも、「自分だけ良ければいい」という利己主義、自己中心主義が当たり前になってきている傾向があります。

OUEN塾は、その人類の成長とは逆行している「◯◯ファースト」から、「利他の心」「相手を思いやる恕の心」を持つ若者が増えるようなイベントです。

ガンジーの箴言
明日死ぬと思って生きなさい。
永遠に生きると思って学びなさい。

あいだみつを
一生青春 一生燃焼

そんな一生を送りたいものです。

小林 博重

iPhoneから送信