2018年 5月 13日の投稿一覧

奥日光⑵

日光温泉寺の野猿

湯ノ湖畔の樹林

雪が残る湯ノ湖畔

奥日光⑴

華厳の滝

中禅寺湖と男体山

iPhoneから送信

日光東照宮

見ざる、言わざる、聞かざる

陽明門

眠り猫

iPhoneから送信

平成の長老、石原信雄さんから学ぶ。

朝日新聞5.13朝刊の「日曜に想う」に『平成の長老、平衡感覚』と題して、平成を回顧する企画の取材で、官界の長老である元官房副長官の石原信雄さんから聞いた話が載っていました。

石原信雄さん(91)は群馬県太田市のご出身で、旧制太田中〜旧制二高(現東北大教養学部)〜東大法〜自治省〜自治事務次官を経て、竹下登首相から村山富市首相までの7内閣の官房副長官を務められました。

私は東大同窓会連合会の関係から石原先生に大変可愛がっていただいており、彼の外連味のない素晴らしい人格に心底傾倒しているものです。

朝日の取材記者のコメントにもあるように、石原先生は昨今の政官界の不祥事を評して、究極はバランス感覚の欠如と仰っています。 政官はそれぞれ使命と役割があり、それを真摯に自覚して事に処することが不可欠だということです。すなわち、バランス感覚と謙虚さを併せ持つことです。

人はともすれば、権力を握ると謙虚さを忘れ、事の本質を見失うものです。また、自らの保身のために自らに課せられた使命と役割を見失うものです。人間の心は弱いものであり、謙虚さと切磋琢磨に絶えず心しなければならないのです。

平成の長老、石原信雄さんの平衡感覚に学びたいと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

5年ぶりの家族旅行

この土日は妻と長男夫婦との4人で日光・中禅寺湖の一泊旅行です。このメンバーとの旅行は初めてであり、私個人にとっても家族旅行は長男夫婦の結婚式以来ですから5年ぶりでしょうか。妻も義母の介護漬けで同様であり、たまたまショートスティだったため家族旅行が実現しました。仕事漬けの私と介護漬けの妻という典型的な日本の熟年夫婦の現状です。

今日は朝5時過ぎに外苑前の自宅を出て、銀座線〜半蔵門線〜東武線を経て3時間掛けて東武日光駅に到着しました。駅前のガソリンスタンドでレンタカーを調して朝食の後、日光東照宮を参拝しました。
日光東照宮は中学3年生の修学旅行以来約半世紀ぶりです。平成の大修復は完成されており、GWを外したとはいえ土日の連休のため多くの観光客です。日本人は勿論のこと、世界遺産であることもあり、洋の東西を問わず外国人も数多く観光を楽しんでいました。
昼食は中禅寺湖畔の蕎麦屋で摂り、華厳の滝はエレベーターで降りて満喫。湯元温泉の紫雲荘という小さな和風旅館でゆったりと温泉に浸かり日々の疲れを癒しました。泉質は硫黄であり、その濃密さに、いつもは烏の行水の私ですが今回は珍しく長湯をしました。 夕食は日光名物の湯葉を中心とする和風料理を堪能し、8時過ぎには睡魔が襲ってきて就寝に至る。
久しぶりの仕事を忘れた充実した1日でした。たまにはこのような息抜きもいいものです。

私の趣味は仕事であり、日々充実した毎日を過ごしていますが、家族と共に過ごす日を持つことによって、さらに充実したこれからの人生を考えることができるような気がしました。 何事もバランスが大切です。妻をはじめとする家族のことも、仕事と同様に考えることをしなければならないのです。

小林 博重

iPhoneから送信