2018年 6月 30日の投稿一覧

大器晩成を目指す。

昨日は統計を取り始めて最速の梅雨明けだそうです。6月の梅雨明けは聞いたことがありません。これから本格的な夏です。7〜9月と酷暑の毎日が続くと思うとちょっと鬱陶しいですが、元気に乗り越えなければなりません。

今日は2週間ぶりのプチ断食、そして定例の2時間のウォーキングの日です。ウォーキングは夏になるとどうしても続けられなくて、涼しくなる秋に再開というパターンが続いていましたが、今年からは有言実行。プチ断食とウォーキングは季節を問わず継続していきたいと思います。

稲盛和夫さんの箴言集から

日めくりの30日は「昨日より一歩だけ前に出る」です。
毎日一歩だけでいいんですね。それがなかなかできないのです。

一日のうち、最低限、一歩だけは前に出る。今日は昨日より一センチだけでも前に進む。また、前に進むだけでなく、今日の反省を踏まえ、明日は「一つの改良」「一つの工夫」をその一歩に必ず付加していく。そして、この一日ずつの目標達成と創意工夫を、雨が降ろうが、槍が降ろうが、何があっても、必ず毎日積み重ねていくことに全力を注ぐ。
まず一カ月続け、次に一年続けてみる。さらには五年、十年と続けてみる。そうすれば、当初想像もしなかったような地点まで進んでいくことができる。今日一日を「生きる単位」として、その一日一日を精一杯生き、懸命に働くこと。 そのような地道な足取りこそが、人生の王道に相応しい歩み方なのだ。

もう私は65歳になったのですから、私が目指す生き方は「大器晩成型」しかありません。
還暦を過ぎたら殆どの人たちは悠々自適の生活に突入するのでしょうが、これからが本番の私は100歳までの35年が勝負なのです。

〜終わり良ければすべて良し〜
最高の終末を目指して、一歩一歩地道に働いていきたいと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

生きるとは何か?

ワールドカップサッカー予選の日本対ポーランド戦は、私たちに「人生の生き方」「勝つ意味」すなわち「人間とはどうあるべきか」という哲学的難題を投げかけた試合でした。
難破して1枚の板が浮かんでいる。それに掴まれば助かるかもしれないが一人だけ。自分と親友の2人が漂っている。さてどうするか。その一人が親友でなく、配偶者だったら、親だったら、息子や娘だったら。
人生を真っ直ぐに生きることはそんなに単純なことではないと思います。特に切羽詰まった場面に立ち会ったら、即座に反応しなければならない場面に遭遇したら、その時がその人の真の人間性が現れる時です。

軽々に西野ジャパンが取った対応を批判したり逆に賛同したりすることはできません。
人生を深く考えれば考えるほど、この難題の解答は難しい。私は生涯をかけても答えられません。

『カモメのジョナサン』に「大変だったが、しかし、素晴らしかったといえる人生を送りたい」という台詞があります。
人生を生きるとは並大抵のことではありません。その人生の棺を覆う時に、「私の人生は素晴らしかった」といってあの世に旅立つ人生でありたいと思います。 そのためには、悩みながらも人生を真摯に生きること。自分に嘘をつかず生きること。世のため人のために尽くす思いで、日々を生きることです。

昨日は、たった一人の男の孫の孝樹の5歳の誕生日でした。また、私の育ての親であった祖母が95歳で旅立った日でもありました。 人は想いを持って人生を生きていきます。精一杯の人生を生きたとしてももうこれでいいと思い去ることはないでしょう。人は未完の人生を送るのです。 人それぞれの夢を繋ぐバトンを渡す人がいることがただ一つの救いです。
私の子どもたちや孫たちに、「生きるとは何か」というバトンを引き継いでほしいものだと思うものです。

小林 博重

iPhoneから送信