2018年 6月 28日の投稿一覧

みのりちゃんが素晴らしい人生を送ることを祈る。

6月19日に生まれた孫娘の名前は「みのり」になりました。
両親の名前から名付けたそうです。「み」は母から、「のり」は父からです。
これから「みのりちゃん」の長い人生がスタートします。健やかに育ってくれることを心から願います。

人生は長く、人生は短い。
それは長く生きることでもあるし、充実した人生を送ることでもあります。

人はその人だけに与えられた使命(ミッション)があります。そのミッションを達成するべく、人は心を磨き人格を高めるのです。
一人ができることは限りがあるので、できるだけ多くの人たちの力を借りてミッションを達成するのです。そのために人格を磨く必要があるのです。そうしないと人はついてきてくれません。

純白の絹のハンカチは濁世に染まることなく、強靭な生きる哲学を持って、より一層、その純白を光り輝かせてほしいものです。

みのりちゃんが素晴らしい人生を送ることを心から祈っています。

小林 博重

iPhoneから送信

至適血圧を目指す。

6.28 18:30 最高血圧116、最低血圧55

至適血圧と正常血圧の違い
正常血圧とは、現在は血圧に関する問題はなくても年齢が高くなるにつれて血圧が高くなり病気を発症してしまう恐れがあることを指す。 至適血圧とは、正常血圧よりもさらに理想的な値のこと。脳血管疾患や心臓病などの病気のリスクが減り、年齢が高くなっても血圧が問題で起こる病気にかかりにくくなる。

60代の男性の場合、正常血圧は142/84で正常値の割合は約2割程度だとか。最近の私は、お医者さんに降圧剤を飲むように言われていて、最高血圧は120弱、最低血圧は60弱なので、正常血圧よりも至適血圧の範疇に入っています。降圧剤の見直しが必要なようです。

血圧は食事や生活習慣が深く関係しています。
野菜や果物、和食を中心とした食事や塩分を控えることが大切だとか。
睡眠不足や過労、ストレスなどの不規則な生活は高血圧のもと。早寝早起き、規則正しい生活を心掛けることが大事。
ウォーキングの有酸素運動などの適度の運動も血圧を整えるのに効果的だと。
加えて、適切な体重を維持すること。
BMI(体重÷身長m2が25未満を目指すようにせよとか。私の場合は、目指す体重は66kgで、あと3〜4kgダイエットしなければならなりません。 タバコやアルコールなども血圧を上げる原因だとか。タバコは吸わないですがお酒は多少嗜むので、自宅での禁酒は徹底したほうが良いようです。

あと35年の現役生活があり、余生を加えると55年の後半生を元氣に過ごすためにも、健康には真正面から向き合って生活したいと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

難が有ることはありがたいこと。

6.28 6:30 122-59

♫サラリーマンは気楽な稼業と来たもんだ♫
植木等の「ドント節」です。昭和30年代後半に流行りました。私が小学校高学年の頃だったと思います。
そんないい加減な勤め人でもそれなりに給料は貰えて気楽に一生を送ることができた高度成長時代は当に気楽な時代だったのかもしれません。

昨今は「働き方改革」が姦しく叫ばれていて人権意識が高まっている「いい時代」になったのだと思いますが、私に言わせれば、ある意味で、甘ちゃんや主体性がない人間が産まれる時代になったと思うときもあります。

パワハラは組織の全ての層であります。組織のNo. 1はパワハラされることはないでしょうが、その一人を除いた全ての人はパワハラの被害者になる可能性があります。 また、パワハラの加害者は、人の心を分からない、分かろうとしない、自己中の、心貧しい人です。全ての人が加害者になる可能性があります。

そんなことを考えると、組織の中で生きるサラリーマンは決して「気楽な稼業」ではないな、と私は思います。
そんなサラリーマンを50歳で卒業し、私の「一生(いっせい)」は終わりました。15年前のことです。今から考えてみると、「よく30年近く、サラリーマンをやっていたな。気楽な稼業と思っていたのに、気楽ではなかったな」と思います。 今の時代、働いている人は圧倒的多数がサラリーマン(給料取り)です。皆さん、辛い思いをして生きているのでしょう。

私の二毛作の二生は、独立独歩、一匹狼。サラリーマンと違う苦労はありますが、ある意味で「気楽な稼業」なんだと思っています。
働けば働いた程度に応じて、その見返りがあります。金銭ということではなく、心が豊かになるという見返りです。勿論、金銭がなければやらなければならないことはできないのですから、そのための金銭の見返りは必須ですが。

今朝のNHKラジオで、元気で長生きするかそうでないかは、「心の持ちよう」なのだというデータが出ているのだとか。
明るく前向き、有難いと感謝すること。
有難いとは難儀なことがあるということ。それはありがたいことなんだと。難をありがたがる前向きな発想が元気で長生きできるコツなんだとか。

ストレスをストレスと思わないで、ありがたいと思うことです。

昨日のある経営者との会話を通じて、そんなことを思いました。

小林 博重

iPhoneから送信