2018年 5月 19日の投稿一覧

第2回【OUEN塾in福岡】キックオフミーティング

第2回【OUEN塾in福岡】キックオフミーティングをアクロス福岡の「こくさいひろば」会議室にて開催しました。福岡学生リーダー6名、東京学生リーダー2名、OUEN Japan専務理事の大石さんと私の計10名です。
1年前の5月に第1回OUEN塾のキックオフミーティングを開催しましたがその時は福岡学生リーダーは22名でした。初めてのOUEN塾であったこともあり、リーダーと言っても五里霧中からのスタートであったこと、22名では「船頭多くして船山に登る」の諺の通り、リーダーが多すぎたことを考えると、当に少数精鋭でのスタートになったと思います。 4年2人、3年2人、2年4人とバランスもいいと思います。

まず、協賛企業へのセールスですが、第1回の協賛先プラス新規先を合わせて30社を目処にする。福岡市20社、北九州市8社、それ以外2社でしょうか。 福岡学生リーダーは新たな学生リーダーを後6名集めて12名にする。
9月末までの3ヶ月間に目処をつけて、11月には学生リーダーと企業の担当者とのブレストを行う。
来年1月までに各企業と学生リーダーとの個別打ち合わせを行う。

7月8日に第2回ミーティングをアクロス福岡7階にて開催することとしました。

だんだん学生リーダーは逞しくなってきました。私も北陸(金沢・富山)もありますが、いずれも中途半端にならないように、気合いを入れて頑張りたいと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

福岡春吉の『味処 福喜』での会食

昨日は小倉から博多に入り、浦建築研究所浦社長と鈴野専務と合流しOUEN塾の協賛企業を訪問しました。Mapのマッチングビジネスです。 夜の会食は福岡女子大梶山理事長にお連れいただいた春吉にある『味処 福喜』に行きました。
福喜は安武修二さんご夫婦がお二人で経営されているこじんまりした小料理屋で、1階はカウンターを入れて10名が限界です。玄界灘で捕れた旬の魚介類を堪能しました。

福岡でも金沢でも、毎月の出張で行きつけのお店ができて、それも美味しい地場の魚介類を堪能できる店であったら、出張は楽しいものになります。加えて、顔馴染みのお店ができるとその楽しみは倍増するものです。 そして、その街を好きになり、OUEN塾の地域活性化活動にますます力が入ってきます。
人を好きになることも地域を好きになることも、何事も好きになることが大切です。
一所懸命になるし、長続きすることにもなります。「好きこそ物の上手なれ」という諺もあります。

今日は第2回【OUEN塾in福岡】のキックオフミーティングです。
福岡と東京の学生リーダーが3ヶ月振りに顔を合わせます。
第2回は北九州市まで拡がり、運営方法の創意工夫が必要です。第1回の金沢と富山のOUEN塾もあります。
3時間のミーティングは活性化することになるでしょう。

小林 博重

iPhoneから送信