西部技研 隈社長の基調講演を聴いて

  • LINEで送る

【OUEN塾in福岡】の開会に当たり、西部技研の隈社長に基調講演をお願いしました。2代目のオーナー社長として、先代のカリスマ性と企業飛躍のため不可欠な集団の結束とのバランスを取っての経営手腕が垣間見られて、学生のみならず私自身のこれからの生き方、ビジネスの考え方にも大いに参考になる講演でした。

1.オーナーの時代(0から1を生み出し10へ)
(1)カリスマ性
(2)同質性の追求
(3)モノ・カルチャー
2.2代目の時代(10を100へ)
(1)個々の成長と組織力
(2)異質性の許容
(3)マルチ・カルチャー

グローバル人財を目指すために意識すべきこと
1.外向き志向
(1)好奇心旺盛
(2)チャレンジ精神
(3)世界を意識
2.チームワーク重視
(1)友人を大切にする
(2)人のために献身的になる
(3)仲間の成功を自分のことのように喜べる
(4)人の話をちゃんと聞ける
3.ビジョンを持つ
(1)近い将来の目標がある
(2)遠い未来の夢もある
(3)それを達成したことを考えるとワクワクする

ダイバーシティの推進
(1)女性
(2)海外人財
(3)パート
(4)ベテラン
(5)障害者
(6)LGBT

私のような一匹狼であっても、事を成すことを目指せば緩やかな組織を組成し、そのリーダーとなることが不可欠です。
私の場合は、上記の考え方を渾然一体としてビジネスやボランティアに活かしていくことです。

OUEN塾は学生だけのためのイベントではなく、それを企画したOUEN Japan スタッフ全てのためのイベントでもあるのです。

小林 博重

iPhoneから送信

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。